2021年10月ブログ ブログ

2021年10月12日 TAMOROCK2022

投稿日:

今日も相変わらず車通勤である。GRⅢの修理が終わり手元に戻ってきてから、相変わらず毎日使っており、毎日通勤している同じ道路でも、注意深く観察していると意外と新たにシャッターを押したくなる構図が見つかったり、丁度、自転車が過ってブレッソンで言うならば瞬間的写真が撮れたりしている。信号待ちにサッと辺りを見回して、気になるものがなければ読書をするという、信号待ちに一切の余白を入れないスタイルは健在である。今、この瞬間じゃないと撮れないという偶然が重なった作品を撮る事が多いのだが、静止画というか偶然を取り入れないと、もうねスナップ撮りする場所が無いくらい、毎日同じ道をバカみたいに往復するだけの人生。マウンテンバイクで通勤すると、自転車を止めてシャッターを切ったり、普段は入らない脇道に入ったりしてネタを探すことは、まだまだできるのだが、車だとそうはいかず、信号待ちの時くらいにしか撮影することができないのである。

今日は外出無しで社内でひたすらデスクワーク。とはいえ、先週から溜まりに溜まっている会社のお客さんからの案件のデータ作成を終わらせる事が先決であり、本来やらなければいけない仕事を全く一切進んでおらず、フラフラしている割に、何気にピンチなのである。なので、今日は手持ちの案件をひたすら作成し、先週からタスクが溜まりつつもチビチビと3連コンボくらいで邪魔ぷよを消すかの如く、地味にタスクを終わらせていった結果、15案件あったゴミの山のような仕事が手持ち残り1案件のみとなった。この1案件を完了させれば、本来私がやるべき仕事に手を出すことができるのである。そして残り1案件が一番ややこしい案件であり、簡単に終わるものであれば今日で15案件全て消えることとなったのだが、残念ながら終わらせることはできなかった。

この残り1案件は、ずっと私が面倒を見てきているお客さんで、担当者が完全に私に依存をしてしまっている人であり、なかなか毎度の事ながら困らせてくれることが多い。しかも案件も毎回ややこしいものであり、ササっと終わらすことができず、頭をひねらせて頭をバリバリ掻きながら「孫じゃない方の名探偵」の真似をしながら作業をしなければいけない程、ややこしい案件なのである。ただ、それが功をなしているのか、私が仕上げている仕事のおかげで、その会社も仕事が取れたりしていて、「ほら、あのお菓子の箱の下にさ、お約束のものを入れて私に差し出せ」と言いたくなるくらい、私も悪い事を考えるのぉとか思ってしまうが、そこにそういう「あれ」はない。

そんな依存しているお客さんのところへグズのオッサンが営業をかけにいき、要するに1回売っているソフトのリース期間が終わるから、少し付加価値をつけて再び同じくらいの金額でソフトを買ってもらうという、こんな事を書くのは気が引けるが、私の会社とは全く関係ない私の友達が電話でリースの件の話しをして「発注書に印鑑押してファックスしてくださいね~」と言えば、正直、誰でも取ってこれる契約を、鬼の首をとったようなドヤ顔と、かなり疲弊したような表情を浮かべながら、「なんとか契約をもらってきました」みたいな態度を取り、さらに売ったら後はもう知らないというグズのオッサンのスタンス。他の営業の人は、その辺りキチンとしていて手伝っているサポートの功績にして、報奨金なんかもサポートに入るように手を回してくれているのだが、グズのオッサンはそういう事ができず(できていれば、もっとうまい立ち回りで新規のお客さんの契約もとってこれてると思う)、いかにも自分の力だけで誰でも取ってこれる契約を取ってきたような顔をして、裏での私の努力は完全に隠蔽されているような感じ。だから、今回の案件はグズのオッサンにぶん投げようかとも思ったが、どうせやる気もないだろうし、お客さんからの依頼は平気な顔をして「オレ、忙しいから」とか言ってすっぽかすのもわかっており、それで被害を被るのはお客さんなので、やはりグズのオッサンには任せられないのと、どうせ難しくてできないのもわかっている。

研究する時間があるなら、パーキングアリアで食っては寝てを繰り返すだけしか能力が無いから仕方がない。なので、残り1案件は明日にでも集中して終わらせる方針である。

かなり集中して14案件を終わらせてきたせいか、なかなか頭がパンパンになってしまったのだが、これは現実逃避とも言える現象が起こり、いい加減に音楽制作をしたい。なので来年からTAMOROCK2022を復活させることにした。新曲を3作品完成させてミニアルバムを出そうかと思った。曲のタイトルとミニアルバムの名前も決めたのだが、それはまだ思考が変わる可能性があるから、後々書いていきたいと思う。今までのTAMOROCKと同じようにハードロックで決めるような感じ。タモロック専用ギターは会社のクズ男にあげてしまったから、メインギターはタルボギターでサブをジャガーにする予定。ベースは相変わらずジャズベで、新たに新調する予定は今のところない。それと夕方から変態本をかなり書き進めることができ第2章の3万文字を超えたところくらいまで書くことができた。これでおおよそではあるが全体進捗の25%を超えたところくらい。こんな事している時間があるなら仕事しろよとか言われそうだけど、もうね、思考能力が(笑)。ストレス解消なのかわからないが、変態本の執筆はかなり早いペースで入力することができ、入力中に次々と頭の中に文面が浮かび上がり続けて、無限書きできるんじゃないか?と思うくらいのアウトプットをすることができた。息抜きになっていないが、恐らく息抜き感覚だったのだと思われる。

あと1案件残ってはいるが、仕事も進み創作活動も進んでいい感じの日であった。

-2021年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.