2021年7月ブログ ブログ

2021年7月2日 梅雨を実感できた日

投稿日:

今日は、朝から雨が降り、どちらにしても午前中に世田谷で仕事の予定が入っているから車通勤。

雨が降っているせいか、最近はやや寝坊気味でいつもなら5時に起きているのに、今日は6時に目が覚めた。まさか私の生活ぶりで疲れるなんてことはないはずであり、憑かれるという事もなさそうだから、なんだろう?私が何か油断でもして寝坊しているということだろうか。いい意味で調子に乗ることはいいのだが、悪い意味で調子に乗って油断するとか今時、子供でもそんなことをするわけがなく、もっとしっかりしなければいけない。

6時に起きても遅刻はしない時間だから、大して急がなくてもいいのは助かる。なので毎朝5時に起きる必要が無いと言えばないのだが、たまに通勤している国道が事故渋滞したり、想定外の事態で遅刻してしまう可能性があるから、かなり余裕をもって自宅を出ている。そうすれば、遅刻しそうだからといって車でスピードを出したり、焦って事故ったりしないだろうし、渋滞になっても精神的余裕が持てる。国道4号線を利用しているのだが、バカみたいにスピードを出すワンボックスファミリーカーや、4号線に入るために歩道を過る時に自転車を跳ね飛ばすワンボックスファミリーカーや、方向指示器も出さないで、しかも車線変更線を越えて無理矢理割り込みしようとして事故を起こすワンボックスファミリーカーや、原チャリを抜かそうとしたが、その原チャリが予告もなく右に膨らみ原チャリを跳ね飛ばすワンボックスファミリーカーをよく目撃する。それだけ治安というか、運転マナーの悪いヤツが多いのだが、そもそもの免許制度をよく思い出してもらいたいものである。人は賢いが故に時間が経つと初心というものをなくしてしまうらしく、悪い意味で調子に乗って運転マナーが悪くなる。

そもそも免許を取得するというのは、専門機関がこの人の知識や技術であれば行動を運転しても問題ありませんよという許可証であり、方向指示器を出さないで強引に割り込むドライバーや煽り運転をするドライバー、車線変更禁止線なんて関係ないといった感じで車線変更するドライバーや、そもそも信号なんて最初っから守る気のないドライバーは、本当に「この人なら運転しても大丈夫ですよ」という許可をもらえたのかどうか疑問である。前にも書いたかもしれないが、子供連れの家族を乗せたワンボックスファミリーカーが、ファミレスから出てくるときに、歩道を横断していた自転車を跳ね飛ばしながら出てきたのを目撃した時がある。

自転車は派手に吹っ飛ばされ、ワンボックスファミリーカーを運転していた人が車から出てきて、真っ先に跳ね飛ばした人のところへ向かったのはいいことではあるが(車の傷とか先に確認する人が多そう)、子供も車に乗せていて何て説明をするのだろうか?と疑問に思ったことがある。「車はどこから飛び出してくるかわからないから自転車で車を見たら必ず止まれ」と説明するのか、「車は止まるくらいなら自転車や歩行者を余裕で跳ね飛ばすから車に近づくな」と教えるのか、「車こそが公道の王様だ!車様が一番偉いから歩行者や自転車は車様の妨げにならないように走れ!このゴミ野郎が!」と教えるのかは謎であるが、常識で考えて車道に出る時には、一時停止の看板が無くても一時停止をして左右の確認を怠らないと思うのだが、ワンボックスファミリーカーは車道が空いているとわかると、歩道を突っ切って飛び出してくるから国道4号線で歩行者や自転車を使う人は注意が必要である。

私は自転車を乗っている時も歩行している時も、車だけではなく歩行者や原チャリにも最大限の警戒をしながら歩いている。そんなことはどうでもいいとして、今一度、免許を取得するというのはどういう事かを、思い出して肝に銘じてもらいたいものである。私は、その免許を取得するという初心というか基本は忘れないように心がけており、空手の基本動作も大切にしていて、毎日、基本練習をたまにやらない時もあるが、だいたいやっている(笑)。

6時に起きて出勤するといつもよりも車が多く、動きはとろい。そのおかげか信号待ちや渋滞中に本をかなり読み進めることができ、約8割程読み終えることができた。読む本が無ければ間違いなく「リセマラしてもタモツだった件」を書き進めていたに違いない。遅刻することなく会社へ到着。会社に到着後、世田谷に出かけるまで昨日いただいた個人事業の仕事を進める。会社に戻ったら続きをやって、今日中に終わらせてメールでデータを納品しよう。

9時過ぎに世田谷へ移動。雨は降り続いており、車も多い。久しぶりに録り溜めたラジオ番組を聞きながら運転をした。ラジオ番組を聞いていると本が読めない。どちらかの情報しか入ってこないから、本に集中するかラジオに集中するかのどちらかになるのだが、一番集中しているのは運転であることは一応書いておく。世田谷での仕事は問題なく終了。駒沢大学駅というのかな?その駅の近くのお客さんで、駅付近にパン屋があり新発売と書かれたキーマカレーパンが売っていて、珍しいから今日の昼食は糖質調整されていない、普通のパンを食べた。ここぞとばかりにクリームパンも購入。パン専門店のパンは久しぶりに食べたけど、やっぱりおいしい。かなりゆっくりしてから会社へ戻り、個人事業の仕事を終えることができた。

その後に「リセマラタモツ」でも執筆しようかと思っていたが、私がよく面倒を見ているお客さんの電話対応が長引き、残念ながら執筆はできず。とはいえ業務をこなしただけだから残念も何もない。帰りも雨が降り、一時的にだが豪雨が降り、まるで洗車機に入っているような感覚。外を歩いている人は傘をさしていても、足元はビショビショになってしまうだろう。集中豪雨だったのか、数分で雨は落ち着いたが、自転車に乗っている時にゲリラ豪雨みたいなのに遭遇すると、あれはあれで気持ちがいいんだ(笑)。最初は濡れて嫌だなぁと思うけど、度を越した雨に見舞われると、むしろ気持ちよくなり、ある種の覚悟が芽生える瞬間でもあり、あの「覚悟」をするという感覚は大切にしたい。ようやく本格的に梅雨がきたという実感が湧いたが、今月いっぱいは雨が降り続くだろうから、今月は自転車に全く乗れないかもしれない。その代わり、自宅で行っている運動を油断せずに怠らないようにしなければいけない。思い返すと、今日一日たいしたことはしておらず、なんだかよくわからないうちに1日を終えてしまった。

-2021年7月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.