2021年5月ブログ

2021年5月30日 当分、グズる予定であり下手をしたらグズになる

投稿日:

いや~、最近はグズネタばかりでも申し訳ない。

それくらいしか話題がないわけではないのだが、なにせグズ関連の本を2冊書こうと思っているし、今月はグズのオッサンLineスタンプも作成して販売開始したくらいで、しかもグズのオッサンと何回も仕事で同行して、すっかりグズに浸りきった日々を送っているから、一瞬でも気を抜くと私もグズに逆戻りしかねないのである。

人斬り抜刀斎みたいなもので、昔のようなグズに立ち戻るわけにはいかないでござる!と言いながらも、十分グズで生ぬるい毎日を送っているわけなのだが、以前は今以上に酷いグズな生活をしていた。

クズじゃないだけマシではあるが、現状で昔と同じ生活をしてみろと言われたら、あまりの自分のグズさに吐き気がするだろう(今とそんなに変わらないが)。

そんなグズを払拭するかのように、休日でも朝5時に起きて部屋全体の掃除をこなす。

先週も絶好調だったレイコップが今週も絶好調で、たった一週間しか経っていないのに布団やらカーペットから大量のホコリを吸い出してくれる。

毎週同じ事を書いていて申し訳ないが、集めきった大量のホコリを見ると、このホコリの中で生活していると思うと非常に恐ろしいものがあると思ってしまう。

そして運動のために、床全体を手で雑巾がけをする。

非常に非効率的で時間がかかる方法だが、運動するにはうってつけである。

一通り、部屋というか家の中の全体の掃除を終え、朝食を作って朝9時前には洗濯も掃除も終えた落ち着いた環境でテレビを見ながら朝食をとる。

精神的余裕があって、非常によろしい。

仮に昼過ぎから掃除をするとなると、面倒くさくなるし怠いし、テキパキ行動できるかは怪しいものである。

テレビを見ながら、サボサボとスマホのファイナルファンタジーのゲームをプレイ。

以前よりもゲームする感覚や時間は短くなったとはいえ、完全にやらないというわけにもいかず、少しはプレイしてしまう。

すぐに3D酔いして長時間プレイできないにも関わらず、バイオハザード8も気になるが、これは少し前に書いた通り1年くらいは買わない予定。

相変わらず非課金プレイヤーを貫き通し、クリアしていないイベントをクリアしながら少しだけゲームを楽しんだ。

Kindleストアを散策してみると、すっかり記憶から遠のいていたHAM WORLDの7月号の表紙を目にした。

そういえば5月号も見ていないなと思い、調べてみるとFT8の最新情報特集っぽいじゃありませんか。

FT991Aという、私にとっては扱い切れない特上品の無線機をもっていながら、全く使っていないという贅沢をしており、そもそもFT8をやろうと思って購入したことを思い出した。

と、いうよりFT991Aを持っていることすら忘れていたという(笑)。

アンテナはとりあえずで着けた144/433帯の小さいアンテナで、いくらマンションの10階に住んでいるとはいえ、非力なアンテナでは電波は飛ばず、拾う電波も空いての出力の大きさで異なり、こちらの出力が届くことはないだろう。

ローカル局くらいなら届くだろうけど、そんな範囲。

しかしひとつだけ問題があり、2021年の5月号と7月号はKindle読み放題サービスの対象になっていないのである。

それ以前の号は、読み放題サービスで読むことができたからよかったのだが、どうしてピンポイントで欲しい号が有料なのだろうか。

もちろん、欲しい情報であり読んでみたいが、もう少し待てば無料で読めるようになるのでは?という、1000円をケチる思考(笑)。

いつ読み放題の適用になるかはわからないが、仮に今日1000円で購入して明日、読み放題の適用になっていたら、やや精神的ダメージを受けるが、そういう問題じゃねぇんだよという気持ちが無くもない。

FT8の最新情報があるという情報がわかっただけでもありがたいと思い、今日は購入しないことにした。

店の環境だけは整っていて、必要な周波数のアンテナを購入する時には、富士無線とロケットが近くにあるから、いつでも買いに行けるという安心感はある。

なので、HAM WORLDの5月号を読むことができれば、おすすめのアンテナをすぐさま購入しに行こうとは思っている。

無線機につられたわけではないが、すっかり放置していたBMXの制作も再開しようと思い、WiggleでBMXホイールとハンドルを注文した。

現在の進行状況は、フレームにフォークとステムを装着した時点で止まっている。

ディアゴスなんとかみたいに、バラパーツがチビチビと自宅に届き、届いたパーツを取り付けていけば、BMXが完成する仕組みなのだが、ひとつ大きな問題が残っていて、前後共にブレーキ台座がついていないのである。

ダボ穴も無いから、もしやるならブレーキ台座を自分で作って取り付けるか、もしくはキャリパーブレーキを水抜き穴に取り付けて強引につけるかである。

かなり長いボルトが必要になり、大きめのホームセンターへ探しに行く必要があり、ネットでも注文できそうなのだが、歩いて1分以内にコーナンがあるから、そこで探して購入した方が早いであろう。

ホイールを購入したが本当にホイールだけの購入であり、インナーチューブとタイヤは、また後日チャリ屋で購入する必要がある。

パーツを探したり、タイヤを自分で好きなものを探して取り付ける楽しみがあり、時間はかかるが、楽しい時間を過ごすことができるからよしとしようか。

BMXの20インチでブロックタイヤってあるのかな?。

チビマウンテンバイク的な使い方も面白そうである。

外界はコロナが市中感染しているということで、昼過ぎからはグズのオッサンの本の執筆を開始。

必要な40個の迷言集を書き終え、ひとつずつの解説文を数個執筆することができ、全体の進捗を書くのであれば10%くらい。

私の感覚では1日もあれば終わるかな?と思っていたのだが、思っていた以上に時間がかかりそうで、しかも書いていると何だか私自信がグズになったような気がして、長時間集中して文章を書くことができなかった。

途中で飽きてしまうのだ(笑)。

まぁ、このシリーズは何度も書いているし、いくら内容は違っていても飽きるよなと思いながらもがんばって執筆するしかない。

夕方から、夏を思わせるような激しい夕立が起きたが、部屋の中に閉じこもっていたから全く影響はなかったが、ロードバイクのホイールがCULT仕様であるため雨で濡らすわけにはいかないので、鉄下駄ホイールに履き替える事を決意した出来事であった。

-2021年5月ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.