2021年10月ブログ ブログ

2021年10月20日 Pixel6proが気になる

投稿日:

今日は、昨日の赤城山と異なり朝から天気がいい。が、車を帰りに使う予定があるから、今日も車通勤である。2日前程に書いた、腕時計の」GSのアルミ?バンドがユルユルになってしまったから、どこかのタイミングでバンド調整をする予定である。手首で動いてしまい、時計盤は下を向いてしまい非常に格好悪いし、それなりに重たさがあるから肩がこる。重い、時刻は狂う、壊れやすい、そしいて高い!という常にスマホを見る現代人には全く無用の機械式腕時計とか着けているのは、本当に昭和のオッサンくらいしかいないだろうな。若い人はアップルウォッチしか身に付けていない印象。時計ってアップルウォッチ以外に存在するんですか?とか真顔で言われても不思議ではないと思っているし、もしそう聞かれたなら「アップルウォッチ以外は紛い物ですよ」と答えるつもり。正直なところ、1日しかバッテリーが持たずに、手首を傾けた時にしか画面がつかないような時計に全く興味はないし、そんなものよりもGarminの方が普段使いには適していると思うが、アップルウォッチしか時計が存在していないと思っている人の夢を砕くのもいかがなものかと思うので、夢を見させる方向性。スマホはiphone以外はゴミで時計はこの世にアップルウォッチしか存在しないけど、パソコンはWiindowsを使うという現代スタイルに文句を言う気は起きない。自分が好きなものを類似商品のスペックと比較してもいいけど、そんなの関係なく自分の好きなモノを好きに使うスタイルが良いかと思われる。

そんなスマホやらガジェットの話なのだが、以前より気にしていたPixel6とproモデルの予約が今日から開始した。事前に流れていた情報を見ていて、proがいいなぁとか思っていたんだけど、お値段が今流行りの10万円越え。proじゃなければ7万円くらいだったかな。でも、どうせ購入するなら色々と高スペックであるproが欲しいと思うのだが、望遠カメラやらRomが多く乗り、金額の差が約4万円も開きがある。うん、恐ろしい。今、使っている2万円の中華スマホが、個人情報というかGPS情報くらいなら問題ないと無視するが、指紋データやらマイナンバーカード情報やら口座の情報やらクレジットカード情報やらカードのセキュリティコードが、製造国のあちこちの企業にデータがダダ漏れになっていると考えると(実際はわからないが、そういうイメージが私の頭の中にある)他のスマホにしたいなぁと思ってしまうのである。Pixelも製造した国のあちこちの企業に同じようにデータが流出して、経済戦争とか戦中に国の力を落とすために個人財産を全てコントロールというか国予算のコントロールすらできるくらいデータ漏洩をしているのだろう、それと戦後に植民地にする時の全財産没収が容易にできるくらい個人の情報が流れているものと思われるが、基本的に1個人の情報を悪用して、カードを使って買い物したい放題とか、そんなセコい事に収集したデータを使うわけがないのはわかっているが、なんか嫌な感じがするのである。そこまで考えているなら、早々に国産のスマホにでもしたら?と自分でも思ってしまうくらい。端末を安くして多くの日本人に使わせれば、それだけ多くの情報を集めることができ今後の国との交渉で有利になる使い方をするのだろう。多分。中華スマホにデータを抜かれるかアメリカスマホにデータを抜かれるのかの2択だと個人的に思っているんだけど、きっと世の中の人はこれらのスマホは、ゲームしかやらないとか割りきってデータ漏洩しても問題無い安全圏内で使っているのだろう。私の場合はクレジットカードからおサイフケータイやらを使ってしまっており、なんということであろうかペイペイまで使おうかと思っている。還元率がいいとかやっている影響もあるのだが、名前からして非常に警戒してしまうが、時代の流れに流されて使う事になるのだろう。こればかりは、どのスマホを使っても情報を吸い上げられて、バラ撒かれてしまうのは目に見えているが、むしろデータ収集しない企業なんかあるわけなく、収集したデータの使い道が問題視されるのだが、そこまで考えてしまうと本当になにもできなくなるから考えないようにしよう。

Pixel6proはSoftBankで購入するとgoogleストアで購入するよりも1万円くらい更に高くなっている。中抜きしないでくれ~。SoftBankだと48回払いができるから、月々の支出を抑えることはできるのだが、最終的にトータルで購入金額分のお金は支払わなければいけないから、一括か分割かみたいな感じ。googleストアだと12回払いが上限だから分割にしても月々の支払いは、そこそこになる。2年間で返却しなければ、googleストアで購入した方が安くあがる。googleは5年間はセキュリティで面倒を見ると言っているみたいなので、スマホの48回払いが終わり、そこから1年間は問題なく使うことができるのはメリットが大きい。中華スマホは、スマホ本体の金額は安いがセキュリティに関してはノーガードといえるだろう。ここで更にカスタムROMなんかにすると、メーカーが想定している以上にデータをブチ撒けることになりかねないと思っている。なので、できればpixel6proが欲しいけど10万円越えで悩む。pixel6にすれば4万円減で、ややリーズナブル圏内に入るのだが、それでもやや高いと思う。なんでもそうだけど、値段が安いということは、それなりに何か理由があるという事を覚えておこう。安く端末を提供しますけどデータは常にいただきますねみたいな感じになっていると勝手に思っているが、あながち外れた思考でもないかと思う。昼休みくらいに、さっそくヨドバシにpixel6proの実機がいじれるかと思って遊びに行ってきたが、モックすらなかった。でも夜には実機をヨドバシで触ったという板がたっていて、あれ~?行った時は置いてなかったんだけどなぁと思いながら掲示板の板を読み漁っていると、評価は微妙な事しか書かれていなかったな。カメラも望遠は微妙というような評価も多く、実際に手にとって見てから判断を下した方がよさそうだ。不思議とiphoneと比べたがる人が多いらしくスペック房が騒いでいたが、iphoneがこの世で一番最強ガジェットと思っている人はそれはそれでいいし、androidが覇権をとっていて、それを使っている僕は大勝利と思っている人は、そう思っていればいいだろう。

ただ、今月末には当選してしまった来年の手帳と手帳カバーが届き、約4万円の支払いをしなければいけない事を考えると中華にダダ漏れのスマホを使い続けるのが正解なのかもしれない。流出している個人データで個人のオッサンをピンポイントで攻撃してくるわけもないだろうし、私のような特に何もないオッサンを盗み見たところで何の特もないし、格別金持ちでも何でもないから気にしなければいいというだけの話しなのだろう。この思考は恐らく今月中は続くものと思われる(笑)。

-2021年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.