2021年7月ブログ ブログ

2021年7月18日 バイオハザードヴィレッジ

投稿日:

今日は日曜日で会社は休みである。朝から陽が照っていて、とても暑いがこの暑さが心地いい。朝に2度寝をする気にならない気温だから、朝5時に目が覚めて少しスマホゲームのFFをプレイしてから、部屋全体の掃除を終えた。朝から大変な作業を終えておくと心身ともに余裕ができて非常によろしい。部屋の中も家具から床までピカピカになって気分も良い。

外に遊びに行っても、コロナが市中感染しているから残念ながら外に遊びに行くわけにはいかない。とはいえ、特に行きたい場所も無いし外は暑いし、自転車でロングライドなんてしようものなら熱中症は必須である。去年は炎天下の中、マウンテンバイクで120kmくらい走ったら熱中症になりかかった。気持ちが悪くて食べ物が喉を通らず、無理に流し込むと吐きたくなって、頭ガンガンするし気持ち悪いし、スポーツドリンクを飲んでも吐き気が酷いし。救急車とかで運ばれる手前くらいだったのかな?殺虫剤を浴びせられた蚊みたいにフラフラしながら自宅まで帰った記憶が残っている。でも楽しかったと思うところが自転車バカであり、全く反省をしていない愚かな思考なのである。と、言う事で今日は引きこもり生活をすることを朝から断言。

遣りたい事といえば、リセマラしてもタモツだった件を書き進める。何かしらの映画を観ながら組立中のBMXの続きを続行する(主にパーツ磨きくらい)。先週あたりに無限武器を全解除したバイオハザードをプレイする。風呂に入って、さっぱりしたところで寝る。くらいであろうか。本来であれば「端材03」の下地を作るとか建設的な事もできなくはないのだが、全く気分がのらず。そして、考えた末に「気持ち悪くなってプレイできなくなるまでバイオハザードをやろう!」という結果になった。

もちろん、その間に朝食などの買い出しにも行ったし朝食も食べている。調子に乗ってバイオハザードをプレイし続けると、3D酔いして朝に食べたミスドのドーナツを吐く可能性も無きにしもあらず。気を付ける必要がある。なにせ極度に三半規管が弱く、FPSは15分もたないくらい。激しく視線がグリグリ動くと、たちどころにゲロる自信がある。言っている意味はわからないが、たいした自信だ。

先週は、最初のシナリオの村脱出の直前まで、攻略サイトを何度も確認しながら進めることができたが、いくら玉無限でもハンドガンとショットガンしか無く心細い。以前にも書いた気がするが、HK416あたりのフルオートで弾無限武器で遊びたいのである。ライカンが大量に出るシナリオで、弾無限にも関わらず民家に籠って、一か所しか出入り口が無い場所で、次々とひとつの入口から入ってくるライカンにショットガンをぶっぱなして倒すことくらいしかできないという情けないプレイヤーである。いくら弾が無限とはいえ、村の中を歩きながら大量のライカンを捌く自信はない。また、自分の想定外の動きをすると大きく視界が動き、3D酔いが早まる原因になる。攻略サイト通りに進行していき、ドミトレクス城まで進むことができたのだが、棘ローラーの回避方法が攻略サイトを見ても理解できず(笑)。5,6回死んで仕方なく、動画での攻略サイトを見て、ようやく理解することができた。これ、初見でわかる人いるんかいな?もし仮に発売日当日にソフトを購入して、まだ攻略サイトが追い付いていない状態で、ここまで進んだとしたら、棘ローラーが避けられずに諦めて数ヶ月放置すること間違いなし!こんなんわからんわ!

攻略サイトのおかげで、結構先に進むことができ、あ!そうそう。城に入る前にようやくお待ちかねの武器商人が出てきてくれて、ここで強力な武器を入手することができ、ここから一気にテンションあがった(笑)。フルオートにハンドガンタイプのロケットランチャー、買える武器はほとんど買い漁り、アイテム拡張もすることができ、城のなかに出てくる雑魚敵もフルオートで逃げ惑うことなくストレスフリーで進むことができるようになった。城の中の不気味さの演出は満点である。どんなに強力で弾切れを起こさないと言っても、あの雰囲気には圧倒されて敵が近くにいると変化するBGMにビビりまくれる。

前作も主人公が、かなり痛めつけられていたが、今作も前作を上回る痛めつけられかたをしていて、前作はどちらかというと精神的恐怖の演出が多い気がしたが、今作は映画のSawのような痛み演出が強い気がした。強力な武器と弾無限のおかげで落ち着いてプレイできたおかげか、視界が激しく動き回らず、珍しく気持ち悪くなることなく長時間プレイすることができた。ドミトレクスが城の中をうろつくところまで進めたが、常にその辺りをウロチョロしてやがって、まったく見つからずに次のシナリオに行くのは無理っぽい。動きが遅いとか攻略サイトに書かれていたが、私の感覚ではそんなことなく、すぐに追いついてくるし、主人公を走らせると視界が激しく動き気持ち悪くなるし、バイオRe2とか3みたいに迎撃すると少し動きが止まるということも無く(ほんの少しだけ立ち止まるけど、すぐに動き出しやがる)結局は逃げ続けないといけない局面で、今日はプレイ終了した。毎回、どのシリーズでも追跡されるけど、本当にこの追跡が大嫌いで、一番簡単なモードにしたら追跡なくなるとか無いかな?一番難易度が低いモードは、アクションが苦手で謎ときに集中したい人向けって書いてあったんだけどな。容赦なく大きな爪で引っ搔いてくるし。常にガードしながら逃げるしかないのだろうか?で、せっかく逃げ切れたと思ったら、こんどは娘みたいなのが出てきて追いかけられるし。確かに恐怖は味わえていいかもしれないが、もっと難易度を落としてくれよ。お化け屋敷みたいに近寄ってくるけど、ある一定の距離から向かってこなくなるとか。追ってはくるけど攻撃してこないとか、アクション苦手過ぎてクリアできる気がしなくなってきた。

毎回、アイテムを回収しながらプレイしているんだけど、ハンドガンの弾10発とかショットガンの弾3発とか、もしまともにプレイしていたら、絶対に弾数少なすぎて詰むやろ!という感想を持った。フルオートなんて、敵一体に対してワンマガジン使い切る勢いで撃ってるから、こんなん雑魚無視して、毎回敵の攻撃を避けながら走り抜けるとか絶対無理ゲーである。20代だった時はアクションゲーム得意な方だったから、きっと余裕でクリアできていたと思うのだが、今では倒れた敵が本当に死んだか確認するために死体に向かって発砲する始末。そんなプレイをしているから余計に下手くそになるという悪循環なのだが、ドミトレクスから逃げる緊張感を楽しんで慣れるようにしたいと思う。動きがよくわからないから恐怖を感じるだけであり、間近で攻撃を避けて遊んだり、動きに慣れてくれば恐怖感も薄まるというものだし先は長そうだし、ドミトレクス城さえ何とかすれば追跡プレイは無くなりそうだし、もう少しがんばってみようかと思う。

-2021年7月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.