2021年9月ブログ ブログ

2021年9月2日 写真撮影できず!

投稿日:

今日は朝から雨が降っている。どちらにしても午後から千葉県長生郡で仕事が入っている関係で車で通勤する必要がある。今日も相変わらず信号待ちで時計の本を読みながら出社した。時計の本は6割くらい読み進めることができた。読んでいて、この時計の本に書かれているポイントをノートに書きまとめたいなと思うようになった。時計の歴史や機能や、特に機械式の時計に関する最低限の知識をつけることができそうだとわかってきたから、読んで終わりにするのがもったいないと感じてきた。本を読み終えたら、この本から得た知識は全て忘れてしまうだろう。私が時計屋になるのであれば、覚える努力はするけど趣味で読んでいるから、覚えようと思って読んでいないし、仮にこの本に記されている知識を得たところで何の役にもたたない。ノートにポイントだけ書いておけば、時計用語が出てきた時なんかにピンポイントで調べることができる。信号待ちに書き写すという荒業が無いわけではないのだが、大変素晴らしい文字になったり、読み返した時に読めなかったりという支障が出そうなので、無駄に時間がとれそうな時に書き写そうかと思っている。書き写すと記すと誤解が生じそうだな。最低限の説明は書くけど、私の場合、一回自分の脳で咀嚼して、自分なりの考えで書くようにしている。学校の教科書の授業のように、要点だけをノートに丸写ししているのであれば、ノートに書き写す意味が全くないと思っている派。もちろん誤解しそうな文章で書くわけにもいかないから、ある程度は丸写しをするけど、そこに自分なりの言葉で書いたり、自分の意見を書いたりして情報を補完するようにしている。「それ、あなたの意見ですよね?」というひろゆき氏を思い出してしまうのだが、私の意見も書くようにしている。中国武漢発のコロナウィルスが市中感染していなければ、間違いなく喫茶店でコーヒーでも飲みながら、学生の如くノートに要点を書き出していただろうが、喫茶店でそんなことをしていたら、たちまちコロナに感染してしまうだろう。なので、自宅で時間のある時にでも書き写そうかと思っている。

今日の午後の仕事は、本来であればグズのおっさんと一緒に同行しての仕事である。正直なところ、グズのおっさんといると、本当に、マジで、心の底から1日を無駄にしたという「グズ時間」が多いから、うんざりというか果てしなく疲れるし、もうネタを収集する必要もないし、そんな気力も無いし、一緒に同行しても客先で寝ているだけだからお荷物以外のナニモノでも無く、ただただ面倒くさいとしか思えなくなっている。もうね、ため息しかでません。でも、奇跡は起こった。

営業であるグズのおっさんは、サポート社員でも契約を持ってこれる既存客へのシステム乗り換えの営業を先月は6本こなすことができていたのである。ちなみに他の営業は新規のお客さんを3本コンスタントに契約を取ってきているが、他人と比べても仕方がないからやめておこう。営業ではないサポート社員で且つ窓際社員の私でも、契約を取る気が無いのに月1本くらいは取れてしまう契約を月に6本も取ってしまった。グズのおっさんの毎月の成績は0本~2本の間で、6本は異例が無いくらいの快挙である(グズのおっさんにとっては)。そこで火がついたのか、自分は社内一の営業マンだと勘違いしたのかは不明であるが、「オレ、納品の時間に他の営業行かなきゃいけないから、オレ行けないわ」と言い出してきた。

おお!そりゃ素晴らしい!お荷物というか子守りをする必要が無くなって助かるよと喉元まででかかったが、さすがに言い過ぎだと思うので言葉を引っ込めた。流石、グズのおっさん!計画性がまるでない(笑)

今日、自分で決めてきた納品の仕事が入っているとわかっていながらも、契約数をあげるという快感を覚えてしまったのか、今までに体感をしてこなかった奇跡に酔いしれているのかはわからないが、ダブルブッキングをするという節度のない行動。とはいえ、一人で行動した方が移動中に録り溜めたラジオをゆっくり聞くことができるし、毎回、過去の同じような無駄話しを聞かされなくて済むし、仕事を終えた後、自分のペースで1998年のトラウマの足りない写真を撮りにいくことができる。話しは脱線するが、グズのおっさんと車の中で話しをしていると、毎回の如く、過去に会社にいた営業の人の話しになる。

「キムキムは今、何してんのかな?」知るか!ボケ!そんなの考えたところで何の意味があるんだ!

「キムキムがさー、オレが入社した時に、ライバル会社の回し者だって言ってきやがってさー」はいはいはいはい、もうその話しは30回以上聞いてますよ。いつまで過去を引きずるというか、そんなことを都度考えたり思い出したところで何がしたいんすか?

「あいつさー、大塚!あいつ、ほんとにやる気がなかったよなー」って、そんな大昔にやめてしまった営業の人のやる気を今さら引き出して何の意味があるんだよ!ホント意味が無さすぎてウンザリする。「でも、大塚さんは日曜日に私に報酬を払ってまで営業の勉強を聞きにきましたよ。なので有料で1日講習をしましたよ」と伝えると、「へぇー、やる気はあったんだぁ」って、グズのお前よりも10000倍はやる気があったというか、そういう空気を読めないのかよ!人の表面でしか判断してないから、私が会社で遊んでいるだけなのに給料もらえていいなーとか言ってしまうんだよ。本質までとはいかないけど、人を表面だけで判断して決めつけて他の人に「あいつはさー」とか言ってないで、もう少し考察してみましょうよ。そんな事だから新規の営業が取れないんですよ!と喉元まで、でかかったが流石に言い過ぎだし、言っても理解できないだろうから言葉を呑み込んだ。

雨が降るなか、ラジオ番組を聞きながら予定の時刻に納品作業で客先に訪問をした。できるだけ早く終わらせて写真を撮りにいこうかと思っていたのだが、ディスクトップPCで、ややトラブル発生。セキュリティが高すぎてハードウェアとの通信がブロックされてしまうのである。開発元とも連絡し合い解決を試みるも、解決せず。ファイヤーウォールでポート番号ダイレクトに通そうとしてもダメ。全体的なセキュリティダウンをするわけにもいかず、数時間頑張ってみたが諦めることに。担当者も私の動きを見ていて、ここまでやっても現状でできないなら仕方がないと言い、代わりのノートPCを持ってきた。これは高セキュリティが組まれておらず、すんなりとインストールすることができた。計2台のPCにインストールをして、既存客なので簡単な説明をしてトラブルなく終わることができた。今日はグズのおっさんがいなくて本当によかったと思った。私がトラブルで右往左往している時に、間違いなく椅子にドカッと座って両腕を組ながら、イビキをかいて寝ていたに違いない。担当者も嫌な気分になるに違いない。それなら最初から車から出て来ないで、車のなかで寝ていてもらった方が私にとっては大助かりである。移動中は助手席で食って寝て食っては寝て、起きている時間は昔のどうしょうもない話しを永遠として、帰りは助手席で元気になってお菓子をバリバリ食べて、どうでもいいクソ話しをし始めるという、「ここは地獄ですか?ああ!これが生き地獄の入り口でしたか」みたいな、そんな耐えがたい状況に陥るくらいなら、最初から一人の方が楽なんてもんじゃない。なので、グズのおっさんと納品の仕事に行く人は、かまってちゃんのグズのおっさんの「ねぇ~、一緒の車で行こうよ~」という誘いを断固として断り、別々に行動する。特にグズのおっさんより立場が下の人は、間違っても一緒に行動はしないのが暗黙のルールとなっている。どうやら偉そうに説教したりするみたい。最悪である。

そんなトラブルに対処していたら、時刻は17時になろうとしている。さらに雨が強まっており、撮影する気分が全く起きなくなった事は書くまでもないだろう。傘をさしてもカメラは濡れるだろうしレンズも濡れる。夕方だから国道は混むし、転々と移動するのも面倒である。テンションガタ落ちですよ。なので、今日はおとなしくラジオ番組を聞きながら自宅へ引き返すことにしたのだが、この先どこで撮影のチャンスを狙うかが肝であり、そのチャンスを自らがつくっていく必要がある。撮影したいのは、東金と成東と八街である。この付近に仕事をブチ込んで、且つ晴れた日で車にロードバイクを積んで行くという、完全なオフモードでチャレンジしたいと思う。

-2021年9月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.