2021年8月ブログ ブログ

2021年8月7日 ついにBMXが完成した

投稿日:

今日は土曜日だが、会社は休みである。世間の人同様に三連休という、別に休みでも会社に行ってもどっちでもいいやと思っている私にとっては、本当にどちらでも良いどうでもいい休みである。そんなことを言わずに素直に喜んで、せっかくの休日を楽しめよ!と言われるかもしれない。それは、平日にきちんと会社の業務を行えている優秀な社員の人たちの特権であり、普段から遊んでいるのか仕事をしているのか、自分でもわからないようないい加減な人間には、仕事と遊びの明確なラインが引かれておらず、ある意味可愛そうな人なのである。でも、ここ最近は本当にダメな人間になっているらしく、自宅で仕事をする機会がめっきりと減っているのは大問題である。

しかし、今日会社が休みなのは少しだけラッキーで、今日の午前中にBMXを走らせるために必要な最後のパーツであるフロントブレーキが午前中に代引きで届く予定である。仮に今日出社だったとしても夜に受けとればいいだけであり、たいした違いはない。しかも出社したとしても土曜日はアマゾンビデオを見ながら仕事を進めたり、ひたすらとリセマラしてもタモツだった件を書き進めたり、雨であれば自転車通勤をしないから長モノの銃を持っていって、射撃訓練とか、ロクなことをしない。なので、下手をしたら自宅にいるよりも会社に行った方が、作業が捗る可能性は高い。

予定通り、午前中の朝早い段階でパーツが届いた。BMXのパーツは意外と商品が少なく、また扱っている店も少なく、オークションでもそんなにパーツが出品されているわけでもない。今年はオリンピックでBMX の競技が開催されたから、多少は認知度があがるかもしれないがマイナーな事には違いなく、このタイミングで組み上げてしまい、オリンピックを見て影響を受けたミーハーなバカかと思われてしまう可能性が高い。乗っていて笑われたらショックだが、そもそもサドルを着けない方針なので、BMX関係なしに笑われる可能性は大である。予定通り届いたフロントブレーキはオデッセイのUブレーキ。ブレーキとしては値段が高いが、その分効きは良さそうだし、駆動系はケチらずにしっかりしたものを着けておいた方が、最終的にはお得である。フロントもリアもしっかりしたUブレーキを取り付け、きちんと調整をすることもできて止まるには止まるが、リムが少し滑るのか、止まるには止まるのだが、フルブレーキでタイヤがロックしたまま、少し前に滑っていく感じ。タイヤが少し減れば安定するものなのだろうか。それともロードバイクやマウンテンバイクのブレーキの効きに慣れているから、それと比べると効きは悪いということになる。無事、ブレーキを取り付け、待ちに待った試走をしようと外に出た瞬間に、一面が真っ白になるくらいの激しい雨が降ってきた。どんな当て付けやねん!さすがに、これは無理だと思い、雨が止む夕方前まで、少しゲームをしたりブログを書いたり、リセマラしてもタモツだった件を書いたりした。要するに、やることがないんだよね。漫画の連載を始めるとか、やりたいことは山ほどある割には腰が重いという(笑)。でも、長年ゲームをやり続けてきただけあり、ゲームをやってもすぐに飽きてしまうのは相変わらずで30分もプレイすれば十分になったは、私の今後の人生において大きな変化となっただろう。そのうち全くゲームをやらなくなるのかもしれないが、何かの刺激を受けるためにはゲームをやることも必要だと思っているから、時折、ゲームは買ったりやったりしようとは思っている。ゲームが時間の無駄という事ではなく、ゲームをやって何かしらの刺激を受けるといった具合。モノは言い様で、ゲームを楽しむのも大変に良いことだと思うが、そればっかりやってしまうのは勘弁してもらいたいところである。唯一、ダラダラとプレイしてしまうスマホゲームのオペラオムニアのプレイ時間を減らしたいところ。隙間時間や仕事しながら片手間にプレイしていたせいか、ほとんどのシナリオをクリアしてしまい、キャラ育成も片手間にチビチビやっているせいか、なかなか無料で遊んでいるとは思えないくらいの育成ぶり。

夕方前くらいに雨があがり、路面が濡れているが少し気になったが、BMXの試走をすることができた。普段、ロードバイクとマウンテンバイクに乗り慣れているせいか、リア側のあまりの低さに違和感を覚える。乗るときに足を大きくあげて、後輪部分を跨がなくてもいいのである。ハンドルが大きく車体が小さいから、ハンドルを握っていると自転車本体の安定感が無くなり、ふらふらしてしまう。慣れが必要な自転車で常に立ち漕ぎも、普段はやらない乗り方だから違和感ブチMAX で、まずは1km先のスーパーへ夕食の食材を購入しに行った。途中でフロントを軽くあげたり、してみたけど、とりあえずガタが出たりパーツが取れたりするところは無く、いい感じに仕上がった。ブレーキケーブルが長くて飛び出ていたり、ハンドルの握る部分がアルミ剥き出しだったりと、細かなところを徐々に詰めていこうと思う。ライトもなければサイクルコンピューターもない。BMXにサイコンはいらないのかもしれないから、ここに関しては施行中だが、ハンドルの握る部分が手が痛くなるから、グリップを着けるのではなくバーテープで仕上げようかと思っている。そういうちょっとしたところに個性を入れていくのが好きで、今回完成した本体もなかなか奇抜な色をしていて、とても気に入った。在庫と値段の関係でクランクを白にしたのはいかがなものかと思っていたが、とてもいい感じで、普通の人ならチョイスしない選択肢だろうし、個性が出ていて非常によろしい。そこに色はまだ決めていないがバーテープだ。色は青がいいかなぁ。これも焦らずに、ゆっくりと選ぶつもりである。スタンドが付いていないから、駐輪場に止める時には、自転車を逆さまにして止めるという奇抜な止め方も気に入った。ハンドルが無駄にでかいから、自転車をひっくり返すと、この上なく安定して自転車を置くことができるのだが、私の自転車だけひっくり返っているから、少し恥ずかしい気もするし、いくらロックをしているとはいえ地球ロックじゃないと、片手で持ち上げて簡単に盗むことができる。盗難されやすいが、こんなクセのある個性の固まりみたいな自転車を盗む輩がいるのか謎ではあるが、世の中には物好きなヤツもいるだろう。盗難に大いに気を付け、地球ロックができる場所に駐輪しようと思う。

もう一回、すべてのネジを締め直して、ライトを用意してバーテープなんかを巻き付けたら、会社まで試走してみようかと思う。橋を下るところがスピードが出て、フルブレーキをかけてもホイールがロックするだけで、きっと止まらないと思われる。危険なポイントは気を付けるようにしよう。

-2021年8月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.