2021年10月ブログ ブログ

2021年10月11日 自分のポンコツさに気付く

投稿日:

今日は月曜日で10月とは思えない陽射しで気温も暖かい。これが温暖化なのかと実感してしまうのと同時に、未来が心配になってしまうが、私が心配したところでどうにもなるまいて。単に精神的に不安定になるだけだから考えるをやめよう。と思いながらも、環境破壊である車通勤で会社へ向かった。ロードバイクで出社したいところなのだが、帰りに車が必要なのである。

会社に到着して、ショッキングな出来事が私を待ち構えていた。ついにクビになったのか?と思われる方も少なくないとは思うが、クビにされるほど存在感はない。むしろ、私の存在に気付いている者が何人いるか・・・といった寂しい具合にはなっているが、この状況を逆手にとって自由に動くのがいい。そして、そのショッキングな出来事というのが、先々週くらいから数案件のお客さんからの依頼をこなしており(っていつもやってる)、営業から依頼されていた4案件の仕事を全て外した結果となってしまった。あまり細かな事は書けないのだが、なかなかの精密さというか正確さというか緻密な読みと計算が必要なデータ作成というか案件作成というかをやっており、データの精度の高さを売りにしているような感じ。その高精度を必要としているなか、4案件も外してしまうという大失態。しかもだ、そのデータを構築する細かな設定の一部分が不明瞭で、私の記憶が色々な地域データとごっちゃになっていて、大混乱してしまうという始末。

これはね、さすがに自分で「私はポンコツだ」と思ったね。

確実に当てにいかないといけない案件を次々と外して、それを計算するための確たる根拠の法則を忘れていて、さらに簡単なミスまでしていたという目も当てられないポンコツぶり。かなりショックを受けて大反省したのだが、この出来事のおかげで「私はポンコツである」という事実に気付くことができたから、ある意味よかったと思っている。どちらにしても、この結果は変えられない事実だし、現実を受け入れるしかないのだし、それは私の知識不足と研究不足と簡単なくだらないミスなんかが重なっての結果であり、要するに私がポンコツがために招いた結果という事になる。グズではなくポンコツである。会社のグズのおっさんとは事なり、グズもポンコツも似たようなものではあるから、私の現在地はグズのおっさんと大して変わらない場所にいるのだなと実感した。

ここ最近、GSの時計を入手したことにより、身なりや身の回りの整理整頓や回りを小綺麗にしたり、こだわりの革製品やらそれらを磨いたり、ちょっとラグジュアリーっぽいものを揃えて満足したりと、以前よりは人間らしい身のこなしができてきたかと思っていたが(精神的なぶっ壊れの影響かもしれんが)、中身がポンコツじゃ意味なくね?と思ってしまった。いや、確かに以前から、半端ないポンコツぶりだが、少しまともになってきた影響か自分のポンコツ具合が許せなくなってきたみたい。以前は、自分のポンコツさに気付くことがないくらいのポンコツだったんだけど、少しマシなポンコツくらいに格があがったのかもしれない。ボコスカウォーズで言うと水色の兵士が金色になったくらいの成長じゃないだろうか?と私は思っているんだけど、それでも運が悪いと1回の戦闘でやられてしまうという脆さも兼ね備えているのではないだろうか?なので、人生はボコスカウォーズであると断言してもいいくらい。多少のミスでつまずいたり再起不能になってしまう人生なので、スペランカーで例えてもいいのだが、あの主人公はパワーアップしないから、あまり例えにならないのだが、そもそも自分がパワーアップしたとか、少しは人間らしくなったというのは、自分の主観であり感情であり数値で表したりするこができないから、勝手な思い込みであってスペランカーの主人公と同じで、何一つ変わることがないのが人生なのかもしれない。自分で置いた爆弾に近づきすぎて死んでしまったり、ちょっとした穴に落ちて死んでしまったり、コウモリの有害の糞をあびて死んでしまったり、科学では解明できないような幽霊みたいなのにぶつかって死んでしまったり、まさに人間の人生そのものを表したのが、あの地下施設なのかもしれない。こんな事書いていると、本当に頭がおかしくなったのかと思われるから、そろそろやめておくか(笑)。いくら自分のポンコツ具合に気付いて視線的ダメージを負っていてもユーモア(?)とか余裕は失いたくないかな。でも、今週の目標にはポンコツからできるかぎり脱出できそうな行動目標を立ててみた。

先週の振り返りをしてみたんだけど、運動は週頭と週末はできているんだけど週の半ばができていなかった。これは中だるみなのか、体力的に疲れきってしまっているのかはわからないが、週半ばに油断することが多いというのを物語っていると思っていいだろう。なので、週半ばは油断禁物で行動してみようかと思う。1998年のトラウマの写真と文章を作成することができたのは、大きな進歩である。写真を撮るついでにロードバイクで山道含め40kmを走ることができたから運動にもなって良かった。今月中に1998年のトラウマが完成する予定ではあるのだが、ここにきてタイトルを変えたくなってきた。今回は東金・成東・八街編なのだが、同シリーズで川口編、池袋編、浅草編なんかも作ることができ、タイトルを統一させた方がわかりやすいかな?と先を見据えてのタイトル変更を思考中。間違いいなく鬼滅の影響でのタイトル付けだよなぁ。そう思われることを承知でタイトル変更を考えている。身の回りの整理整頓や掃除はできていて、まるで丁度1年前に精神を病んでいた時以上に小綺麗にできている。行く気はないが、医者に診てもらうと何かしらの心の病の診断をされそうな気がしなくもないが、そう自分で思っているうちはまだ問題ないのだろう。靴を購入したりスーツを購入したりと、今までの自分では無いような動きをしていて、やや恐怖はあるが、とりあえず普通の人間に近づくことはできそうである。仕事面では週半ばには会社の仕事12案件と個人事業の仕事3案件を抱えており、今日の現段階で個人事業の仕事含めて12案件終わらすことができた。残りは会社の仕事依頼の3案件だが、明日で終わらせることができるだろう。本来であれば変態本も書き進める必要があるのだが、ブログと仕事に追われてしまい書き進められていない。そこを何とか時間をとって書き進めるのが進歩であり、今後の生活に多いに役立つ知恵となるだろうから、時間がないとか疲れたとか言っていないで、うまく任務を遂行する手立てを考えてみようか。ポンコツを直す機会にもなるしね。

-2021年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.