2021年7月ブログ ブログ

2021年7月23日 部屋に籠り飽きて少し散歩

投稿日:

今日も朝から晴天で今日も祭日なので自宅にいる。午前中は懲りずにバイオハザードヴィレッジを進めた。本来であれば個人事業の仕事をするとかホームページを強化するとか、リセマラしてもタモツだった件を書き進めるとかすればいいのだが、ある意味これもチャンスかな?と思い、ゲームを一気にすすめるという一番楽な選択をしてしまった。でも、武器無限だし攻略サイトをバリバリ見ながら進めているから、迷ったりするストレスは軽減できている。今日はドミトレスクをぶっ倒すところからスタートした訳だが、プレイする前に何度も攻略サイトを見て、ドミトレスクを倒すも途中で突進されまくって、どこを向いていてどんな状態でどこに敵の本体があるのかさっぱりわからず状態になって、脱出しようとレバーを色々な方向に入れるも、怪物の足に引っ掛かっているらしく逃げることもできずにストレスMAXに。しかし難易度が一番簡単にしておいたお陰で、回復液を持っていないにも関わらずR1を押せば回復できるナビゲーションが表示されて、こうでなくては!というのが率直な感想。死にまくってやり直しまくって、なにがどういう状況になっていて、倒すコツを掴んでいくのも悪くはないのだが、手っ取り早く倒したいのが本音である。やりこみとか高難易度のボスを倒す達成感というか優越感もいらない。仕事でやりがいとかいらないと言っている人と同じ感覚なのかもしれない。できれば、敵が動かずにじっとしているところをヘッドショットしまくって、動かない敵を倒して楽しいんですか?と突っ込まれても構わないぐらい、動かないでいただきたいところ。

弾無限のF2スナイパーライフルを外しまくりながら何とか当てて、近くによってきたときも、がむしゃらにマグナムを発砲して、突撃されて瀕死の状態に陥るところ、弾制限があって普通の難易度だったら絶対にクリアできないし、きっとムズいとか言って、何年も放り出す勢い。まだ序盤のボスなのに堅いし(弾が当たってないだけかも)動き回り続けていて弾が当たりにくいし、タフだし、画面が揺れまくってなにがどうなっているのか全く理解できないし、これだけのお膳立てをしてもらって、ようやくクリアできるとか、もうね私はアクションゲームは今後絶対に普通のプレイではできないなと実感した。弾無限で最強の威力があって、移動速度が早くて体力が減らずに無敵で難易度が一番優しいような状態じゃないと(無敵なら一番高い難易度選ぶかな)プレイする気になれなくなってきた。でも、普通ならあっという間に死んでいるような状態でも、なかなか死なずに、しかも瀕死の状態になると持ってもいない回復液がつかえるから、まぁいいかと思い続きをプレイした。

ドミトレスクを倒し、変に追跡者がいなくなったストレスフリー感で先に進めることにしたが、まぁ甘かった。次のベネヴィエント邸もクリアしたが、もうね、ほんとトラウマになったわ(笑)。

あの手の謎解きというか演出は大好きなんだけど、新たな追跡者をまくために何度も攻略サイトをみて、動画攻略も見ておっかなびっくりプレイした。慣れると恐怖感は薄れるが、先に攻略サイトを見ないでプレイしたら、かなりヤバイ衝撃を受けるかと思われ。人形も何度も攻略サイトを見直して、プレイしながら見てクリアすることができ、次のモロー編までクリアすることができた。モローのステージも、どこに進んでいいのか、途中のギミックもどうクリアしていいのか全く訳がわからなかったから、攻略動画を見ながら全く同じ動き方をする事によってボスまで辿り着くことができた。本当にありがたい世の中である。攻略サイトが無ければ、絶対に途中で詰んでしまいクリアすることなく御蔵入りするゲームになるだろう。これを読んでいて、そんな難しいのか!?と思わないでいただきたい。普通の人なら、あっさりとノーマルの難易度でクリアできると思われる。私が究極にゲームが下手なのと、あの視点に慣れなさすぎるのが問題である。モロー戦も建物の軒下に隠れればいいと書かれていて、おっ!このタイミングは軒下に隠れればいいんだったなと気付くも、軒下のある建物が見当たらずに大ダメージを受ける次第(笑)。

いや、もうね、どこに軒下があるのかマークしてくれないと無理だわ。ほんとに勘弁してもらいたい。どこになにがあってどうなっているのか理解に苦しむゲームだし、アイテムも近くに寄るとボタンマークが出てきてくれるけど、背景と混じってしまっていて、よくわからないんだよね。ボタンマーク出てるけど、どれがアイテムなのか目の前にあってもどれがアイテムだかわからないことも多々ある。画面の暗さ設定を無視してメチャクチャ明るい画面設定でやっているからまだいいけど、まともな画面の暗さ設定だったら余計に、どこになにがあって、今どこを向いているのか全くわからないと思われる。モロー戦もメチャクチャ手持ち武器で発砲して、たまに距離をとってF2砂ーパーライフルで本体に当てまくってるのに、なかなか死なないし。途中で樽とか使えばいいと書いてあったが、どこに樽があるのかはボスを倒して冷静に歩いたときに、あちこちあることに気付く次第。このボスにも突撃されて、壁とボス本体に挟まれて動けない間にダメージをくらいつづけて、よくわからないけどマシンガンを、どこに向けて発砲しているのかよくわからない状態で、もう一回死んでやりなおすわい!ボケが!と怒りながらプレイしてたら、どこに弾が当たり続けていたのかわからないが、勝手に死んでくれた。やはりこうでなくてはゲームなんてやっていられないというのが私の見解である。これ、まともにやっていたら、きっと2、30回死んで、ボスの動きを全部覚えて、どこに樽があって、どこに軒下があるのか、もう自分の庭くらいに慣れないと倒せないと思われる。一回倒すコツを掴めば難易度を変えない限り、何度でも余裕をもって倒せるようになるのだろうけど、その時間はない。

「あー!なんだこのクソゲーは、もうどこに何を撃っているのかわけわからねぇ!」と叫びながら、画面もボスにめり込んでしまった訳の分からないグラフィックで訳のわからないまま倒すというプレイを2回もやってしまった。ドナは直接対決じゃないから問題はなかったけど、最後は揉みくちゃになって訳のわからないままボスを倒すのが今回のバイオハザードなのだろうかと疑問に思うくらい。

半ギレしながら、私にとっては長時間プレイしたせいかぐったりと疲れてしまったから、久しぶりに浅草へ散歩しに行くことにした。国民洗脳ノイズ毒電波ニュースでは都民は大阪の方へ遊びに行っているような事を言っていたから半信半疑で浅草へ出掛けてみると、確かに少し人は少ないだろうか。ガラガラというわけにはいかないが、今までと比べると少し人が少ないような気がしなくもない。今日はGRⅢ縛りをしてLeica M-Dとズミクロン50mmF2.0現行バージョンのみでスナップを撮るも、浅草は撮りきっている感満載だから20枚くらいの写真しか撮ることができなかった。でも、撮り高は悪くはなかったから、これはこれでいいかなと言った感じ。今週も運動ができていないから運動不足であり、しかも食べ過ぎているから今日の1万歩越えができたのは、なかなかよかった。

ここまで来たら、連休中にバイオハザードヴィレッジをクリアしてしまい、連休明けにゲームを一切やらない方向で行くことに決めた。創作作業も夜に少しだけ進めたけど、一気に書き上げることはせずに、どちらかというと一気にゲームをやりきってしまった方が今後の動きに影響は少なくなり、せっかくの連休なのだから久しぶりにゲーム漬けも悪くはないだろう。コロナが市中感染しているから仕方が無く部屋にこもってゲームをするという大義名分が通ってしまう世の中もいかながものかと思われる。

-2021年7月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.