2021年11月ブログ ブログ

2021年11月3日 久しぶりの大量撮影

投稿日:

今日は祭日で会社は休みだが、いつも通りの朝5時起き。先週の土曜日に部屋全体の大掃除を終えているから、朝起きてすぐに朝食を作ったが、ちょっと作る時間が早かった感じ。朝8時くらいから「めいわくをかける変態」の執筆を開始して、朝っぱらからド変態の官能小説を書くかよ!と思ったが、主人公のクズ思考具合と私のクズ思考がシンクロでもしたかのように、指が滑らかに動く(笑)。勝手に頭に次々と流れる言葉を、ただひたすらにアウトプットをしていたら、いつの間にかに11時30分くらいになっていて驚いた。どんだけ観桜小説を書くのに集中してんねん、朝っぱらから!

そんな甲斐あって、「めいわくをかける変態」は第3章を4万文字オーバーまで書き上げることができた。かなり集中して入力しいていたつもりだったが、気のせいか、かかった時間よりも文字数いってないなと思ったが、集中力が切れて1時間くらいギターで遊んでいたのを忘れていた。それでも、もう少し文字数いっていてもいいのになぁ。左手の指先がキーボードの入力のし過ぎと、ギターの弦でカチカチになったけど、この感触と言うか感覚が好きで仕方がない。かなりギターを弾いていた時は、左手指先が平らになっていたのを思い出すな。「めいわくをかける変態」は第3章を残り約2万文字で終息する予定。内容にも起きな変化は無く、予定通りのストーリーで進めることができている。あとは第4章を約4万文字で、この作品は完成となり、ようやく終わりが見えてきたかな?といった感想だけど、トータルで約6万文字入力することになるから、完全に完成までそれなりにまだ時間がかかりそう。官能小説というよりは、よもやギャグ小説みたいになってきていて、前作を上回る変態具合とユーモア溢れる主人公のクズっぷりが表現できて、前作を遥かに凌駕している作品になりそうで、完成がとても楽しみである。前作は、どちらかというと主人公の変態プレイの描写に力を入れているくらいだったものが、変態プレイ以外の思考や行動を書き加えた事により、主人公のグズとクズ具合が表現できたのではないかと思う。それにしいても、つい先日くらいにも書いた気がするのだが、私の作品の最後の章が短くなりがちなのをどうにかしたい。その作品のエンディングを書くだけのための章になりがちになってしまい、作品全体のバランスが悪くなるんだよな。それが私の作品のクセというか、この作者はこういう書き方をするという定番になってしまえばいいのだが、私としてはバランスをうまくとった作品に仕上げていきたい気持ちではある。次回作の「駄作」で、少し書き方を変えてチャレンジしてみようか。なにせ「駄作」を書こうとしているから、「駄作」故に何でもありという、素晴らしい作品を仕上げようとしている。その前に「めいわくをかける変態」を納得のいく作品として仕上げて世に出して、宣伝は全くしない方式でいきたいと思う。こんなエゲつない作品を書いたと知れたら、家族が無く(まず家族にはバレないとは思うが)、知り合いや私のお客さんが読んだら仕事が回ってこなくなる、私は変態で作品と同じ事をしているのではないか?という疑念をもたれて、プレゼントでエゲつない大人のおもちゃをプレゼントされたりしそう。間違いなくイメージダウンにつながる作品ではあるが、そこまでしても、私のこの「変態」の本を世間に出していきたい。

今日はあまりにも陽気がいいせいか、もう撮り飽きたでしょ?と思われる浅草へ、GRⅢとLeica M-Dに現行のズミクロン50mmF2.0を装着して散歩に出掛けた。陽気がいいせいか、人通りが多く、コロナウィルスの新規感染者数が減っている報道をしているとはいえ、私は世間を信用していないので、なるべく人通りの少ないところを散歩して、普段は視野にいれないようなマクロ的な構図を探してはシャッターを押して歩いた。そのまま上野まで歩いていき、ロフトでほぼ日手帳のオリジナルサイズの下敷きを購入しょうとマルイに入るも、すでに入り口で人が大量に並んでいたから退散することにした。アメ横も人でギュウ詰めだったため、もちろんUターンして人混みから離れた。かなり多くの人手だったけど、みんな沢山、散財してくれるのだろうか?仮に1人あたり20万円くらい使ってくれると、きっと経済も少しは回復するのではないだろうか?と思う。私の場合は、本当に散歩しかしていないからドリンクで160円くらいしか散財しなかったけど、コロナ引きこもりストレスを解消するかの如く、湯水のようにお金を使ってくれることを祈るばかりだ。飲みに行きたくて仕方がないサラリーマンが飲み屋でお金を使ってくれているだろうから、少しは経済が回復するのだろうか?アル中で救急車で運ばれるくらいハメを外して飲食してもらいたいものである。こんな事を書いておいて申し訳ないが、私はコロナウィルスを警戒しているから、今の時期でもビールを1缶だけ買って自宅で飲むスタイル。大勢の人と飲みたいとも思わないし、騒ぎながら飲みたいとも思わないし、むしろ一人で映画でも見ながら静かに飲みたい可哀想なタイプの人である。約5時間くらい散歩をして、GRⅢで400枚くらい、Leica M-Dで50枚くらい、スマホで200枚くらい撮影をした。こんなに1日に撮影をしたのは半年前に訪れた台場以来の撮影枚数である。スマホで、バカみたいに撮影したのは、私が使っているスマホはXiomi RedNote9Tという激安品のスマホで、カメラ機能が4800万画素の割りにはゴミみたいな写りしかしなくて、全く使っていなかったのだが、カメラ機能の「その他」から4800万画素(で合ってるかな?)に切り替えができる事をしらずに、カメラアプリで起動した状態のまま使うと、画素数が少ないみたいで本当にクソゴミというか、画素数が少なくても写りのいいレンズというかカメラもあるんだけど、そういう次元ではなくて「写す価値がない」と判断せざるを得ない画質で保存されていて、ずっと使わなかったんだけど、その他から本来の画素数で撮影できる事が判明したから、少し使ってみたら、これがまた「普通」に写る(笑)。2万円しないスマホで、普通に写真が撮れれば大したものである。おサイフケータイ機能も大活躍しているし、防水機能がないといえど風呂の中でガシガシ使えているし、これで写真が普通に写れば普通に使える格安スマホという格付けをすることができるのである。GPSの受信感度は最悪だが、そこは値段を考慮すると仕方がない部分ではあるだろう。電池持ちも半端なくいいし、私がやっているスマホゲームも、たまにカクつくが、私には問題ない。Kindleが落ちるのだけはいただけないが、値段を考えると仕方があるまい。で、あまりにも「普通」に写るものだから、楽しくなってしまいパシパシと撮影をしてみたけど、やっぱり写真は普通に写っていて、あまり面白くはなかった。普通というか、なんかノッペリした感じで、慣れてしまうとやっぱり面白くはないかな。GRⅢがあるからどうでもいいんだけどね。

人通りは多かったけど、気温も気持ちよくて、久しぶりに長距離散歩をすることもできたし、思う存分撮影もできたし、創作活動も進んでナイスな一日だった。

-2021年11月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.