2021年9月ブログ ブログ

2021年9月30日 雨情報に振り回されすぎた

投稿日:

今日は朝は晴れているからロードバイク通勤をしようかと思ったのだが、時間天気予報を確認すると午後の一部が雨なのはいいのだが20時から雨予報に。会社から帰る時間ピンポイントに雨が降るという情報で、ロードバイク通勤を取り止めて車通勤することにした。ここ最近、朝は晴れているが昼過ぎから天気が悪くなることが多いような気がしなくもない。まるでグズのオッサンみたいに、スタートダッシュはするけど、中だるみからの最後は全くやる気がなくなってしまい息切れしてしまう、まるで天候がグズだなという感想。ペース配分できなくてスタートダッシュで最初だけは元気だけど、すぐに疲れて元気がなくなってしまうのと同じ感覚に思える。頼むよ、ホントに!。

結果を書くと、確かに会社の帰りに車のフロントガラスに、ほんの少しだけ雨がかかって、路面が濡れるとかというレベルじゃなくて、下手をしたら雨が降ったことに気付かないレベルの雨が降った。雨が降るか降らないかという事であれば、確かに雨が降ったから天気予報は正しかったわけではあったのだが、これならロードバイクで通勤できたよねと思ってしまった。どうしても私の邪魔をされてばかりいるものだから、ひねくれた考えが先行してしまうという、ひがみ根性は直ちに捨てよう。絶対に自転車に乗れないタイミングにしか晴れないんじゃないかと思っている。天候にフェイントをかまして、騙す事ができないものであろうか。絶対に自転車に乗れないタイミングに強引に自転車に乗るとか、それくらいしか手がないかもしれない。そんな細かい事を逐一考えているから、またおかしくなってきて、丁度一年前も壊れていて、とにかく身の回りのモノや机が綺麗になっていないと気がすまなくて、常に机を磨き続けたり、モノを磨き続けたり、神経質に汚れに敏感になっていて、心の病が完治すると汚れは気にならなくなり、今までと同じ生活をすることができていたのだが、ここ最近、また汚れが気になって机をゴシゴシと磨いてしまう。机の上に置かれた電話機の受話器を置く部分に掘られているスリット状に溜まった僅かな埃も気になり、隙間という隙間も磨きあげるようになってしまった。去年はM:rderを書いていておかしくなり、今年は「変態本」を書いて精神的におかしくなったとでも言うのであろうか。会社にいるクズ男と、そのクズ男と付き合っているヤリマン(あだ名)の社内で行われるイチャつきプレイでおかしくなっているのかは定かではないが、どちらにしてもストレスなのか変な本を書いているのか、自分の思い通りに行動ができていないのか、スマホゲームで無駄なストレスを溜めているのか、自分のペースが乱されまくっているのが原因なのか、もしくはこれら全てが蓄積されたからなのかはわからないが、一年前と同じような感覚に陥っている。もしくは季節性の心の病なのかもしれない。暖かくなると治るとか、きっと医学でも認知されていない難病なのかもしれない。これを本気で疑い始めたら、恐らくは末期の入り口かもしれないな。

自分の思い通りに行動できないとか書いたが、タイミングというか、自分の思った通りに行動できなかったことばかりが強調されているだけで、おおよそは私が思った通りに行動ができているはずなのである。例えば今日なんかは、ほぼ1日、自分の個人事業の仕事を会社で行うことができ、1日で2案件を終わらせ、残り1案件の8割方完成しているし、今日から始まったスマホゲームのイベントも、会社を出る頃には、ほとんど終わって、あとは難易度が高いミッションが1つ残っているだけである。そのミッションでストレスを溜めたが、いやいや、そりゃ我儘の度が過ぎるだろ!と自分でも思ってしまう。GRⅢが手元にないというのもストレスになっているかもしれないが、そもそも平日に修理センターへ持ち込める事自体、運がいいと思うべきだし、そもそも雨も降っていなかった。私が窓際社員でなければ、日曜日にわざわざ日暮里まで電車で移動して、混みあっている修理受付センターで待たされ、コロナのリスクに怯えながら受付を済ませなければいけないわけだし、自分のペースが乱されたことよりも、自分の思い通りに行動できた内容をピックアップして強調するようにするしかなさそうだね。何でもかんでも自分の思った通りになると思う方がおかしいのだが、生粋の一人っ子だから我儘に育ってしまったのだ。おもちゃやご飯を横取りされる心配もないし、兄弟喧嘩もないし、そもそも争う相手もいないし。今なら争う相手は自分自身と言えるが、幼少期にはそんな思考はなかった。うん、ある意味、私は可哀想だな。

こんな事を書いていたら、小学生の頃に友達とプールに行く約束をしていた日に大雨が降って、楽しみにしていた友達とのプールイベントが中止になって、雨を降らせたヤツをぶちのめしたいくらい腹が立ったことがあった。やはり性格を矯正することは難しいものなのであろうか。あと、昔から変わらないといえば、自転車に関して昔から変わらない。以前にも少し書いたかもしれないが、中学生の頃に漫画「逮捕しちゃうぞ」の影響で、身近にある走るモノ=自転車を改造することに情熱を感じていた時があった。パトカーのTodayの影響であることは間違いない。あとは「湘南爆走族」もよくなかったな。まぁ、あの時代であれば誰もが読んだ漫画であろう。

なので、通学用のママチャリに手が入れられるところは全て手をいれるようにして、ダイナモのライトを取り外して、手元でオンオフができるライトをカゴの中央部分に取り付けたり、当時はデジタルかっこええ!と思っていたから、自転車用のデジタル速度計を取り付けたり、荷台の付け根を蹴飛ばして、跳ね上げさせてエビ天テールまではいかないけど、ちょっと斜めにして格好つけたりしていたんだけど、やっぱり一番感動したのはデジタルの速度計だったかな。ものすごくアダルトな気分になれたんだよね。で、今でもロードバイクにデジタルのサイコンを着けて喜んでるし、やっている事が基本的に小学生、中学生の頃から変わってない。当時もギターが欲しかったんだけど、今みたいに1万円を切るようなローコストのギターはなくて、一番安いギターはZo-3くらいしか無かったように思えた。それでも5万円くらいして買うことができなかったが、今ではマーティンのアコギと改造タルボギターとフェンダーUSAのジャガーを所持していて、カメラも同じだな。子供の頃に欲しかったモノを大人買いできて喜んでいるくらいだから、子供がそのまま身体が大きくなった感じだろうか。要するに、私はガキのままなのである。

それを踏まえて、もう少し大人ぶった行動をとるように心がけたかったのだが、今日の夜に麻婆豆腐を調理して夜食を食べ終えた後、いつの間にか寝落ちをしてしまい、目が覚めたら0時を過ぎていた。子供の頃にも寝落ちは数えきれないくらいしてきたが、やはり私は子供の頃から何一つ変わっていないのかもしれない。

-2021年9月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.