2021年7月ブログ ブログ

2021年7月28日 スペーサー取付けできた

投稿日:

今日も朝からとても天気が良い。でも、今日は車を使う必要があるから、今日も車通勤であまり面白くはないが、仕方がない。最近は、信号待ちと渋滞の時に活字多目の雑誌を読んでいたのだが、今日に読み終えてしまった。電子書籍では読んでいない本が多々あるが、信号待ちにスマホを手にとっての読書は、やや憚られる感じがして嫌だから、車の中で読む本は紙の書籍を用意するというポリシーがあるが、本を読むという行為自体に変わりはない。読み終えた後に本を捨ててしまう人もいるみたいだが、私の場合は捨てることができずに部屋や職場に放置するのだが、再び読み返す本もあれば、もう二度と読まない本もある。職場のすぐ手が届くところに、エディ・ダウンセントの本は常備してあり、思い出したかのようにペラペラとページをめくって、ハートのこもった名台詞を見て感動するという買って一生モノの本というものもある。そして、こればかりはもう仕方がないんだけど、修羅の門に出てくるエディビンセントも思い出して、スタンドアンドファイトという無責任な名台詞も思い出してしまう。さらに連動するかのように、ファミコン版のマイクタイソンパンチアウトを思い出し、どちらかというと、そのゲームに出てきたインド人のボクサーを思い出し、そこから給食によく出てきたカレーピラフを思い出すところまでがワンセットになっており、エディ・ダウンセントから入り、出口は給食に出てきたカレーピラフという、とんでもない連想が私の思考の中で構築されている。そんな訳で、また本を購入しておく必要があるのだが、たまには美術手帖の本を読むのも悪くはなさそうである。あの本、1冊の単価が高いから、よっぽど興味のある特集の時にしか買わないんだけど、読んでいて楽しいんだよね。なんかワクワクしてくるから、たまには新たな刺激を期待して購入してみるのも悪くはないかもしれない。

今日は会社で、書き遅れていたブログを一気に書き上げ、手帖を整理していると、個人事業のお客さんから電話があり、メールのトラブルを解消した。不思議なことに、プロバイダも悪い時もあったり、Outlookが壊れたりして、毎月のごとくメールでトラブルになるお客さん。スマホあたりにメールを転送してPCで開かなければいいんじゃない?と提案したくなるくらいメールのトラブルに見舞われていて、もし仮に私だったら完全に頭にきて、プロバイダを変えて、さらにスマホだけでメールの管理をするだろうな。現状ではスマホよりもPCでメールを管理してはいるけど、大昔から愛用しているAL Mailで大きなトラブルは今のところ一回もない。PCを変えてメールソフトの引っ越しの時も、フォルダをコピーするだけで設定不要で、そのまま丸っとメール設定とデータを異説することができるから、とても便利。でもOutlookとかで慣れている人は、htmlページが表示されないから結構なストレスになるのかもしれない。私の場合はhtmlページに需要はなく、広告類は開くことなく容赦なくゴミ箱へ葬るから表示されなくても全く困ったことがない。あとは、赤エルマーが安く出ていないかとかVisionのカーボンホイールが安く出ていないかとか、GB350のモリワキ管についてなんかを調査した。

昼休みと夕方にリセマラしてもタモツだった件を書き進めて、ようやく第5章で約1100文字越えまで書き進めることができた。先月に購入したFire HD10と、その専用キーボードで入力をしているけど、非常に快適に入力することができている。個人的見解ではあるがPOMERA DM200に引けをとらない入力のしやすさと、画面を開いてから入力するまでのタイムラグを感じることがなく、ストレスフリーで入力することができている。購入するまでに、かなり悩んだが買って大正解で、本当に購入してよかったと思っている。半角と全角の切り替えやカナ変換あたりが、やや特殊操作っぽいところはあるものの、慣れてしまえばストレスにもならないし、切り替えも早いし私にとっては全く問題を感じることがないガジェット。人によっては、あの有名なストアアプリを入れたり、色々と改良を加えている情報がネットにあがってきているが、創作専用タブレットなので全く何の設定もいじらずに、ネットに繋ぐくらいの設定しかしていない。プライム会員に入っているから、プライムビデオやKindleなんかも読めるけど、文字入力のみに専念した使い方をしているから、あまり参考にならないかもしれないが最高のガジェットだと称賛したい。

会社でのそれ以外の時間は、営業から依頼されている1案件の案件作成を進めたが、なかなかのボリュームと掘り起こすと手間だらけの案件で、今日は面倒な処理の部分の大半を終わらせることができた。予定では明日に9割方終わらせて、土曜日に手放す予定。土曜日はやりたいことが多いから、あまり仕事で手を焼きたくないというのが本音である。リセマラしてもタモツだった件を、ものすごい勢いで作成したいし、ロードバイク出社するだろうからロードバイクの洗車もしたいし、今月末になるから今月の振り返りと来月の目標設定もしたい。これに関しては金曜日にやってしまっても、1日早いけど大した問題はないだろう。今抱えている案件の進捗によって今月の振り返りを行う日を変えていくつもり。

夜、自宅にて先日に購入したスペーサーを映画を見ながら作業することにした。映画はもちろん日本語吹き替えのものを選択。ずっと画面を見ていたら作業が何もできない。ただ、スペーサーを装着するまでが面倒臭い。タイヤを緩めてチェーンを緩めてチェーンリンクを外し、クランクをソフトハンマーで叩いてクランクの芯を外す。夜だし、あまり派手に音が出せないから、遠慮しながら叩くと全く動いてくれない。仕方がないから短期勝負でガンガンと叩くと、問題なくクランクを取り外すことができ、さっそくスペーサーを装着すると、ベアリング根本が少し窪んでいて1mmの誤差が出た。これは誤算でスペースを測ったのはあくまで上から覗いた時の幅であり、まさかボトルベアリング部分にスペーサーが食い込んでしまうとは思ってもいなかったのである。右側のスプロケット側に予定になかった1mmのスペーサーを使い、そこから予定通り4mmのスペーサーを入れたら、ぴったり4mm分の隙間が埋まり、クランクがフレームにぶつからなくなった。計算通りのスレスレの位置を通らせることができたのだが、左側のクランクには想定外のあと2mmのスペーサーが必要となり、今日は右側の処置だけで終わらせることにした。明日にでも自転車屋にスペーサーを買いに行ってみよう。これで駆動系は完璧に仕上がる予定だが、ミニVブレーキが届いてくれないことには外で試走することができない。ここまでは失敗を繰り返しながら順調に組み上げられているが、実走した時にどんな挙動になるのかが、最大の問題になるだろう。

-2021年7月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.