2021年9月ブログ ブログ

2021年9月11日 ようやくロードバイクに乗れた

投稿日:

今日は土曜日だが、出社をしなければいけない日である。本来であれば、会社へ行って9割の時間を創作活動に割くのが通常ではあるが、溜まっているタスクを解消しなければいけないから、今日は会社へ行ったらアマゾンビデオでも見ながら、溜まっているタスクをせっせと進めなければいけないのである。仮に今日が休みだったとしても、自宅で同じ作業をするだろうから、正直なところ自宅にいても会社に行っても同じことではある。

自宅よりも会社の方が集中できるという人が少なくないことは見聞きして知っているが、私の場合、会社にも遊び道具を多く置いているから、自宅にいても会社にいても集中力が続かないのは同じなのだが、さすがにアマゾンビデオを見ながら作業を進めると、他の事に注意が向かなくなり、いつもよりも集中して仕事をすることができるという不思議な術を使っている。ここ最近は雨が続き、どうせ今日も雨だろ!と諦めていたら、あまのじゃくなのだろう。何となく雨が降りそうな感じの曇り空である。スマホで時間ごとの天気予報を見ると、日中通して雨は降らないみたいである。しかし、私が自転車に乗ると、天気予報すら覆す結果になりかねないのだが、ここ最近ずっと自転車に乗れておらず、ロードバイクに棚が倒れてきて以来、一回も乗っていないから、とても心配なのもあり、今日は久しぶりにロードバイクで通勤することにした。本当に、最後に乗ったのはいつの事なのか手帳を見ないと思い出せないくらい乗っていなかった。時計はGSでは無く、さすがにGarminにして出発!。

久しぶりにロードバイクに乗ったけど、やっぱり楽しい!。ブレーキをかけたり、急発進したりしてロードバイクに負荷をかけても、とりわけ問題はなさそう。でも、内部が弱っていて、ふといきなりカーボンが割れたりしなくもないだろうから、一回カーボン修理屋に見積りでも出してもらおうかと思っている。試しに48km/hまでスピードを出してみたが、後輪がよれたり変な感じはしなかった。

会社に到着して、いつものように手帳整理から入り、今日終わらせるタスクを決定してからは、アマゾンビデオでコナンを見ながら、ひたすらデータ調査。12時過ぎくらいまで集中して作業をして、今日の目標としていたタスクを終わらせることができた。ひとつの仕事を終わらせるための調査なんだけど、これが終わっていると約8割はタスクが終わったのと同じくらいになり、あとは単調な入力だけの作業になる。なので、残りは来週に回し、午後からはヨドバシ秋葉に会社で使うメディアの支払いに向かう。もちろんGRとLeica M3を持っての移動ではあるが、流石にM3で撮るような写真は秋葉原には無く、GRでブレッソン並みに瞬間的作品を撮りながらの移動となった。ヨドバシに来たら、まずは有隣堂からというのはお約束で、アウトレット商品からトラベラーズノート、モレスキン、雑誌の一通りのチェックをしてから、ゲームコーナーでゲームや新作のチェック、家電のチェック、時計とカメラのチェック、ビジネスバッグとかのチェックを済ませてから本題に入るという、売り場が広いだけに目的地に辿り着くまでに異様に時間がかかるのである。逆に寄らないコーナーを書いた方が早いんじゃないかと思うくらい色々と立ち寄っては商品を眺めたりしている。そして会社に戻ってきた頃には帰社時間になっているというパターン。窓際社員は、既に諦められている存在であり、得に期待もされないから誰にも咎められる事は無いのだが、まるで幽霊か空気みたいな扱いだから自由はあるが、それはそれで悲しいという感じ。でも、一人の方が落ち着くし、誰からも干渉されない方が色々と動きやすいからいんだけどね。そもそも、この手のポジションについてみたいという心の奥底の願望が、今の現実を作り上げているはずだから、誰からも相手にされないけど自由に動けるという、杉下右京かよ!!!みたいなのが良かったと思っているのかもしれない。うん、給料は安いけどその方がいいな。寂しい人だなぁとか思わないように(笑)。いや、思ってもいいんだけど哀れまないように!

帰りもロードバイクで快調に帰ってくることができた。相変わらず4号線の(安そうな)クロスバイクに乗った人なんかは信号を守らずに運転をしている。いつものように、私が普通にチャリを漕いで追い付く。信号無視をするから私を抜かしていく、青になり運転はトロいから抜かす。また次の信号で止まっていると信号無視して私を抜かしていく。という事が4号線では多い。信号も多く、すぐにひっかかってしまうから、度々こういう出来事があるのだが、自分のために交通ルールは守ってもらいたいものである。自転車の場合は、教習も得になく免許制度もないから、軽い気持ちで信号無視をするのであろう。赤で左右を見回して、人も車も来てないから問題ないじゃん!っていう気持ちもわからなくはないのだが、この世の中からルールを無くしたら、そりゃあもう一瞬で世紀末状態になるだろう。それとこれとは話は別というのはわかるのだが、むずかしい表記になるが、私の場合は交通ルールも守れない人と思われたくないし、自分でもなんだか嫌なのと、自分の身を守るために交通ルールを守っている。結局は自分のためなのだが、なかなか伝わらないみたいである。自分が被害者になるのであればまだマシだが、加害者なんかになったら最悪である。加害者にならないのも、自分を守るための部類に入るんだけど、攻撃は最大の防御なりというイニシエの言葉もあるように、攻撃をするのであれば防御なんて考えなくても良い。ではなく、相手に攻撃をする隙を作ることなく攻める、もしくは相手の攻撃を拳や蹴りで凪ぎ払う。のいずれかにあたるのだが、私の場合はどちらかというと後者の方法を取っており、わざと隙を見せてはカウンターというより、相手の蹴りを肘でブロックするとかやってたな。なので、防御はきちんとした方がいいのである。

夜は自宅で久しぶりにタルボギターの弦の張り替えをした。1年以上は放置していたから、弦が錆び付き、本体には埃をかぶっていて、とても可哀想な状態に。ジャガーも弦が錆びついていたけど、ジャガーはまた今度にすることにした。どちらにしても、現段階ではひたすらスケール練習しかしないつもりだから、車に1個、自宅に1個のギターが弾ければ、今はそれでいいのである。なんともったいないことか、Martinのアコギも放置した状態になっていて、ネックは曲がっていないのは確認したけど、やはり弦は変えた方がいい状態になっていて、コードをきちんと押さえる練習をするには、アコギはうってつけの楽器であり、もしかしたら練習のために弦を張り替えるかもしれない。しかも音がうるさいから、常にミュートをした状態で弾くことになり、大昔に挫折してしまったミュートの練習に再びチャレンジするのも悪くはないだろう。エレキだと、それなりにミュートっぽい事はできるけど、演奏中に不意にミュートをしたりするのは苦手。最初から気張っていればスタンバイできてきるからできるよ!みたいな感じ。いや、やっぱありゃあミュートじゃないな(笑)。

-2021年9月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.