2021年8月ブログ ブログ

2021年8月20日 ようやく書き終えたもつ

投稿日:

今日も天気が朝から非常に良く、間違いなく自転車日和なのだが残念ながら、会社で車を使う可能性があるために今日も無念の車通勤。もうね、毎日同じ行動を繰り返すのは飽きてきたよ。この台詞をそのまま歌詞に入れて一曲作りたい気分。仕方がないから、信号待ちにGRの本を読みながらアニソンを聞くという、これだからオタクは気持ち悪いんだよ!と文句を言われても仕方がない行動をとっているが、最近のオタクはオープンになっていて、世間に認められてきているというか、世間に溶け込んでいるというか、世間がオタク化しているというか。30年前から、オタク文化を緩和してもらいたかったものだが、ある種、特別感を楽しんでいた節が無きにしもあらずなので、オタクを叩く者達とオタク道を突き進むヤツらとの利害関係の均衡がとれていたものと思われる。

むしろ、鬼滅とかそういうアニメはオレ見てないんだわ、オタクじゃねぇし。とか言うと、世間から見てないとか常識はずれもいいところとか言われて叩かれるという、昔は見て叩かれて、今は見ないで叩かれるという逆転現象。まぁ、どうでもいいんだけど、あ、そうそう。コンビニで買い物をしてレジで会計している時に、レジ前にブラックラグーンの最新刊が販売されていて、ついとっさに購入してしまった。ブラックラグーンだけはコミックを買っていて、ここ最近は不定期で、連載しているのかしていないのかすら不明だったが、2年に1冊くらいの間隔でコミックが販売されている。前回はスペシャル版みたいなのを買って、ピンバッジとかステッカーとか入ってるやつを買ったが、今回はそういうバージョンのものがあったのだろうか?ステッカーは欲しいけど、ピンバッジとかいらないな。

今日は会社で、リセマラしてもタモツだった件を書きあげることができた。残り約7千文字くらいだと思っていたが、ぎりぎりまで文章の書きまわしで悩んだりして、思った以上に時間がかかってしまったが、これにてようやく完成した感じ。あとは校正をしながら文書の手直しを入れて完全完成という流れとなり、間違いなく今月中の販売でいけるのだが、表紙のイメージが全く浮かばず、表紙も今日に作ってしまおうかとおもっていたのだが、手付かず。困ったものである。でも、理想通りのエンディングを書きあげることができて大満足。最終的に各章の文字数を集計してみると、丁度21万文字になっているかと思っていたら、24万文字を少し越えたくらいになっていた。予定よりも3万文字も多くなっており、読み違いが発生したわけだが少ないよりは、多い方がいいという変な損得勘定が働き、まぁいいかという結末にしておいた。今作のあとがきは書かない方向。作品によってあとがきを書いたり書かなかったりするんだけど、リセマラしてもタモツだった件に関しては、何も書くことがない。夕方には散歩をしながら、次回作の写真作品集の「1998年のトラウマ」の構成を組み立てることができた。やはり、ゆっくり歩きながら思考するのが一番いい感じである。今月中に、あともう一冊写真作品集を出版したいところだが、ネタがWhite&Black3くらいしかネタが無く、このシリーズは後回しにしたいので、再びアイデアが上から降り注いでくるのを待つしかないのだろう。それと同時に、早速、次の作品の「変態本」の執筆に入りたいと思う。

次回の「変態本」は前作を越えるハイグレードな危ない思考と危ないプレイと危ない結末を用意してあるのだが、大きく分けて4部構成とした。以前より、チビチビ考えてはメモをしいていたから、大まかに分けた構成の内容に、どんなプレイや話の構成を入れるかの整理をすることもできた。1構成につき、約6万文字、場合によっては7万文字くらいにはなりそうなので、まだ大雑把な想定ではあるが「変態本」の着地文字数は約23万文字を想定しており、今日書き終えた、リセマラしてもタモツだった件と同じくらいのボリュームで落ち着く予定である。Fire HD10の専用キーボードセットを購入して約一ヶ月経ったくらいだけど、今回の作品やブログを書き続けて、一ヶ月しか使っていないとは思えない風貌になった。今まで作品を書き続けて一番長持ちしたのが、Opmera DM100で約3年壊れずに使い続ける事ができ、壊れた時にはキーボードがテカテカになっていたのだが、Fire HD10には、さらに長い年月もってもらいたいものである。万年筆みたいに修理みたいな事ができて、ずっと使い続けられれば愛着がわいていいのだが、愛着がわく頃には壊れてしまうという事が、ここ数年続いている。一番、残念だったのはAcerのchrome bookだな。M:rderを書いている最中に挙動がおかしくなり、やや重たいものの非常に気に入っていたのに、本当に残念な結果になった。Fire HD10はキーボードと漢字変換にやや癖があるが、それらを踏まえても非常にコスパの高い製品だと思っている。今日は、創作作業が捗りすぎて良かったが執筆にかける時間をもう少し短縮できるように改善する必要はありそうだ。

-2021年8月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.