ブログ 自転車

2021年4月28日 BMXのフレームを入手した(自転車ブログ)

投稿日:

ここ最近、自転車屋に行っていなかったのだが、暖かくなり頻繁にロードバイクに乗る回数も増えてきたという事でパンク対策用のインナーチューブの予備を購入しに上野のワイズロードに行ってみたら、BMXのフレームが1万円で売っているではないか。

どうやらホームページには以前から掲載していたみたいだが、ホームページを見ていないのと、最後に訪れたのは去年の8月だったと記憶しており、当時は確か1階と2階の階段の途中に、BMXの完成車が2台売っていたと記憶しており、フレームバラ売りは無かった気がした。

新品でBBが圧入されていて、ブレーキ台座がリアについていないも、取り付けはどうにでもできるから問題はない。購入する時には細かなスペックはわからなかったが、私が購入したのは、どうやら以下の通りのスペックのようである。

FAR EAST CYCLE TURBO FRAME

トップチューブは18.8、チェーンステーは12.65で、クランクは19mm対応だそうだ。フラットランド用らしいが、そんなテクニックを磨くつもりは一切なく、軽い段差を軽くジャンプできるくらいでよろしい。どちらかというとストリートのような扱いを想定している。レース仕様も想定していない。

近所の買い物に使う程度で、どんなに遠距離でも12km先の会社に通勤で使ってみる感じだが、きっと通勤で使うのは1回のみになる可能性が高い。今までにBMXを所持していたことが無く、手元に余っているパーツは皆無である。ネットでチビチビと情報収集しながら、のんびり組み立てる予定であり、梅雨明けの夏かもしくは秋くらいに乗れればいいかなといった具合。

高くて拘りのあるパーツで組むか、とにかく安く組むかは決まっておらず、自分で組んだ自転車に乗ってみたいという衝動だけで組み立てる様子。一回組み上げて心身共に余裕が出てきたら、気になるパーツを交換していく順当なステップを踏んでみたいと思う。また進展してブログを書く気になったら続きを書くが、デアゴスティーニ状態になることは間違いないから、気長に読んでもらえたらと思う。

買っておいてなんだが、私の身体ではトップチューブ20.5インチが適しているような気がするが、多少小さくても乗り回すことはできるだろう。スピードメーターはアナログのオモチャみたいな有線タイプのものを取り付けたいが、きっと取付関係も色々と問題が出てきそうだが、手間と時間をかけて組み上げた方が楽しいに決まっているから、いいおもちゃを手に入れた気分。

-ブログ, 自転車

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.