2021年9月ブログ ブログ

2021年9月13日 新たな運動を取り入れてみた

投稿日:

今日は月曜日なので、会社に到着して間もなく、先週の振り返りをしてみた。もちろん、先週にうまくできなかった事を踏まえて、今週の行動目標を決定してくための大切な行程ではあるのだが、これがもうね、毎週のごとく運動量が少なすぎて困る。同じメニューばかり繰り返していて、筋肉も飽きているだろうし私自身も飽きてしまっている可能性はあるのだが、毎日行おうとしていた運動が週始めの月曜日と週終わりの日曜日の2回しかやっていないのである。平日は何をしていたのかというと、酒を飲んで寝落ちしてしまったり、本を読んでいたら寝落ちをしてしまったりと寝落ちパターンが3日くらいあった。毎日行おうとしている運動は大したことがなくて、正式な名前は忘れてしまったのだが仰向けで両足を90度にあげて床スレスレまでゆっくり下げて腹筋に負荷をかけるやつを30回にブリッジみたいなやつ(尻と太もも強化)と腕立て30回と、なぜかここでプランク1分間と気合いをいれた右左の正拳突きを30回と気合いをいれた左右の前蹴りを30回とコンビネーション技の練習くらい。時間にすると15分かからないくらいの軽運動であり、運動しなれている人なら準備運動にもならないレベルの運動なのだが、今の私には丁度いいかな?というくらい。なので、飽きてしまっているかもしれないが空手の技の切れ味を落とさないもしくは復活させるためにも毎日行う必要があり、バキに出てくる独歩も毎日空手の基礎練習をやっているとかいう描写が初期の頃にもあり、やはり基本練習は毎日続けるべきであるという、別に独歩ファンでも大山派でも極真でもないのだけれども、あの台詞は学生の頃に見てから忘れられない台詞なのである。先週は雨の日が多かった印象だが、1万歩オーバーの散歩を2回することができた。コロナが市中感染してから昼間の散歩をしなくなってしまったのだが、やっぱり歩くのは非常に気持ちがいい。そう思えるのは、以前よりも1日の歩数が減少しているからであろう。中国武漢発のコロナウィルスが市中感染する前は1日に1万~2万歩数くらいスコアを叩き出していたのだが、ここ最近のも含め1日の平均歩数は6千歩前後くらい。それと土曜日にロードバイクに乗れたのは非常に良かった。今月初ではないだろうか?今月のロードバイクの走行距離目標は200kmと設定しており、雨が続いたり乗るタイミングがなかなか無くて距離を稼げていないから、今月後半からは巻き返せるような動きをしていこうか。ちなみに走行距離を稼ぐという事は有酸素運動を多くするという意味である。無駄に走行距離を稼ぐという目的ではないという事を念のために記しておこう。先週にできている事はそのまま継続すればいいだけの話しなので、出来なかったところをポイントに記していくが、創作活動が全くダメで全くできておらず、このブログは創作活動を主に記していきたいなと思っていたのに、全く面白くない日常ブログに成り下がってしまい(最初からそうかも)、まったく面白くないというのが正直な感想である。先週と先々週は外出が多く、その間に溜まりに溜まったタスクの残務処理に終われ過ぎて、データ作成中の片手間にスマホゲームを進めることはできたのだが、肝心の創作活動がまったく進んでいないどころかブログですら3日遅れとか、えっ!?スマホゲームやれたならブログくらい書けるじゃない?ともっともな意見を自分に言ってしまう始末。創作活動ができなかった代わりに、溜まりに溜まっていた残務タスクの8割方終わらせることができたのは大きな成果というか結果ではあった。来週辺りから反撃に転じたい。そう思っている時は書く気満々で塞き止められていた水が流れ出すが如くの、怒濤のキータッチを自分に望むことにする。1998年のトラウマの写真も取りにいけていないしモヤモヤしている。

当面の大きな問題は、なぜ毎日運動ができないのだろうか?というのが1年以上に渡り、悩みに悩み続け、色々な手法を取り入れたり、変えたりしてあがいてきたお題目である。一時期はうまくいくのだが、2週間もたずに、また毎日の運動ができなくなってしまう。筋肉痛になり、今日は筋肉を休めようというところまでは正解だと思うのだが、そこからまた運動が途切れたりしてしまうのである。やればいいってものではないのだが、軽い運動はこなしたいというのが本音であり、それならば1週間のプログラムを組めばいいじゃないということで、その手の事は色々と試してみたが続かなかったのである。誰もが経験している運動あるある話しのような気がしてきた。

そして、今日も残り少なくなってきたタスクを片付けながら、片手間に情報収集を行っていると、ふとニンテンドーSwitchのFit Boxing2の記事が目に止まった。そういえば、この間本体を購入しに行った時にも、このソフトが気になっていたなというのを思い出した。でも、どうせ私のような重荷重をかけたいと思っている人にはモノ足りず、昔の言い方をすると(現代では差別用語だ!)女、子供が遊ぶモノだろうと。現代では女、子供が遊ぶ程度とか、そんな軽視をした言い方は聞かないし、誰も使わないし、昭和のオッサンくらいにしか伝わらないイニシエの差別用語であり、有名な人がこんな台詞をSNSにでも書き込もうものなら、数分で大炎上すること間違いなしの死語でありキラーワードでもある、誰ひとりとして得をしない言葉を使ってみた。昭和のオッサンは、そういうイニシエの言葉をつい使ってしまうのである。平成以降の人には全く関係のないワードである。

そんな感じで甘く見ていたのだが、色々な人のブログをみていると、これは楽しそうだ!という感情に変化をした。鬼モードもあるみたいだし、難易度を変えたり、日によって軽い運動に変えたりもできるみたいだし、トレーナーも多いし、これなら飽きずに運動できるかも!でも、バキバキの身体というよりはダイエット目的が強いなという印象。まずはこのゲームで贅肉を落としてからの、ハードトレーニングに切り替えるという思考で、FitBoxing2を散歩がてらヨドバシ上野に購入しに行った。

早速、夜にプレイしてみると、なかなか楽しい。構えは残念ながらボクシングスタイルを取るのは難しく、いつものジークンドースタイル。バーチャファイター2のジャッキーブライアントの構えとリズムだね。ちなみにコンボエルボースピンキックは大昔にかなり鍛え込んで、実際に出すことができるようになった。サマーソルトキックは無理。あとはラウンドキックとかフェイスクラッシャーは危険だからやらないけど、27年前くらいの時にはジャッキーブライアントの大影響を受けていたな。それ以来、構えと動きは空手とジークンドーが混ざったような癖がついてしまった。今日は4項目くらいのトレーニングをしてジャブとストレートとフックまでプレイすることができた。このゲームなら当分は続けらそうである。飽きてしまったら、また運動が止まってしまうかもしれないが、そのときはまた対処法を考えようと思う。以前のように強制的に会社まで走って出社し、帰りも自宅まで走るとか強制的にできればいいのだが、さすがに厳しいなぁ。って、そんな自分に甘いから運動が続かないのである。

昭和のオッサンは根性論が大好きなのだが、自分でそれを受け入れられるかというと自分には甘いのが昭和のオッサンだが、これは昭和後期のオッサンの行動であり、昭和初期のおじいさんは乗り越えてきた環境が違い過ぎて、きっと己に厳しい人が多いのかなぁ?という勝手な憶測(笑)。

-2021年9月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.