2021年11月ブログ ブログ

2021年11月10日 久しぶりの修羅場(笑)

投稿日:

今日の出来事を想定することは全くをもってできなかった。今日もいつも通り何ひとつ変わりがない平日が始まり、いつものように車で会社へ出社する。午後から、年配の営業の人と同行で北区で仕事の予定が入っているのだが、これまたいつも通り、素早く終わらせて余った時間を創作活動にでも使おうかなんて事を考えていた。

午前中はブログを書いたり、手帳を整理したり、私が会社で本来やらなければいけない仕事を少しだけこなすことができた。相変わらず、チマチマと素早く動けたと思う。やると決めた時に集中して作業を終わらせた方が、私の場合は効率的であり、ダラダラと長時間作業をする気にならないのである。やらない時はやらない。でも、やる時にはテキパキと進めて、最速で終わらせるというのが私のスタイルである。もちろん、人によって自分のスタイルにあった仕事や趣味の運びをすればよいのだが、辺りを見ているとダラダラと作業している人が目につくような気がする。ダラダラやっていると余計にダルくなって作業効率は落ちるし、結局1日何をしたのかよくわからないまま終わりそうだし、飽き性だからすぐに飽きてしまうのだ。だからありがたいことに、最近ではゲームをダラダラやることはなくなったし、30分も遊んでいると飽きてしまい、すぐにゲームをやめられるようになった。価値観が変わっただけとも考えられ、ゲームをやっている時間があるなら作曲するよといったように、全般的にアイデアを出したり、なにかを考えることが好きになってしまったみたいだ。大昔から企画をたてたり、ゲームの内容を考えたりするのが好きだったから性分なのかもしれない。

午後から電車で移動して、年配の営業の人とは現地で落ち合うことになり、スマホでKindleアプリで本を読みながら移動するも、最近めっきりとRedmi Note9Tの動作がモッサリして電池の消費が激しく、Kindleアプリも5ページも本を読むと、メモリ不足かわからないが、すぐに動作を停止してしまい、都度アプリを再起動させなければいけないという事態に陥っていた。

誰かに遠隔でカメラを乗っ取られているんじゃないかと、数日前も疑ったが、ここ最近かなり怪しく思えてきた。できることならiphoneにでも機種変更をしようか真面目に考え中である。現地に1時間30分も早く着いてしまったから、ファーストフード店で、昼食を食べながら「めいわくをかけない変態」を順調に書き進める事ができた。

そして、待ち合わせをしている会社へ移動しながら、飲み屋の裏道をGRⅢでいい感じにスナップをしまくって、余っている時間を全て自分のために消費してから、訪問先の会社で仕事を始めた。やり慣れている納品の仕事である。お客さんのパソコンに買ってもらったソフトをインストールする作業で、今までにトラブルが起きたことは数えられるくらいしかないのだが、今日は外れを引いたみたいだ。こんな書き方をするとお客さんに怒られてしまうが、かなりのデータを蓄積したソフトを販売しており、インストールに余裕で40分とかかかり、40分で終わるならまだ早いほうで、平均時間で考えると1時間30分はインストールの時間がかかる。他の営業がめちゃくちゃ遅いパソコンにインストールした時に、最長で4時間かかったという話は聞いていたのだが、13時30分からインストール作業をして、18時の時点で、まだインストールが終わらないという最悪の事態に!!!!

インストーラーが固まっているわけでもなく、データを書き込んでいる内容がパラパラと進み、間違いなく処理はしているのだが、なかなか終わらない。早いPCだと作業内容のデータの流れが目で追えないくらい早いのだが、今日のお客さんのPCでは処理している内容のファイルが黙視できるくらい書き込みというか処理が遅いみたい。なんならどれだけ早くても目押しできるくらいなのだが、今日の作業をしているお客さんのPCは激遅である。ハードディスクはSSDで書き込み速度まではわからないが、SSD搭載でこの処理スピードはありえない。メモリがショボいのかCPUのバス幅が狭いのか・・・

結局、理由はわからず、私と年配の営業の人は、処理されているファイルの羅列を眺めることくらいしかやることがないから、15時30分頃から客先で「めいわくをかける変態」を執筆し始めた。

もちろん画面はお客さんには見えない状態で、少し仕事を進めさせてくれと断りをしてから、インストール時間を利用して小説を書き始めることができた。もちろん、Fire HD10を持ち歩いているから、お客さんのPCでエロ変態官能小説を書いていたわけではなく、いつもの愛機で執筆を進めることができた。

もうね、お客さんの会社で激しいキーボード打音を響かせながら、怒濤の勢いで書き進めたよ(笑)。

結局18時になってもインストールが終わらなかったから、作業中のPCを放置して帰ることになった。外に出るとめちゃくちゃ暗くなってる!!!明日の朝一番で、年配の営業の人が電話をかけて状況を確認することになったのだが、こちらとしても手の施しようがなく、処理が終わるのをひたすら待つくらいしかできることはないのである。とても長い時間、インストール作業が長引いてくれたおかげで、「めいわくをかける変態」を97%くらいまで書き上げる事ができ、予定していた文字数を少しオーバーしたところで、今日の執筆は終了。かなりの成果というか、先月から集中して書き上げることができているから、かなり満足度の高い進捗状況といえるが、会社の仕事がほとんど進んでいないという本末転倒な状況。あと1回、執筆のタイミングがあれば確実に終わらせることができる状況まで持ち込むことができ大満足。帰りは年配の営業の人が運転する車で会社まで届けてもらうことができて、少し楽をしてしまった。数十年ぶりだろうか、赤羽駅構内を探索して赤羽駅付近を探索したわけだが、専門学校に通っていた時に乗り換えで待っていたホームで並んでみたり、多少の思い出がある駅回りを探索して、100枚以上写真を撮ることができ、創作活動を進めることができたが、肝心の仕事はあまり進まず。1項目だけ完成させることができただけでも、よしとするか。赤羽駅構内やその付近は大きく変わったところはなくて、スポーツバッグにX68000Pro2を入れて重たい思いをしながら、新宿まで運んだ時の事を思い出してしまった(笑)。くだらなかったあの時に戻りたい、戻りたくないとあの有名歌手の歌が脳裏に流れた事は書くまでもあるまい。ちなみに今日もニットキャップを被った状態で客先に入ったが、特に何も言われず。きっと頭に傷を負っているのかな?と思ってくれているに違いないだろう。

-2021年11月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.