2021年8月ブログ ブログ

2021年8月19日 身の丈に合わない物欲

投稿日:

引き続き、今日も天気が良く朝から非常に暑い。私が活発に活動するにはうってつけの気温ではあるのだが、今日は午後から千葉県の手前で営業と同行の仕事が入っており、またもや車通勤である。今週はもう自転車通勤をすることは絶望的ではあるが、土曜日に賭けるしかない。土曜日は試作状態のサドルが付いていないBMXで通気予定である。近所を2kmくらい走って問題点は今のところ見当たらないが、片道約12kmの往復をしてみて、まったく問題が無ければこれにて完成という事になるわけだ。走る前に全てのパーツの締め直しをする必要はある。ちなみにサドルを着けない状態で完成としたいところである。今日もアニソンを聴きながらGRの本を読みながらの、全く何も変化が無くて退屈な通勤をした。

午前中は主にFFをやりながら、先日に終わらせたタスクの打ち合わせなんかをして、それらしい事をしてみた。それと、もうね時計で悩みまくりですよ。購入した時計の型番まで絞り込み、買うならこれだろ!という目途を着けた。今後の買い替えなしで一生身に着けていこうと思うパートナーである。先日くらいまでは機械式とクォーツで大いに悩み利便性やメンテなんかの事を考えて、一旦はクォーツがいいかなと思っていたのだが一周してやっぱり機械式がいいという結論を出したのが現状。でもまた考えは変わるかもしれない。そして、今日は文字盤の色で白もしくは黒で大いに悩む。白はさらにジジイになった時にも文字盤が見やすい、落ち着いた印象、どんなシーンでも使える、高級感が無くトロイの木馬的な伏兵状態になれるというメリットがある。黒は締まった感じでモダンで良い、やや存在感があって個人的には飽きがこない、黒の方が格好いいといった感想。最終的には利便性よりも自分がいいと思った方を選択した方が後悔しないし、そもそも機械式の時計に利便性を求める時点で間違っていて、それはもうLeicaのカメラと同じだと思っておいた方がいいだろう。

値段が高くて使いにくく、他のメーカーのカメラの方が安くて断然便利という敢えてのデメリット。拘った末、デメリットの塊だけど不思議なスピリッツを秘めているという、洗脳されて買いかぶりすぎじゃねぇの?と思わせるところがなお良い。ド変態だな!個人的に一番コスパのいい時計は3万円くらいで帰るGarminのタクティカルウォッチではないかと思っている。ジョギング用として売られているものでもいいだろう。使い捨て感覚にはなるが、1回の充電で日持ちするし、Suicaも使えるし各種記録もできるし、時刻も狂わないし、そりゃあもう何でも入りのフルパックみたいな機能満載で安い。製造工程でコストを抑えて大量生産できるのであろう。時代に逆行するものがニッチになり製造コストがかかり値段が高くなる割には、最新技術を取り入れる事が難しく、機能は劣るという悪循環。機械的に大量生産されるモノを使い捨て感覚で使うのか、職人が手間暇かけて手で組んだアナログを好むのかは、自由だーーーー!!!と懐かしいネタを書いてしまったが、私の場合は間違いなく後者の方であり、拘りのあるひとつのものを長く使っていきたい。と、書く割には新しモノ好きで浮気性である。古いモノを使い続けたいけど、新しいモノも置いておきたいという両方取りをしている場面も多く、要するに色々とやりたい年頃といった所ではないだろうか。

今使っているFenix3J HRが完全に壊れてしまい、すぐにでも時計が無いと生きていけないという状態であれば、速攻で買いに行くが、まだまだ現役。しかも年末間際にリチウムイオン電池を交換してもらえば、あと5年は持ち、5年後に再度時計を購入することを検討してもいいし、どうせ5年後にお別れすることが決定されているのであれば、今のうちから購入しておいて親睦を深めておいた方がいいかもという考えが無くもない。機械式の時計で後々、お金がかかることは承知で、時計本体価格は約50万円。ライカのカメラよりも安く、ロードバイクにかけた総額よりも安い。なので購入することは簡単であり、そこまで高額とも思わないのだが、庶務課(窓際社員)がするには不相応な時計であるには違いない。ブランドはGSで目立ちにくいのだが、会社の端の辺境の地に飛ばされ、誰も話しかけてもないという立場だから、本来であれば5千円くらいのカシオかセイコーの時計が合っているのかもしれないが、その思考は昭和的思考であり、現代にはそぐわない思考であろう。

午後からの仕事は問題なく終わらすことができ、近くにIKEAがあったから、ソファーを物色することにした。店内は相変わらず広く、時折、方向がわからなくなったり出口がどこにあるのかわからなくなり、同じ場所をグルグルと回り続けてしまうという方向音痴ぶりを発揮することができた。「あれ?またこのブースに出ちゃったよ!」ってどれだけ方向音痴なんすかね?色々とソファーを物色して、その型番に合った?色違いのソファーカバーが用意されていて洗濯できて、しかも安いといったところから、最終的にはIKEAでソファーを購入する可能性が高くなった。今日は即決で購入しなかったが、もし買うならどっちかだなという2択までは絞り込むことができた。恐らくは今月中にはソファー買い替え問題を解決する予定。ソファーを買い替えた後に時計問題について悩みに悩もうかと思う。

車でもカメラでもバイクでも自転車でもギターでもそうだが、購入するまでの工程を楽しみたいと思っている。購入後の自分をイメージしたり、その商品の拘りについて調査したり、素材や製作工程に興味をもったりと、今までに触れてこなかった分野を垣間見ることができ、悩みに悩んで購入した時の快感も大好きである。なので、同じものをずっと使い続けるというのは性に合ってはいないのだが、そういう自分を変えていく工程も楽しいのである。

-2021年8月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.