2021年10月ブログ ブログ

2021年10月16日 キンググズのオッサン

投稿日:

今日は朝から雨が降っているのはいいのだが、出社日なのである。雨が降っていようが基本的に関係はないのだが、自転車通勤ができないという大痛手。土日が休みで休日を心待にしていた人にはやや残念かもしれないが、私も自転車で通勤することができず残念である。仕方がないから、いつも通りで信号待ちでは本やシャッターチャンスを探すという同じ動作を毎日懲りもせずに繰り返している。

今日は会社へ行って、個人事業の2案件を完了させる予定である。見立ててでは午前中とかで終わる見込みなので、余った時間は、ここ最近書けていないブログを書き上げて、更に時間が余ったならば変態小説の続きを書こうという作戦で出社をした。

数日前に依頼の入ったデータを見てみると、案の定、そんなにデータ数もなく午前中いっぱい使わなくてもできそうな案件だなぁという印象。時間はかからずに済みそうだが、報酬をいただく以上は責任をもって、しっかりと精度の高い仕事をしる必要がある。もちろん、会社のお客さんにも同じ思いでやっている。私が蔑ろにするのはグズのオッサンくらいだろうか。

そのグズのオッサン、どうせ土曜日だから自宅でゴロゴロ食っては寝てを繰り返して会社に来ないだろうと思っていたら、「営業のお偉いさん」が出社しているが故に、グズのオッサンも出社していた。この「営業のお偉いさん」が土曜日来ない日は、グズのオッサンも会社に来ない事が多いのである。言わば、グズのオッサンの天敵で、「営業のお偉いさん」の前では必死に仕事をする振りをするのだが、その仕事をする振りをするポーズが他の社員にも伝わりまくっており、「別にやってる振りしなくてもいいし、あの態度がマイナスですよねー」という声を他の営業から聞くくらいである。それくらいあざといというか、「はぁー、オレ、こんなに仕事溜まって営業もやって急がしいですわー、あー昨日、寝てないし仕事もたまってるし、サポートの仕事まで面倒みて疲れちゃうよー」とか大声で言うくらいの程度の小者である。グズのオッサンの10倍以上はやっている営業が聞けば、そりゃ腹がたつだろう。とはいえ、あまりの程度の低さに誰も相手をしないから、サポートの方にきて「誰か構ってよ」オーラを醸し出し、フラッフラしながらサポート社員の席を浮遊しだすのである。

そしてサポート社員の間では、グズのオッサンを「キングボンビー」呼ばわりして、ひっつかれないように必死に無視するという余計な配慮をしなければいけなのである。今日も、私の机の周りと私の席のまとなりで立ち止まった。うぜぇ!マジでうぜぇ!「なんすか?」と声をかけても、また夢遊病者みたいにフラフラと浮遊しだすし。何がしたいのか、何をアピールしに来ているのか、もしかしたら私が振った案件をやっているから、私が遊んでいないか監視しに来た可能性はとても高い。

「オレがさー、お前の案件やってやってんのに、何遊んでんだよ?」とか平気で言うグズ野郎だ。

いやいや、そんな事を私に言ったりしたら、それはもう大変な事になりますよという空気と状況を読むことができないから、もしそんな事を言い出したらグズのオッサンは社長含めた会社役員3人に囲まれて尋問とその後の行動制限と監視がつくことになるのだが、そのくらい先に何が待ち受けているのか予測してくれって感じ。本当に無駄に10数年勤務してないで、それくらい長く働けばわかるでしょ?それくらいと言いたいが、残念ながらグズのオッサンの思考は浅く、見た目でしか判断できない事がわかっているから、いつも私をみくびって(逆襲のつもりなのかも)攻撃してくると3倍くらいに膨れ上がって、ぐうの音も出ないくらいに叩きのめされている事も学習してくださいよ。と、ここに書いても本人に言っても、同じことを繰り返しているから相手にしないのが一番いいのである。私が投げた案件で一回一回チビチビ何か言いにくるし、本当にウザい。他の営業は、まずそんなことはないし、自分が抱えている仕事は責任をもって一人で解決するし、それに加えてグズのオッサンにはできない新規顧客の営業もしているし、いやいや、本当に10数年間会社に居て、全く何も学んでいないことに驚愕する。ある意味、才能だと思っているが、尊敬に値しない才能である。窓際社員から無視されたら、本当に終わりだわな。私にヘバりついてしまったキングボンビーを他の社員に擦り付けて移すしかない(おいおい・・・)

ここにグズのオッサンの事を書くたびに、もうこのネタを書くことはしたくないと思って書いているんだけど、本当に年々、グズのオッサンのグズ度がアップしている。成長するなら営業で成長してもらいたいものだが、常に遊んで過ごしている私を仲間だとでも思っているのだろうか?これは私の勝手な想像だけど、学生時代に周りの友達がテスト期間中にもずっと遊んでいる姿をみて、「あいつら遊んで勉強してないから、オレも遊んで成績悪くても大丈夫だろう」とか思って全力で遊んで、周りの友達は見える場所では遊んでいて自宅に帰ったら寝る直前まで勉強をしていて、一人だけ置いていかれて裏切られたとか根にもつタイプと思われる。今までとはグズの度合いが異なっており、グズのオッサンに対して今までと同じ対応をしていてはダメなようだから、私も来週からはさらに厳しくグズのオッサン対策に乗り出すしかなさそうである。

ちなみにグズのオッサンは私から案件を投げられて、気分悪そうにしていたけど、実は優しさで案件を投げたという事にも全く気付いていない様子。今回、グズのオッサンが売った客から私宛に来た案件は、3案件あったんだけど正直なところ難しくないのである。さらに、以前グズのオッサンは、この会社の案件の納期の約束を破っている事もあり、本来であれば私がチャチャっとやってしまえば話しが早いし、相手の担当者にも迷惑をかけることがない。でも、先日の件から言って、私が案件をやっている姿を「とある営業のお偉いさん」に見られたら、「おい!なんで案件やってんだ。おい!!!グズのオッサン!!!!!お前、彼の案件をやれって言っただろ!ふざけんな!」となることが目に見えているのである。それがあるから案件を敢えて投げたのだが、オレの睡眠時間を減らしやがってくらいにしか思っていないのだろう。そうでなければ、今日みたいにコンビニで買い物をしているだけなのに「サボってんじゃねーよ」とか私の机の周りを徘徊したり、いちいち細々やってますアピールをしてくるわけがないのである。本当に子供よりたちが悪い。なので、私も来週からは対策を変えるとしょう。グズのオッサンを救うためにいくつか手を講じたつもりだったが、来週からは容赦しない方向でいくのだが、間違いなく逆恨みするんだろうな(笑)。

もっと頭を使ってくれと本気で思う。

そして今後、もうグズのオッサンの内容を書くことはないようにしたい。これ以上のネタ提供はやめていただきたいと本気で願う。

-2021年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.