2021年9月ブログ ブログ

2021年9月24日 色々と考えさせられる日

投稿日:

今日は晴天である。今日は昼過ぎから、少しいい加減な営業の人と千葉県の柏市で仕事の予定が入っている。ここのところ外ばかり出ていたし、連休で社内にいられることが少なかったから、今日くらいは1日社内で残務処理やら創作活動やら情報収集でもしたいなと思っていたが、そうはいかないみたいである。今日もいつも通りの車通勤で、再びGRの本を読み終えてしまったから、読みかけになっていた時計の本を信号待ちの時に読み進めた。会社の駐車場に到着後、5分くらいしか時間がとれなかったが、車の後部座席に鎮座している私の愛機であるピグノーズのミニギターを使い、ギターのスケールの基礎練習を行った。これは飽きても毎日続けていく必要があると思うし、たまには好きな曲のギター部分をコピーしたいかなぁという感情が出始めてきた。もう少し練習したら、時おりタブ譜でも見ながらコピーでもしてみようかと思う。

今日は午前中しか会社にいることができない。昼前には、少しいい加減な営業の人と車に同乗してシステムの納品先の業者に向かわなければならない。なので、かなり行動を厳選する必要があり、まず私が何から始めたかというと、まず大優先の手帳の整理から始めることにした。これをやらなくては1日が始まらない。あり得ない話しではあるが、もし仮に私が自宅に手帳を忘れてしまい、手元にいつもの手帳が無かったとしたら1日が始まらないだろう。もちろん手帳が無くても、自分がやるべきことは把握しているし、自分の考えで動くことは容易にできるから手帳が無くても生活というか業務というか、自分のやりたい事に支障はたいしてないのではあるが、精神的になにか足りない状態が1日続くに違いない。それだけ常に一緒にいる手帳の存在感は私が気付かない間に、大きな存在になっていたのである。これが同じようにギターやキーボードでも大歓迎であり、常に毎日触り続けて、今以上の愛着をもって接したい。それで楽器の腕も上昇すれば文句言うことなしである。あとカメラも。

手帳整理を終えたあとは、先日いただいた個人事業の1案件のタスクを行った。本当にいつも仕事を私に振っていただきありがたい話しである。2時間くらいで依頼のデータを仕上げることができ、最終チェックを行った後、依頼人にメールでデータを納品して、個人事業の仕事を終えることができた。この方との契約は、まとめて請求方式をとっており、ある程度の金額になるまで仕事を受け続け、ある程度の金額になった時にまとめて請求をさせていただくという少し変わった方式をとっている。他の会社の方も同じで、基本的に信頼関係で繋がっているので、常連の方に限るが私の場合、すぐに料金を請求をする事は稀である。先週も4案件仕事をいただき、今週も1案件仕事をいただき、すべてパーゲクトに依頼をこなしてきており、半年分くらいの未請求案件が溜まってしまったので、あと30分で請求書を作成すれば、今日の私の午前中の社内における行動はパーフェクトだなと思っていたら、いつの間にか会社を出ていったグズのオッサンから会社に電話がかかってきた。

おいおい、私は今から請求書を書いて、出掛ける時に請求書をポスト投函するのだよ、私の邪魔をしないでくれたまえと思ったが、流石にそういう訳にもいかずに、グズのオッサンの電話を取りついだ。どうやら、グズのオッサンは客先からスマホで会社に電話をしてきたみたいである。あのグズのオッサンは見栄なのかわからないが、客先から無駄に会社に連絡を入れて、誰かに調査とかリース契約の状況とか他力本願的な事をすることが多い。むしろ要領が悪くて、そんなの会社に訪問する前に調べておけよ!釣りとか遊びの時には用意周到だけど、仕事になると要領が悪すぎて同じ会社の人間と思われたくないと思う時がある。かなり厳しい書き方だが、私の場合はグズのオッサンに容赦はない。で、そのグズのオッサンがわざわざ電話で依頼してきた内容が、「過去の案件のあれとそれとこれが関わっている資料を調べてSkypeで送っておいて」というものであった。ここではあまり詳しく書かないが、公の資料であり、会社内にその資料が無くても東京都のホームページから件名を入れて、その資料をダウンロードする事もできるのである。

緊急性があるならまだわからるが、Skypeで送っておいてと言っている以上、今すぐに使う資料でない事は明らかである。しかも、客先から、そんなくだらない自分でも調べられる電話をしてきていると言うことは暇なのだろう。どうせいつものように客先で暇をもて余している時にスマホで動画を見ているんだから、そんなスマホで動画を見ている暇があるなら、スマホで東京都のホームページに入って、スマホから調べろよ!と思ってしまった。スマホを仕事道具として使ったことがないのか、弱虫ペダルとくだらないYouTuberの動画を見るためだけのスマホなのかもしれないが、グズのオッサンが知りたがっている資料は東京都のホームページで公開している。本当に頭が悪いな。と、いうよりグズ。わざわざ客先から依頼してくる内容でもないし、客先で自分が忙しそうに働いている有能な営業マンに見られたくて、わざわざ無駄な電話をしているのであれば、まずは背中から半分飛び出しているシャツをズボンの中に入れて、ケチャップや食べこぼした油が染み付いている小汚ないネクタイを新品のものと交換し、シャツの首もとのボタンをしっかりと止めて、サンダルじゃなくて革靴をはいて、ダルそうなだらしない格好をしないでシャキっとしたらどうなのかね?と思ってしまう。どうしてグズのオッサンはいつも私の計画を邪魔するのだろうか?かなりの嫌がらせではあるが、10歳も年上で私よりも間違いなくだらしなく、営業車や自分の車の中はゴミ箱同然で常にフラフラしながら歩いたり、眠い、ダルい、ツラい、やる気がないと言いながら蛇行運転している姿を思い出すと、突っぱねるのも可哀想かなと思ってしまい、今回だけはグズのオッサンの知りたい内容を聞いてあげて10分で全ての資料を調べあげてSkypeで送ってやったが、多分というか間違いなく見ないだろうな。それくらいわかる。客先で会社の人間に指示を与えるというか、私はこんなに忙しいんですという無駄なアピールをしたいだけというのもわかっている。まず容姿から整える必要があるのだが、もしかしたら忙し過ぎて小綺麗な格好をしている時間もないんですよアピールでもしている、、、とでもいいうのであろうか?ここまでくると都市伝説レベルだな。

そんな訳で、請求書を本日作成することができなかったから、また来週にでも作り上げることにするとして、少しいい加減な営業の人と柏市まで車で移動。仕事やグズのオッサンの話し、漫画なんかの会話を楽しみながら移動し、訪問先での仕事は問題なく完了することができた。少しいい加減な営業の人は、納品仕事が終わった後は、私を最寄り駅まで車で送り、自分はそのまま帰宅するというパターンが読めていたので、今日の私の装備はドンケの鞄に、Leica M-Dとポケット手帳と財布というシンプルな構成で会社を出てきた。あと、GRⅢも腰のポーチにいれてある。どうせ帰りは柏駅で降ろされて会社まで電車で戻る羽目になるという予想は的中した。柏駅付近をウロウロするのは初めてなので、もしかしたら良い写真が撮れるのではないかと期待してカメラを持っていったのだが、ほとんどGRⅢでの撮影となってしまった。M-Dで数ショットは街並みをスナップしたが、どちらかというと粗いモノクロで撮るGRⅢの方がシックリくるような気がした。

それと、柏駅付近は人が多いのはいいのだが、GRⅢを片手に持ち歩き、M-Dは撮る時だけドンケの鞄から取り出していたんだけど、被写体を探すのにウロウロしていたせいもあるかもしれないが、気のせいか通行人から不審な目で見られているよな視線を感じ続けた。柏市というか柏駅付近にカメラマンは存在しないのかもしれない。そんな事を気にしていたらスナップ写真は撮れないし、警察に通報するなら別にそれはそれで構わないのだが、今でも少しわからないのが、スマホにカメラが付いて、年々カメラの画質もよくなり、みんな大好きなiPhoneも3眼カメラになってスゲーとか世間では大騒ぎして、インスタ大好き女子とか多くいるなか、スナップ写真を撮影していると不審な目で見られるというのは、よっぽど私が怪しく見えたのか、もしくは私が不細工で醜い見た目をしているから不振な目で見られたのか。イケメンがスナップを撮っていたら、誰も気にしないのはわかるし、人は見た目で99%その人を判断するとは言うが、この先、私の姿を見たものは全員が不審な視線で私を見るのかもしれない。もしくは、昨日も書いたが私の精神がまた壊れ始めてきているのか。

これだけスマホカメラが普及して、カメラというものに対してオタクや犯罪予備軍、異様な性犯罪者扱いされにくくなった現代に、カメラを使って撮影するのが好きというか、カメラ自体に理解を示している人は1000人に1人くらいの割り合いくらいしかいないのかもしれない。以前から不思議だったが、新型カメラが品薄、たくさん売れていいるしフィルムカメラも若者に人気!というのはカメラ業界が売れないカメラを必死に売ろうとして拡散しているデマだとしても、スマホカメラが一眼レフみたいに背景もボカして撮れるスゲースマホがiPhoneなんだ、iPhone以外のスマホカメラはクソでゴミ同然だしiPhone使っていないと周りからバカにされてハブられるよ!と言っている人は、そのご自慢のiPhoneのきれいな画質で撮れるカメラで、どれだけの枚数の写真を撮っているのかを全国調査してもらいたい気分である。もしくは、逆にスマホで写真を撮っていないと異常者と思われるのかもしれない。

浅草や上野をよく散歩するが、9割以上の人がスマホを使って写真を撮っている。稀に若い人が首から一眼デジカメをぶら下げている人を見るが500人に1人くらいだろうか。時代にそぐわないLeicaを使っている人と遭遇した事は1回くらいしかないから、恐らくはLeica使いは100000人に1人いるかいないか。真・女神転生であれば魔神と遭遇する以上に確率の低い話しである。まだパソコンには取り入れていないが、柏駅周辺ではカメラという文化が無いのか、もしくは余所者に対しては厳しい目で見るのか、もしくは私のような見た目ができ損ないの人には厳しいのか、韓国化してきているのかはわからない。喧嘩を売っているわけではないのだが、私は初回で柏が嫌いになった。地元民か、カメラはスマホを使う人か、見た目の容姿がいい人しか歓迎しない町なのかもしれない。

-2021年9月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.