2021年8月ブログ ブログ

2021年8月24日 グズのおっさんリターンズ

投稿日:

今日は朝から天気が良く、私にとっては過ごしやすい気温である。暑いとか言う人が周りに多くいるが、背広の上着を着ていて丁度いい温度かと思われる。そして、今日も車通勤である。仮に自転車通勤するにしてもロードバイクは乗ることができないから、マウンテンバイクのみという状態。BMXスペーサーをまだ噛ましておらず、あまりに危険なので現状では放置している。昨日、スペーサーを購入しておけばよかったのだが、正確な厚みを計り忘れていたから、またの機会にすることにした。

今日は午後から印西市で仕事の予定が入っているのだが、不幸な事にグズのおっさんと仕事である。本来であれば、印西市の仕事を終えた後に、ロードバイクで「1998年のトラウマ」の作品で足りない写真を録りに行こうかと計画をしていたのだが、ロードバイクは乗れないし、かまってちゃんのグズのおっさんは、自分の車を持ってきたから一緒に行こうよ~としつこい。どうして、そう言ってくるのかの予測はついていて、まず私に運転させて楽をしたいというのがひとつ、あとは世間話しがしたいというのが目的かと思われる。そう考えただけでも面倒くさい。

会社に到着し、少し遅れてグズのおっさんが会社に着た。そして開口一番、「今日は運転よろしくね」とかニヤニヤしながら言ってきやがった。今日は一日寝て過ごすつもりなのだろう。しかし、そうはさせない。

13時から印西市のお客さんのところへ訪問して、ソフトウェアの納品の仕事をこなさなければいけない。グズのおっさんが営業だから(よく売れたなと思う、でも元々お客さんでルート営業みたいなやつだから世間話しをして契約してもらったと思われる)、一緒についてくるのだが、正直なところ一人で納品に訪れた方が気が楽である。13時から印西市なので、私の感覚としては11時に会社を出れば問題ないと思っていたのだが、グズのおっさんはとにかく休みたい。少しでも早くエアコンの効いた自分の車の助手席でひっくり返って楽をしたい。いや、それなら最初から会社に来ないで、自宅で横になっていればいいじゃないですか!と突っ込みをいれるくらい、楽をしたい人であり、動物のナマケモノという名前をつけてやりたいところだが、それだと動物の名前から「ナマケモノ」といっているのか、本当に「怠け者」と言っているかの違いがわからないから、誰もそうは呼んでいないが間違いなく怠け者である。自分の事を棚にあげてでも大きな声で言ってやりたい。

会社のグズのおっさんは9時30分に、もうお客さんのとっころへ向かおうと言い出した。

いや、それはなんでも早すぎるだろ!と東京ホテイソンばりの突っ込みをしたかったが、グズのおっさんはマジだ。いつも普通の人の感覚よりも3時間くらい早く会社を出て、箱崎のパーキングエリアで爆睡をして、ジャンクフードを食べてから動き出す。当たり前だが、こんなグズが楽をしたいがために、どうして私が運転する必要があるのだろうと思っていたので、「残務を片付けてから行きますよ、先に車に行っててください」と伝え、車の中に押し込むことにした。「ああ、そう。じゃあ車動かしておくね」とグズのおっさんが言ってきた。これで思惑通り作戦完了である。私も暇な部類に間違いなく入るのだが、流石にグズのおっさん程、暇ではない。

他の営業の頼まれ事を速攻で片付けながら、私宛にかかってきたお客さんの対応を捌いていると、グズのおっさんが自分の車のスタンバイをして待ってるねと言いながら会社を出て約10分。グズのおっさんが会社に電話をしてきて、他の人が取り次いだのだが「(私が)まだ来ないの?」と言っていたらしい。

もうね、完全にホラーの世界ですよ。私を道連れにしないで、死ぬなら一人で死んでくださいよという心境。何をそんなに焦っているのか、どうしてもは早く車ででかけたいのか、そもそもあと1時間後に出ても余裕で間に合うし!子供かよ!と、電話を引き継いだ人と笑い話をしてから、グズのおっさんが準備していると言っている会社の裏道に出た。会社のグズのおっさんは1年半前に5ナンバーではあるが、ワゴン車のようなハイブリッドカーをローンで購入しており、最初は非常にきれいだったのだが1年半で6割くらいのゴミ屋敷カーになりかけていた。そして案の定、グズのおっさんが運転席に座っていたのである。ここで助手席に移動したら、かなりのモノであるが、私が助手席に座り込むと、そのまま車を走り出した。計画通りである。すぐに気付いたのだが、ワイパー部分に駐禁の表ではなくパーキングを運営している人が警告文で挟んだと思われる「パーキングの前に駐車しないで、パーキングに車を停めてください」と書かれた紙が挟まっていた。

どうして、この紙の存在に気づかないのだろう?何事もないかのように車を動かそうとしたから、慌ててストップさせて挟まれた紙を取りに車を降りた。この人、本当に免許をもっているのだろうか?ワイパーに挟まれた紙を見落とすなんて、普通のドライバーではあり得ない話しなのだが。その紙をグズのおっさんに手渡すと、軽く読み流し紙をクシャッと丸めて、後部座席に投げ捨てていた。またひとつゴミ屋敷に近づいたな。と思った。そもそも、会社に来てから本当にすぐに出掛けようとして、路駐をしていたものと思われる。まず、その精神からしておかしい。路駐を切られていてもおかしくない状況なのである。しかも常習的に車を置いているから、そのうち通報されて駐禁をきられる事は、そう遠い未来ではないかと思われる。駐禁で18000円くらい払う事を考えれば、有料駐車場に入れてお金を払っておいた方が安心だし、余計な出費は出ないし、余計なトラブルにもならないし、そもそも無駄に18000円を支払うリスクがある以上、路駐なんてしようと思わないし、流石に本家のグズのおっさんは格が違うと改めて認識した。

運転がトロくて、前方の車間距離が20mくらい空いていて、法廷速度ー20km/hで走行するという、それも交通ルール違反ですよ!と思うような運転をするのは、まぁいいだろう。私が運転しているわけでもないし、助手席に座っていて自分の運転とスタイルが異なることに対して特にストレスも感じない。グズのおっさんの好きなように運転をすればいのである。だが、そんなチンタラ走っていて、バカスカ後ろから抜かれる度に文句を言うのはいただけない。「なんだよ!あぶねぇな!そんなスピード出す必要あんのかよ!」って、その台詞、相手の運転席に届きませんから~、、、残念!!あなたのその怒りは全く無駄斬り!とあの懐かしのギター侍が脳裏をよぎった。無理に斜線変更してくる車にもキレていて、煽り運転まではいかないが急接近したり、割り込みをしてきた車に無駄なパフォーマンスを披露していたが、車にも良くないし自分の精神状態にも良くないし、そんな事で血圧をあげていても意味がないし、そもそも割り込みをしてきた車も、前方との車間距離が十分すぎるくらい空けているから入ってきたわけで、文句を言いながら、後ろにピッタリ引っ付いても、どうせ後ろなんて見てないし、こちらの怒りが伝わるわけもないし、仮にこちらの怒りが伝わって相手が運転席から降りてきたら、ただただ面倒なだけだと思うのだが、そんな無駄な事にエネルギーを使うなら、仕事でエネルギーを発散してくれ!という年下からの切実な願い。

「あ~眠い、昨日さ~、ほとんど寝てないんだよ~、あ~眠い」とか中学生でも言わないような、昨日寝てないドヤッ!って言われましても、、、社会人なんだから、自分の行動は自分で責任をもってくださいとしか言いようがない。そして中央分離線をはみ出しながら蛇行運転。後ろの車のドライブレコーダーに録画されて、翌朝のワイドショーで紹介される動画だ!と同乗者ながら思ってしまった。運転を変わってもらいたいのか、自分は昨日あまり寝ていないから、こんなにフラフラなんだよ~とアピールしているのか、そもそも何も考えていないのか。蛇行運転して事故ろうが、私の範疇ではない。今日、私に運転させるという腹積もりがあったとしても、体調管理をしっかりしていないグズのおっさんが悪いと思われる。どうして寝不足(今日はパーキングで寝てないから)のグズのおっさんのフォローを私がしなければいけないのだろうか?

とはいえ、流石にこの状況を放置しておくのも気が引けるから「ああ、なんなら運転変わりましょうか?」と言ってはおいたが、私がこの車を運転して事故を起こした時に保険が効くのだろうか?効果もないのに、大丈夫だよと言う可能性も高い。どんなに親切心でとった行動だとしても、運転者に保険がかかっていなければ私がすべての責任を負うことになるのである。ちゃんとそういう所まで考えて物事を言ってもらいたいものである。「すぐに変わってくれ」というかと思っていたら「限界がきたら言うよ」と言っていたが、すでに限界かと思われるのだが・・・。

でも、どうやらかまってほしかっただけで、その言葉をかけた後は不思議と普通の運転に戻ったから、優しい声をかけてもらいたいから態度に出すという子供の使う手と同じ事をするみたい。そしてお客さんのところに向かうのはいいのだが、ナビで「右に曲がってください」とか言っているのに、ボケーっと運転していて直進する場面が数えていなくても間違いなく8回くらいはあり、いいい加減私が「次、右に曲がるみたいですよ」と伝える始末。

どんだけ、かまってもらいたいんすか?なので、印西市を中心になかなか辿り着けずに、ぐるぐる回りを回るという謎現象。ここまで来ると、仕事がしたくなくてわざと目的地に辿り着かない作戦をとっているのもと思ってしまう。そして、食べ物屋を通り過ぎる度に、「とんかつおいしよね~、うちの冷蔵庫にさ、分厚いとんかつを入れておいて下味つけたら、おふくろが先に下味つけててさ~」いや、いい!とんかつの話しはいいから、目的地に1mでも近づこうぜ!!そして、ラーメン屋を見ると「昼飯はラーメンもいいなぁ、最近家の近くにラーメン屋ができて」って、このコロナ渦に店舗出す可能性は低いから、5、6年前の事を最近と言っているのだろうってそうじゃなくて!!!昼飯食うなら、店に入れ!!と突っ込みをいれるが、「もう少し近くについたら考えるよ~」と返ってきたが、客先に近づく気はあるんすかね?無駄に時間だけが過ぎていくという生き地獄!とんかつ屋、ラーメン屋、よくわからい定食屋、、、店を通り過ぎる度に飯の話!!!!運転はトロいし口だけだし、無駄な時間だと思い、かなり前から助手席でスマホゲームをずっとやっていることで、無駄な時間を過ごしているという感覚を麻痺させようとしたがスマホゲームも時間の無駄だと思っているから、無駄だった(笑)。

基本的に私とはモノの価値観が違い過ぎて話しが、あまり面白くない。グズのおっさんは食べ物の話しが好きだから、極量食べ物の話しをして、なにか得られるものがあるかと期待するも、一般的な世間話レベル。グズのおっさんは会話が楽しめればいいと思っている節があるが、私は何か得られることを期待している。得られなかった私に力量がなかったと言われればそれまでかもしれないが、あまりに薄っぺたい話しから会話を拾うのも一苦労である。当たり前だが、時計には興味がないし(腹時計で十分らしい)、カメラにも興味がない。ハイブランドにも興味がないし、あれが欲しい、これが欲しいといつも言っているだけで行動はしない。

丼もの、ラーメン、うどん屋、焼き肉ありとあらゆる店を通る度に「あれも食べたい、これも食べたい」と言い放った結果、客先の近くのコンビニでコンビニ弁当を食べ始めたという落ち。「あれれ~、おじさんさっき、焼き肉でもいいか?って確認してなかったっけ?なのにコンビニなの?」と心は子供、身体は大人の私が突っ込みをいれたくなった。が、時間は13時の20分前という、上野から印西市まで高速道路を使って朝9時30分に出て休んでいないのに12時か40分につくって、どういう事なのだろうか?あり得ない。グズのおっさんは「眠い~、疲れた~、もう無理~」とか言いながら、ガツガツとコンビニ弁当とホットドッグを頬張っている。私はパンをひとつだけ買って食べたが、菓子パンは体によくないぞ!

そして納品作業では、相変わらずズボンから半分シャツを飛び出させながら客先に入るし。インストール中は居眠り、そしてインストールが終わり、私がお客さんにレクチャーをしている間、出された煎餅やらお菓子をバリバリ音を立てながら食って、お茶を飲んで、また居眠りして、起きたかと思ったらスマホを取り出して、動画でも見ようとしたのかボリュームがマックスになっていて、大音量で広告のような音が出て、慌てて音を消していたが間違いなく何かしらの動画を音無しで見ようとしいたに違いない。いや、もう車の中で寝ていてくださいよ!邪魔だから!と本気で思ったが、客先で言う台詞ではないから、完全に無視してレクチャーをすることにした。お客さんもグズのおっさんを完全に無視して、私の説明を真剣に聞いてくれたから、とりあえずは問題なく仕事を終えることができた。完全にお荷物以外の何者でもなかったという結末に。

帰りは「俺が運転しますよ」と言うと、「いや~、仕事頑張ってやってもらっちゃたから、俺が運転するよ」と助手席で寝ていればいいものを、気の効いた回答が返ってきた。帰りの車の中で、金を持っていれば幸せになれるというグズのおっさんの思想を聞くことができた。今日の収穫はこれくらいだろうか。金があれば好きなものを買って仕事をやめて、家で引きこもった生活をすると言っていたが、「人と関わりあっていないと廃れたロクでもない人生を送ることになって、それこそ幸せじゃなくなりますよ」と誰もが思うことを言っておいた。「そうかなぁ?」とか言っていたが、こんなわかりやすい、かまってちゃんが引き込もって生活できるわけがない。働きもせずに金をもって、日中から行きつけの飲み屋に入り浸ったりしそうなイメージだが、その前にグズのおっさんがお金をためられるとは思えないし、宝くじも買っていないから実現はしないのだが、ドリフの「もし、~だったら」を頭の中で妄想するのが大好きなのかもしれない。

口に出したら有言実行の私の性格からすると、妄想するだけ時間の無駄なのだが、価値観が何一つあわないから、グズのおっさんとなんとかやっていけているのだろう。

今日一日が全くの無駄だとは言わないが、8割りは無駄な時間を過ごしたと思っている。

-2021年8月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.