2021年9月ブログ ブログ

2021年9月23日 書斎兼事務所を片付けた

投稿日:

今日は、祭日で会社は休みだが、生活リズムを崩したくない私は、いつも通り朝5時に起床。そこからいつも通り代わり映えしない体重を計ったり、血圧を計ったりのいつものルーティンをこなし手帳の整理をした。休日だろうが出社していようが、基本的に行動はどこにいても同じであり、正直なところ私のなかでは祭日、平日、休日のどれでも構わないが、会社に行く手間が無いのは若干楽に思えるかもしれない。どうして、そんな思考になるかというと、結局は祭日でも平日でも休日でも、どこでも何でもやっている事が全くと言っていい程変わらないからである。会社にグズのオッサンではなく、クズ思考の社員が一人いるのだが、以前から不思議に思っていたのだが、彼は何が何でも連休を長く作ろうと、あれこれと手をつくし4連休にしたり、寝坊して出社しなかったりするのだが、どうして連休を何が何でもとりたがるのか疑問に思っていたのだが、平日は普通に働いているから、連続して働かない日を作りたいのか、自宅で女と連日イチャついて生活したいのか、朝から晩まで酒びたりになっていたいのか、それら全ての理由で連休をとりたがっているのかはわからないが、どうやら毎日働いていると連休をとりたくなるのが日本人というものなのだろうか?私は窓際社員が故に、働いているのか遊んでいるのか、よくわからないスタンスだからそう思うだけであって、勤務時間を毎日キッチリ働いていたら、きっとどんな手を使っても連休を取ろうとするのかもしれない。どちらにしても私はクズだと思う人とは接点を持ちたくないと思っているから、どうでもいいことではあるのだが。いや、私がクズという疑惑もあるな。

今日は、前回に中途半端になっていた書斎兼事務所を私が理想と思っている状態に近づけるため、長テーブルの撤去や模様替えや、不要なモノを容赦なく捨てるという作業を午前中いっぱい行うことにした。捨てる本の選別中に、つい本を読んでしまうというお約束をしながら、ゴミ分別が難しい小物の選別やら、大幅にレイアウトを変更なんかをしたりして、私が理想としている書斎兼事務所に変更することができた。

特に大きく変わったのは、長机の撤去であり大きなひとつの家具を撤去することにより、大幅に部屋が広くなった感覚に陥った。そしてその長机の上に設置していたDTMコーナーのタモロックスタジオをより広いガラステーブルの上に展開をすることにより、広い空間でより自由に作曲というかレコーディングというかDTMに没頭できる環境を作りあげる事ができたのはいいのだが、現在は音楽製作活動が止まっており、現時点においてはあまり意味はないのだが、音楽活動を停止している間も、キーボードの基礎練習とギターの基礎練習はかかさずに行っておきたい。なので、時間があるときに楽器をさわるという点においては、大きな意味があったのではないかと思っている。本格的にタモロックを再開するのは来年以降になる予定だが、間違いなくタモロックは復活して(名前変えるかもしれんが)、以前よりもパワーアップした作曲製作をしていく事は間違いない。

時間やタイミングがあれば、今すぐにでも作曲をして楽しみたいと思っているから、写真作品集や小説を出版する事に飽き始めてきて、居間よりももっと創作スピードが落ちてモチベーションが落ちた時に、音楽活動へ移行するような方針。現に、タモロックをガシガシ活動していた時には、本や写真集を出していなくはなかったが、現在のような狂ったペースでの創作はしていなかった。音楽活動にかまければ小説や写真作品集の手は止まっていたが、現状はどうしてこうセッカチなのか自分でもわからないが、何でも同時に素早くやりたいと思ってしまう。

時間をかけてジックリと仕上げるのも必要な事だし、そもそも慌てて作るものでもないし、趣味の範囲だから締め切りもない。自分で変に締め切りをつくってしまい、自分の手で自分の首を閉めるという、昔ならではのジャンプ漫画みたいな事をしているが、一回どこかで精神を落ち着かせてみたいと思う。また、壊れ始めているのだろうか?丁度、去年の今の時期くらいから壊れ始めて、正常に戻るまで半年くらいかかったが、精神がぶっ壊れてよかった部分と悪かった部分があり、よかった部分の一部は今でも継承できている。壊れるにしても、必ず自分にプラスの要因を引っ張ってくるのが私のやり方なので、もしまた壊れ始めているのであれば、悪い部分は忘れて自分にとってプラスになる部分だけは取得していこうか。ちなみに、精神的にやられてかなり神経質になった。少しの汚れが気になって、常に机の上を除菌シートで磨きあげ、机の上に置かれた固定電話のわずかな溝の汚れも毎日拭き取っていて、正常に戻った現在は、そこまでの汚れは気にならなくなったが、以前よりは自分の回りの整理整頓や清潔に保つ習慣が身に付いた。壊れている時は、異常なほど、常に机を磨いていたな。おかげでとてもきれいになったが。

昼過ぎからは、いつものFit Boxing2の鬼モードでダッキングを交えたトレーニングが出てきた。ジョイコンを下に振ることでダッキングができたと判断しているようだが、私はガチで鍛えるためにFit Boxing2を購入している。なので、截拳道スタイルの構えから連続ダッキング、ジャブ、ダッキング、ジャブ、ダッキング、ダッキングみたいなのを左右連続で行っていたら、かなり足を鍛えていると思っていた私の足が崩壊した(笑)。

もうね、プレイ中から足がシンドイ。めちゃくちゃキツい。軽いダッキングではなく、空手でいうと騎馬立ちくらい腰を連続で落としたりあげたりしていたから、足腰にかかる負担が半端ない。後日談だが、これのせいで3日間、筋肉痛で階段の登り降りがヤバいくらいにキツかった。ゲームとは思えない、想定していた以上に身体が鍛えられるかもしれない。あんなに腰を落として連続ダッキングするバカは他にいないだろう。ロードバイクで信号間を連続疾走するストップ&ゴーや、毎回階段で6階まで上ったり、低い場所からモノを取る時には常に騎馬立ちで腰を落としてモノをとっていたりしていたから、足には自信があったのだが、まるでフルマラソンを走り終えた時と同じくらいのダメージが足に残った感覚。これを続けて、筋肉痛にならなくなった時、私の足腰は大変に強化されたものとなり、どれだけの勢いで自転車が漕げるようになるか楽しみである。無理し過ぎて足を壊さないように注意したい。何事もやり過ぎは禁物である。

その後に少しだけ変態小説を書き進めることができたが、たいして進まなかったという残念な結果に。それにしても今月は創作活動が乏しいから、もう少し力を入れていきたい。

-2021年9月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.