2021年6月ブログ ブログ

2021年6月6日 久しぶりにTシャツ購入した

投稿日:

今日は少しおかしく、いやいつもおかしいんだけど、いつも以上におかしくて、毎週行っている部屋全体の掃除をしなかった。昨日のマウンテンバイクのミドルライドで体力を使い切ってしまったのだろうか?確かに太ももはやや重い感じがするが筋肉痛になっているわけでもなく、スマホゲームをやるくらいだから元気はあるようだ。でも、不思議と気分が乗らない。だから、今日は掃除をお休みしたが、今日できていない掃除は、どこかで取り戻そうかと思う。それに、今日一日、どうもイライラしやすい感じ。ちょっとした事にムカっとしてしまう。これは更年期というものなのだろうか?それとも、過度なストレスが私にかかっているのだろうか?

でも、思った通りにヤビツ峠でヒルクライムはできているし、昨日もマウンテンバイクとはいえ十分な距離を走ることができ、それなりに満足はしているはずである。自宅はマンションの10階にあるのだが、階段を使って登っているから運動不足によるイライラではない様子。特にペースを乱されているということもないし、やりたい事ができていないという状況でもない。朝までは。

今日は、先日にぶっ壊れてしまった安物のチェーンカッターを捨て、新しいまともなチェーンカッターを購入して、ついでに1年くらい服を買ってないから、いいTシャツがあれば購入しようと思い、午後から上野に行くことにした。勘のいい人は気付いているとは思うが、ファッションにまるでとまではいかないが、あまり興味がなくて服は1,2年に1回買うか買わないかというレベル。着る服が無くなってきて、困ったから買いに行くといった感じ。

使い方を間違えているのは自覚しているが、敢えて書くなら「カメラなんてスマホに付いてるし、1台あればいいじゃない」というよく聞くセリフが私の場合、服に当てはまるのかもしれない。とはいえ一張羅という訳ではなく、最低限のボロ手前の服は数着もっているが、風前の灯火。普通の人なら、もう着ないというレベルのボロ具合の服を着ており、年頃の女の人であれば間違いなく、「最低、不潔、この世の底辺中の底辺、ゴミ」とか言われてしまうレベルなのは自覚している。

しかも、着る服はミリタリー関連モノが多く、ボトムをジーパンにしておかないと上下で戦闘服みたいになってしまい、間違いなく職質の的になるだろう。という服を着ていることが多い。平気でAOR1の迷彩服の上着を着て出歩いたりミリタリーサイドバッグやミリタリーポーチなんかを身に着けているのだが、拭くの組み合わせを考えるのが非常に苦手であり、センスが無いからミリタリーファッションが無難なチョイスになるのだが、間違いなく女の人は一緒に歩きたいと思わないだろう。帽子もミリタリーキャップしかもっていない。お気に入りのキャップはクリス・カイルのキャップで気付いてくれる人は数少ない。クリスカイルのパニッシャーTシャツも持っているが、これも気付いてくれる人は少ないが、自己満足で着ているからどうでもいい。ビクトリノックスのマルチツールもスーツの時には腰に装備をしていて、大変助かっているが私服の時には装備をしない事にしている。不思議と職質の対象になるのと、今までに明確な使用目的を説明できているから没収されたことはないが、必ずナイフの長さを計られ「銃刀法違反だよ」と言われるが、ビクトリノックスの箱の中に入っていた紙には「銃刀法違反にならない」と書いてあり、警察の市民に対しての圧を感じざるを得ない場面が多くある。でも、ちゃんと説明すれば戻ってくるところは、まだ良心的であろうか。そんなわけで、とても使いやすく、なぜ他の人は持ち歩かないのだろうか?と疑問に思うくらい役立つツールは自宅に置いておき、車でお出かけ。

人の事は言えないが、緊急事態宣言中にも関わらず、上野には人が多く、少し回り込んで人混みが少ない道から中田商店に行き、久しぶりに店内を物色。運がいいことに、売れ残りの在庫処分Tシャツが数多くあり、1枚1200円で売られているAVREXのシャツや輸入品のシャツを3枚購入した。3枚で3600円という破格の買い物。でも普通の人なら1枚5000円くらいのTシャツを買うんだろうなぁ。私はあまり興味がないから生地とかは拘らない。が、今のご時世、こんなTシャツ着てる人いるのか?というような、ちょっと派手な絵が描かれたTシャツも部屋着用に購入しておいた。アメリカ製でLサイズのゆったり着れるTシャツである。それ以外にも欲しいアイテムはあったが、どうせサバゲーもあと数年は行けないだろうし、余計なモノは買わないことにした。タクティカルシャツがあれば購入しておこうと思ったが、売っていなかった。タクティカルシャツは2着もっていて結構着ているから、そろそろ新しいものを購入しようと思ったのだが、残念である。ちなみにタクティカルシャツに、カーキ色のカーゴパンツを履くときっと、職質の対象になるんだろうなぁ。カーキ色のタクティカルキャップにサングラスをかけると、ほぼキングオブファイターズ95に出てくるクラークみたいになれるが、釣り用ベストも着ないとダメかな。

Tシャツと自転車屋でチェーンカッターをGETして、喫茶店でグズのオッサンもしくはリセマラしてもタモツだった件を書こうと思ったが、都内の喫茶店とファミレスは全て満席。それどころか客が複数人入口で待っているような状態。飲食店が売上なくてピンチとか本当の話しなのか疑うレベルの込み具合で、これは夕方17時になっても変わらなかった。この客は何時間、いや24時間は喫茶店もしくはファミレスに居ついているんだろうなと思った。もしかしたらファミレスの座席を予約して、数ヶ月待ちなのかもしれないとさえ思えてくるぐらいファミレスと喫茶店が人でごった返していた。ここ最近、空いている店を見るのは、回転率のいいラーメン屋が空いているのを見たことはあるが、都内のラーメン屋は常に客で席が埋まっているイメージ。もうね、並んでまで食べたくないし、人口が少なくて交通の便が悪い常に広い席が空いているマイナーな村のファミレスとか羨ましく思える感じ。先々週は運よく1席だけ空いていた喫茶店に入ることができたが、かんり運が良かったのだろう。閉店ギリギリまで超満員になっているに違いない。もう金輪際、ファミレスや喫茶店で創作活動をすることを諦めることにした。二度と入ろうと思わないし、金も使う気にならない。どんな田舎でどんなに広いファミレスだったとしても、車の中で創作活動をすることにする。これで、かなりストレスが溜まったに違いない。上野か浅草あたりに1室、プライベートルームを購入した方がいいんじゃないかと思うくらい作業できる場所がない。都内で喫茶店に入ろうと思ったら3,4日間は並ぶ覚悟が必要であろう。客も1週間はどかないだろうから。具合が悪くなって病院に運ばれるか、もしくは命尽きるまで席に座っている可能性もあるなぁと思い、その手の小説でも皮肉を練り込みまくって作ろうかと思ったくらい。マジで書くかもしれない。座ってゆっくりすることもできず、創作活動もできないのであればヨドバシ秋葉にドンケのバッグでも購入しようかと思い売り場に行くも、大きいサイズは売っているものの、欲しかったF5XBは置いてなかった。非常に残念であるが、Amazonで注文することにしておこうか。

約2万歩の散歩ができたことはいいのだが、買い物をするなら一歩も外に出ないで、全てネットで済ました方が早いし楽だし安いし、もう外に出るメリットもないし都内に住むメリットもないかと思う。訳のわからないところでストレスを溜めるのもよろしくない。

-2021年6月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.