2021年10月ブログ ブログ

2021年10月17日 創作活動が進んだ日

投稿日:

今日は日曜日だが、朝から雨が降り、しかも寒い。コロナも収束したのか検査数の結果を減らしているのか、これが真実なのかはわからないが、コロナに感染する人数が減り、緊急事態も明けたから土曜日と日曜日は全力で遊びまくって旅行も行くし、朝までお店で酒を飲むし、店が閉まったなら公園でも路上でもトイレでも酒を飲むぜ!という人にとっては残念な日曜日なのかもしれないが、むしろ外出する気力を失ってもらって自宅で過ごしてもらった方がコロナも市中感染しないというものだろう。私の場合は、もとより外に出る気はないが、散歩くらいはする。あと10年くらいは旅行なんて行く気にもならないし、そもそも旅行に行く気力を失っているという可哀想な人になってしまった。外に出るのが面倒だし、金かかるし。どうせ金かかるなら欲しいものでも買う感じ。1年以上、引き込もっていると引きこもり癖がついてしまい、外に出るのがむしろ面倒にさえ思えてくる。再びダークサイドに墜ちてしまうのだろうか?会社のおかげで、少しだけ社交的になれたのだが学生の頃に逆戻りなのかもしれない。

学生の頃は少ない友達はいたのだが、基本的に部屋にとじ込もってパソコンばっかやっていたオタクで犯罪予備軍扱いされていた超ド級にヤヴァイやつだったのだ。ずっとパソコンのゲームとプログラムらしきことをやっていて、主に86アセンブラを使っていたのだが、最後の方は慣れた記述であればソースコードを使わないで、直接マシン語でプログラムできたくらい。所持PCは、88,98,X68K,TOWNS,MSX2+を複数台持っていて、部屋の中は各PCのブラウン管モニタが積み上げられて部屋中ポスター張り巡らして、もうね、親が泣くよ。今思うと何て親不孝な息子だったのだろう。この場を借りて謝罪するとしよう。最長で2日間くらい部屋から出てこなかったけど、トイレに行く時だけは部屋から出た。ペットボトルとか洗面器やら窓から外に向かってしちゃうような子供ではなかった。で、エロゲー作ったりして、完全にダークサイド側でエックスだったら地の龍側のメンバーだな。

私が引きこもりとかオタクとか犯罪者予備軍だとかそういうのはどうでもよくて、今日は朝から雨が降っていたが、特に影響はないから、世間の遊びに行きたい人は可哀想だなくらいの感情。いつも通り朝5時に起きたつもりだったのだが、起きた直前に2度寝したんだろうね。目が覚めたら、朝の6時になっていた。認めたくはないのだが、少し疲れているのか寝不足なのか。今週はグズのおっさん絡みで、かなり疲弊したのかもしれない。グズのおっさんが絡むと、本当に果てしなく疲れる。あんなダラダラした逃げ回ってばかりの生活をしていたら、疲れるなんてもんじゃ済まないだろう。私だったら生き地獄としか思えないな。ニートで部屋でゴロゴロしているよりは働いていた方が楽といったのと同じ感覚。ダラダラするくらいならシャキっと動いていた方が楽チンなのである。と、いうことで朝イチから部屋全体の掃除をした。寝具すべてとカーペットやソファー類にはレイコップで埃を吸い込ませ、家具をどかしての家全体の床を掃除機で埃を吸い取ってからの、床を全ての雑巾がけ。あとは水回りの掃除なんかをこなす。

この作業を朝イチで終わらせておくと、後々、精神的には楽になるのである。仮に午前中は家で目的もなくゴロゴロして、午後から掃除をするとなっても、正直なところ面倒過ぎて、きっと掃除はしなくなるだろう。そして掃除をしなかった事を夜まで引きずることになるのである。そんなのは嫌だ。なので、そんな嫌な思いをしたくないという気持ちもあり、朝イチ速攻で掃除を終わらせるようにしている。おかげで部屋の中がピカピカである。

今日は主に変態小説を書き進めることができ、第二章を約5万文字まで書くことができた。ここ最近では、なかなかの進捗具合ではあるが、まだ50%に達していない。今回も約20万文字を少し越えるくらいが着地の予定ではいるんだけど、ここで久々に小説なんかの書籍の1作品の文字数の平均というか、だいたい何万文字くらいのものなのかを調査すると、だいたい1万6千文字までいかない作品が多いらしい。と、いうことは私は一般的な書籍よりも文字数がオーバースペックしているとでもいうのであろうか。そりゃあ京極氏とかいるから2万文字未満の作品が一般的だとは言えないし、そもそも文字数で作品は語れないが、仮に私の作品を1万5千文字程度で収めたら、今のように1作品に使う時間が短縮されて、きっと製造効率はグンとあがるに違いない。下手をすると1万2千文字くらいの小説なんかもあるくらいである。文字数が多ければいいというわけではないが、私が思案している変態本のシナリオ1つを丸々抜いても1万5千文字くらいに達する事になり、販売が早まるという事になる。だがしかしだ、今回の変態本の内容に変更はなく、考えたシナリオ通りに書き上げるつもりだから今回の作品は20万文字を越えるでろうが、今後の作品に関しては考えるようにしよう。

それとは別に、いよいよタモロック2022に向かって、少し動き出せた感じ。相変わらずギターの朝練はできる限り行っており、少しだけギターの腕が戻ってきたような感覚。M:rderのイメージアルバムの製作を放置しておきながらの作曲を少し進めた。今日はいい感じのコード進行はないかという、コード進行の模索を行った。完全にコード進行決めはできていないし、メロディも全く思い付いていない状態ではあるが、おおよそのコード進行を決めることができた。もちろんハードロックでBPMは170。今までのタモロックと同じ曲のスピードで、まずは「マウンテンバイク」の曲から作っていく段取りである。歌詞やサビのメロディなんかは全く考えておらず、本当に入りの部分しか手をつけていないが、今から徐々に組み立てにはいっておけば、来年早々から音楽活動を再開することができるのである。歩かにロードバイクという曲とBMXという曲を作ろうと思っていて、どれも趣旨が同じだから歌詞が書けるかが不安ではあるが、面白そうだから進める方向。作曲については、また進展があれば書いていこうと思う。それと「24枚のLife」という作品も思案中。年内にあと8冊電子書籍を出版したいが間に合うのだろうか?

-2021年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.