2021年10月ブログ ブログ

2021年10月10日 引きこもり継続

投稿日:

今日は日曜日で会社は休みだけど、毎日の生活スタイルを変えないためにも朝5時起床をした。こうすることにより、いくら連休が続いても毎日の生活パターンを崩さなければ、生活のリズムも狂うことがなく、会社に行くのが面倒ではなくなるのである。もちろん、それが理由で早起きをしているわけではない。で、今日も早起きをしたわけだが、とりあえず手帳の整理から始める。手帳の整理を終えたら、ブログを書いたりして、その後は部屋の全体掃除。これが日曜日のおおよそのパターンである。朝早いうちから、部屋の中の全体掃除が終わると、特に出掛ける用事がないとしても、精神的に余裕ができていい感じだ。部屋も綺麗になっているし、それだけでも気分が違う。なにより運動も兼ねてやっているから、一通りの掃除を終えると汗ばんでいて、夏だと汗が流れるくらい汗だくになれるのである。

朝食はコメダ珈琲店へテイクアウト。まだ店内で飲食する気は全くなく、そんなのんきなことをしていたら、間違いなくコロナに感染してしまい、後遺症で一生食べ物の味がしなくなったり臭いがわからなくなったり、目が見えなくなったりするだろうから、コロナに感染するわけにはいかないのである。ここ最近、1日の感染者数がかなり減ってきたようだが、まったく信用していない。それが事実だったとしても、私のなかでは政府が早くgotoトラベル的なことをしたいだけであって、テレビという媒体を利用して国民を騙し、外の世界は安全ですよ~と嘘をつき、金を使わせて感染しても自己責任で、旅行はコロナと関係ありませんから保証はしませんし、そもそも感染予防を怠ったんじゃないんですか?と言いそうな国を信用できないのである。これは非国民という私語ワードなのだろうか?

個人的見解であり、私個人の勝手な感想であり、こんなひねくれた思考をするのは私だけであろうから、多数決で安全と判断した人たちは旅行に行けばいいのである。どんなに安全ですよ~とテレビで報じても私は聞く耳を持たないのだが、何でも耳を塞いでしまうと何も聞こえなくなるし、そのうち何も見えなくなってしまうだろう。周りが油断していると判断しているから、余計に警戒をしているひねくれ者の行動である。

自宅でゆったりと食事をしながら、本当は創作活動をしようと思っていたのだが、どうもダルい。頭が疲れているのかわからないが、創作活動をしたいんだけど身体が動かず(グズだ)、先週の発売日に届いた日経ウーマンの11月号を読むことにした。私は男性であるが、毎年必ず日経ウーマンの11月号だけは購入することにしている。なぜかというと毎年11月号は手帳特集と、付録で万年筆がついてくるのである。4年前から始まったみたいだが、私は購入し続けて3年目である。初代付録の万年筆を持っておらず、3年前に気付いて購入してから毎年、日経ウーマン付録の万年筆が1本ずつ増えてきている。雑誌の付録だけあって、ペン先がちゃっちかったり、カートリッジ式だったりするわけだが、不思議と毎年コレクションをしてしまうのである。しかも使ってない。この手の手帳の本は、かなり買っているし、他の人がどういうような使い方をしているかのサンプルは多く見てきているのだが、不思議と手帳特集となると、つい購入してしまう。なにか新しいモノはないかとか、新しい発見はないかという目線で、小技をいくつか参考で取り入れたりしている。そして、今回の日経ウーマン11月号を読んで思い出したというか、Wish特集が書かれており、100個のやりたい事を書き出すコーナーと別紙の本がついてきた。

実は15年前くらいに100個のやりたい事をMidoriのノートに記載して、しかもイメージが用意できるものは、その目標のイメージ写真を貼ったりして、たま~に見返して、いつのまにかクリアしていた項目に済マークを書いてモチベーションをあげたりしていたんだけど、最後に書いて、ほぼ放置している100個の目標は15年前くらいに書いたものだし、そのうちの6割くらいは達成しているから、これは再び100個の目標を新たに書き出してみようかという前向きな思考をすることができた。もう一回、来年から100個の達成したい項目を書き出して、なにも1年間で全部やりとげようという訳ではなくて、そういうビジョンを持って生活してみようと決意することができた。

万年筆と別紙のおまけがついて1000円しない出費で、忘れかけていた100個の達成したリストを作り直すキッカケをつくってくれるとは、価値のある出費というか投資というか、1000円じゃ安い価値であると判断した。今日はなにも書き出していないが、12月くらいまでに150個のやりたい事や達成したい事を、ひたすら書き出して12月になったら100個まで絞って、来年の手帳に書き込む流れでやっていく計画をたてることはできた。

ややうたた寝もしながら、のんびりと読書をしていたら夕方になってしまったから、急いで夕飯の食材の買い出しへ出掛け、今日はビーフシチューを作ることができた。1回で食べきれる量ではないから、明日の夕飯もビーフシチューだが、おいしいから毎日食べてもいいくらい。明日の夕飯は少し楽ができるな。本当は一週間分の作り置きができるといいのだが、それは私にはできないというのがわかったから、チャレンジすることなく、都度、夕飯を考えることにした。最悪はお弁当を買えばいいのである。その方が楽だし、片付けの手間もかからないし、調理する時間もいらないが、栄養が偏る可能性が高い。なので、できる限り夕飯を作ろうとは思っている。

早速、このあたりの改善を100個のリストの候補に入れておくべきであろう。

-2021年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.