2021年7月ブログ ブログ

2021年7月27日 ようやく日常を取り戻せたか

投稿日:

今日は珍しく朝から雨である。今日は午前中は千葉県で仕事の予定が入っているが、営業の人の車で同行するから久しぶりに自転車通勤するぜ!と意気込んだ朝に雨という。どんだけブロックすんねん!と思いながら渋々、車通勤をすることにした。台風が近づいているという予報だが、正直なところ軽視している。毎年そうなんだけど、マスコミが大袈裟に言えば言うほど(恐らくは被害が大きかった時の「警告したよ!」というポーズだと思われる)大したことがなくて、逆に報道してない台風がヤバいという毎年の積み重ねの経験上で、今回の台風は大袈裟に報道している節があるから、大したことはないという結論。数年前までは「10年に一度の~」が流行っていた気がするが、毎年のごとく10年の1度が来ているわけだから、今年はネタ切れなのであろうか。なんて言えば国民が興味を持って震え上がって、驚きふためいてスーパーに駆け込み、あればあっただけの食料を買い込んで大混乱させることができるかという言い回しを考えているに違いないと思っている。そして、思い通り世間が大混乱になったら、腹を抱えて大笑いしている姿が目に浮かぶのだが、私の想像は間違っているのであろうか?一ヶ所でも家が倒壊すれば、寄ってたかってカメラを持って好奇心の目に晒すというのは一世代前であり、現代はSNSを漁りまくって動画をアップした人に許可をとらずに、勝手に流用して毒電波で国民に何回も家が倒壊する映像を繰り返し見せ続けて、人の不幸を食い物にするという、マスコミに対して強烈に悪いイメージしか持っていない。特に嫌がらせをされたとか、そういう経験はないのだが、どうしてここまで毛嫌いするのかは自分でもよくわからないが、単純に私が病んでいてブッ壊れているだけかと思われる。疑心暗鬼になっているものと思われるが、自分ではよくわからないのである。

もしかしたらマスコミに対して悪い印象を持つように、刷り込まれているのかもしれない。自分が正しいと思っていた事が実は正しくなく、それが正しいと思うような描写をするも、最後に今までの出来事が一気に逆転してしまうという小説に使えそうな流れを連想してしまったが、まさに現実は小説よりも奇なりという、どこかで聞いたことのある言葉が脳裏を過った。

また心の病みが再発しているのか、最近はひねくれた訳のわからない事ばかり書いてしまうが、ここはひとつ心を入れ換えて(替える心のストックがあるかは謎)午前中の仕事は、まともな営業の人と難なく終えることができ、15時くらいに会社へ戻る。

そこから今までおろそかになっていた手帳の整理と先週の振り返りと今週の目標設定を行うことができた。

先週はもうね、色々と酷いというか連休でダラけてしまって、自転車に2回乗ることができて1万歩オーバーが1日だけあり、それ以外は全く運動をしていないという体たらく。体重の変化はそこまでないが、同じ生活を繰り返していたら、あっという間に元の体重に戻ることは簡単に予測ができる。連休で気が緩んだという誰もが口にする台詞を出してしまうところ、私もかなりダメになってきているようだ。それ以前がダメじゃかったという事はないのだが、腑抜けているという状態。連休中にバイオハザードヴィレッジをクリアしておいた事により、連休明けにゲームが気になってプレイする気には全くなっていないのは救いである。BMXの組み立てと問題点の発見もできて、その辺りはとても充実していたといえる。書斎兼事務所の掃除というか片付けは行うことができなかったが、それ以外の掃除はできているから、まぁいいか。連休前に計画していた通りの会社のタスクを完了できたのはよかった。後半の連休中はほとんど出掛けていないが、1日だけ会社でペタマックス祭りをしたのは良い思い出になるだろう。普通に連休を満喫したといったところであろうか。

今日は午前中の仕事の合間に、色々とアイデアが浮かんだ。とはいえ、ストーリーを温存しながら考えている真・KDSKの世界観のアイデアのひとつを出せ、M:ERDER2の作品案も出すことができた。今年にM:RDERを出版したばかりだから、このⅡを書き始めたり、出版されるのは数年後になるとは思うが、アイデアというかストーリーを1、2年くらい考えて世にだそうかと思っている。恐らくはZ VERで20禁になるかもしれないが、今のところは、そこまで深くは考えていない状態だが、あの終わり方からの続編を書きたいとは思っている。真・KDSKも書こうと思ったのは1年半前くらいから考えていたことであり、これも執筆開始や販売開始は、まだ数年後になるかと思われる。しかも長期物で書こうと思っていて、できることなら10巻くらいは出したいかな、と。でも4巻くらい書いてみて、イケそうなら(何が?)極・KDSKとかシリーズを変えて続編を書くという、最近主流のやり方を取り入れてみたいかと思ってはいるが、こればかりは今後、どう動いていくかは現段階では自分でもわからない状態である。それよりも、早いところリセマラしてもタモツだった件を書き終えて、続・めいわくをかけない変態(仮)の執筆に入って、その間に数冊の写真作品集を出版して、端材03の編集に入るので今年は目いっぱいになるだろうから、まずは目先の作業をこなすのが先決である。しかし、先日に面倒な個人事業の仕事を引き受けてしまったから、予定通りの執筆作業ができればいいのだが、こればかりはやってみないと判断がつかないので、臨機応変に立ち回るつもりである。

今日は火曜日で、一日遅い先週の振り返りと今週の目標設定を決めることができ、夜には予定通りルーティン運動と空手基本運動をしてリセマラしてもタモツだった件を書き進めることができて連休前の生活に戻れたような気がする。個人事業の残り1案件も予定通り完成させることはできたのだが、最終チェックまではたどり着けずに、明日の午前中に再確認後、メールでデータを納品して今回の仕事はすべてクリアとなる予定である。あとは、面倒な2案件の個人事業を隙間時間にチビチビと進めておくくらいだろうか。なかなか気が重くて困る(笑)

-2021年7月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.