2021年7月ブログ ブログ

2021年7月20日 そろそろパンク野郎を名乗ろうか

投稿日:

今日も晴天というか、朝っぱらから暑い。でも、暑いから「暑い」と言うが言ったところで涼しくなる効果は無いと思われるが、つい「暑い」と言ってしまう。毒電波ニュースでは連日で猛暑日と伝えているが、そんな事はわざわざ言わなくてもわかるものを、いちいち各地域で気温が何度だっととか、最高気温を報じて盛り上がっている。

世間一般の人は情報を共有するのが大好きなのか、共感するのが大好きなのかはわからないが、「うん、そうそう!昨日は暑かったし、今日も暑い」とテレビに話しかけているのだろうか?エアコンを付けて一日部屋に居れば、猛暑を回避できるし、数年前からたまに見かける首から5個くらい小さい扇風機を下げて、ガンダムのファンネルみたいに各方向から常に風を送ればいいのだが、外の気温が高いが故に温風しか回ってこない可能性が高いから、扇風機の後ろに保冷剤を設置できるように改造すると、冷風が期待できる。止めた瞬間に熱気を感じるだろうから、これまた一日中回し続けて、保冷材もマメに交換する必要がある。手間をかけて涼しく過ごしたいか、そんな手間をかけるくらいなら、超絶薄着をして耐えるかの二択になりがちだが、私の場合は冬と同じ格好をしているから三択という事になるのだが、私が選択している方面を自ら志願する頭の弱い人は、居ないと言っても過言ではないくらい選択する人はいないだろう。ノースリーブと短パンで過ごせばいいじゃないか。そんな超絶薄着をしている人でも暑いとか言ってそう。水風呂に氷をを入れた浴槽に漬かりながら、浴槽ごと移動するというのも悪くはないが、一日中水に浸かっているわけだから、ふやけてしまうか。それはそれで問題である。正解は一日中、エアコンをかけ続けて車の中で生活や仕事をするというのが、完璧な夏の過ごし方だと思う。テレワークと称して車の中で仕事もできるし、営業仕事で客先に行かなければいけなければ車でそのまま移動すればいいし、コンビニへ移動すれば食料は買えるし、車の中に人が居れば路上駐車で違反切符を切られることはない。非常に合理的であるが、車を持っていない人はレンタカーを利用するといいのだが、免許が無い人は他の方法を考えて猛暑を乗り切る必要があるのだろう。

そんなクソ暑い朝っぱらから、今日はロードバイク通勤をすることができた。先週はMARLIN6一周年記念とか、世間では気持ち悪がられて全く受け入れられないイベントをして、ずっとマウンテンバイクに乗っていたのだが、久しぶりにロードバイクに乗ることができた。いや、やっぱ速いというか軽い!各々の短所と長所がハッキリわかれていて、ロードバイクとマウンテンバイクの2台持ちはありだなと改めて思う。久しぶりだし、最初は軽く流そうと思い30km/hくらいで車道を、暑さ関係なしにそりゃあもう軽やかに優雅な走りをしていたら、突然「ピシュー」とか高い音が前輪から聞こえ、一気に空気が抜けてしまうという大アクシデント!

いや、何も踏んでないし、こんな展開聞いてないよ~と心の雄叫び。久しぶりだし、天気もいいし、空気圧を高めに入れてタイヤをカチカチにしていたのがいけなかったのだろうか?本当に何かを踏んだ感じは全くしなかったんだけど、歩道の端っこで前輪のチューブを引きずり出してみると、結構な大きな穴が開いていて、明らかに何かを踏んだ形跡があった。何回もパッチでパンク穴を塞いでいるから、どこか劣化して裂けた可能性も疑ったが、明らかに何かを踏んだ穴である。タイヤも調べたかったが、あまりのんびりしてしまうと会社に間に合わなくなる可能性もあり、新品のチューブに取り換えてしまった方がいいのかもしれないと考えるも、パッチ処理をすれば穴が塞げそうだし、1本のチューブにパンク修理跡が3,4個あるのも、むしろ恰好いいとさえ思えてきてしまい、そのまま継続して使う事にした。それにしてもパンクが多すぎて、5回乗るうちの1回はパンクしてるんじゃないだろうか?と思えてくるくらいパンク大王であり、パンク野郎である。仮にパンク野郎を名乗るとして、世間一般的にパンク野郎というと音楽ジャンルのパンクを想定する人が多い気がする。私が自転車バカだと知っている人には、すぐにタイヤのパンクを連想してくれることであろう。日常が忙しくてパンクしているとは誰も思ってくれないと思われる。夢や希望を詰め込みすぎてパンクしているかもしれないが、日常に追われて、特に仕事が溜まってパンクするという事はあり得ないし、例え的に許容量を超えて限界点を突破して破裂する様を思い出すが、毎回、何かを踏んづけて穴が空いているわけであり、打たれ弱いという表現での「パンク野郎」という命名なので、スペランカーの主人公と例えられるのとニュアンスは似ている。スペランカーの主人公という例えは、打たれ弱いというよりは病弱というようなイメージが強く、石に躓いたり、自分の身長よりも低い穴に落ちて死んでしまうという病弱キャラではあるが、大人になってから思うに、やっぱり死ぬんじゃないかな?

夢中になってプレイして1周クリアできるようになったのは小学5年生くらいの時で、あの時は、「なんで蝙蝠の糞みたいなので死ぬの?」とか「そんな低いところに落ちただけで死ぬんじゃないよ」とか思っていたけど、普通の道を歩いているわけではないし、誰が掘ったのかは謎ではあるが、きっと一回落ちたら這いあがれないような穴ではないかと連想できる。もちろん即死するのではなく、穴に落ちて這い上がることができずに餓死してしまうのだろうけど、きっと穴に落ちてから一週間は生きているのではないだろうか?ゲームのプレイヤーに1週間から10日くらい待たせるわけにもいかないから、即死という表現で時間を早めている可能性が考えられる。なので、私の中ではスペランカーの主人公イコール病弱とかすぐ死ぬキャラという連想が特にない。どちらかというとファミコン版のオバQのゲームの方が即死というか、病弱を通り越して犬に吠えられただけで死んでしまうという、主人公が人間じゃないから、どんな特性があっても仕様とか設定上という都合のいい説明ができるのであろうが、犬に触れたり鳴き声で死ぬという、人間としたら何と情けないと思うが、オバQって確か幽霊だった気がしなくもないな。2度死んだら、それこそ復活できなくなるのだろうか?と考えるだけ答えは出ないから無駄な思考である。

いや、でもねホントにグラベルに走りたくなる出来事ですよ。せめてタイヤは変えないとダメかもしれない。ホイールは買う予定はないから、場面に応じてタイヤを付け替えるしかないのかなぁ?でも、ZONDAのCLUTばかり使っていても楽しくないし、鉄下駄のMAVICも悪くはない。どちらかというとMAVICホイールから取れなくなってしまったスプロケを何とか外す方法を考えた方が建設的かもしれないな。連休中は暇だろうから、その時に手を切らないように再チャレンジしてみるか。めっちゃ油を付ければ回りやすくなるかもしれない。やってみよう。

会社では主に会社の仕事を進めることができた(当たり前の話しを当たり前じゃないように書く技術)。夕方からリセマラしてもタモツだった件を書き進めるが、不思議と指が乗らない。キーボードに指が乗らないという意味ではなく、気分が乗らない。気分でやってるんかーい!と言われそうだが、趣味なので気分でやっているのである。文章を書きながら次の展開を考えることが多々あり、次のネタがうまく思いつかない時には指の動きが鈍くなり、気分ものらなくなる傾向があり、今日もそんな感じ。おおまかな話しの展開は決まっていても細かな描写や言い回しなんかでスラスラと書けない時があり、指を動かしながら次々と話しの展開が頭に浮かび、ひたすらアウトプットをしている時は気分が乗っているという事になる。

帰りは携帯用のポンプで空気圧低めの設定で帰り、パンクしたばかりだし様子を見ながら流し気味で帰ろうと思いながらも、前に早い自転車がいたり、ペダルを漕いでいてあまりの軽さについ調子にのってしまい結局40km/hくらいの速度で帰る事に。普通に漕いで50km/hくらい速度が出るようにならないかな。TTバイクを買えば今よりも巡航速度は上がりそうだけど、今のモデルに格好いいと思う機種が無いのが残念である。好みとしては全体的にボテッとしているのが好みである。

-2021年7月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.