2021年11月ブログ ブログ

2021年11月15日 ようやく1冊出版できた

投稿日:

今日は週明けの月曜日。天気はいいが、少し肌寒くなってきて、コートを持っていない私には、やや厳しい寒さになってきたのかもしれない。車だから僅かな寒さに耐えれば何とかなるわけだが、まともなコートを購入したいところである。iphone13ProMAxとか買わなければ、全然買えるし、昨日のバージョンアップで格安中華スマホも、かなり安定して動いているみたいだから、格安中華スマホをあと2年間使うとして、シューツリーやら少しいいハンガーやら太いネクタイやらコートなんかを買いたいところである。20年前に購入したMA-1がボロボロになってしまい捨ててしまって以来、MA-1を購入していない。なので、ここ最近冬となるとN3-Bとか、バイオハザード4でレオンが着ていた分厚いジャケットやらをスーツの上から着ていたのだが、車と会社の間を移動するだけならいいのだが、電車で移動する時とかは、N3-Bならまだしも青島コートやらレオンジャケットは、なかなかミスマッチであろう。なんなら青島モデルの時計と、当時のマンハッタンパッセージの劇場で使われていたカバンも出すことができて、青島コスプレを現役でやることも可能だが、逆に今やっても誰も気付いてくれないから着やすいかもしれない。当時は、そんな恰好で歩いているとミーハーだと思われて、好きで購入した割には、その恰好で歩くのが恥ずかしかったりしていた。時計はウェンガーでバンドをミリタリーバンド(青島公式のやつ)にした。そのうちコートを考えるかと思っていると冬が終わってしまうというパターンだろうな。

会社に到着して午前中は、いつも通りのほぼ手帳を書いたりメモ欄を整理したりブログ書いたりで終えてしまった。午後から、先週にようやく書き終えた「めいわくをかける大変態」の申請をして、夕方前には無事、出版されることになった。54冊目の電子書籍で、内容があまりにもハード過ぎて身内というか知り合いにも、こんな変態の本を書いたとは伝えられず、ひっそりと新発売をしたような感じ。全く宣伝していないけど、Twitterあたりで宣伝しておこうかなぁ。よもやギャグのような変態プレイぶりにドン引きするというより笑ってしまうのではないだろうか?といいい方向で考えたいのだが、やはりあんな小説を書く私を異常者扱いされそうで、特に顔見知りには絶対に販売したことを言えない、むしろ伏せたい気分。でも販売して世に出したかったんだよね。ある意味、私の心の叫びなのかもしれないし、あまりの非現実というか、もしかしたら私の心の奥に、小説のような願望があるのかもしれないけど、書きなぐっていた時に、気分がスッキリしたという事もあったような気がする。ある意味、ストレス解消で書いていたという節も無きにしも非ず。でも、書いていて楽しかったし、内容はともかく、自分で書きたいなと思った本を出版することができて、とてもよい感じである。今後の予定としては秋葉原で人物をメインにいれたストリートスナップ写真をチェキ風にした写真作品集「すくうえあ」を出版予定。肖像権なんかの関係で顔は全て写らない構図で作成するわけなんだけど、それがまた想像力を掻き立てて、いい感じかもしれない。顔見せろや!ってなるかもしれないけど、今のご時世、なかなかその辺りのマナーが厳格なので社会のルールを守って作品を作ることにする。マスクをして素顔がわからなければOKとかあるのかな?撮影したのはコロナが市中感染するもっと前の年だから、マスクをしいている人は居ないに等しくてシャッターを切ると顔まで写ってしまったんだよなぁ。もちろん世には出していない。それと「端材03」の製作も3年くらい前から、やるやる言っていて下準備をチビチビとやっただけで、ほとんど進んでいないといえる作品も今回こそは完成させて出版するつもり。書き物は、今のところ駄作くらいだろうか。収録する1作品を書いている最中だけど、その話のテーマ曲というかオープニング曲を作りたいと思っていて、私が作った時のないジャンルの音楽になるから、まだ世界観というか歌詞とか難しくて色々と考えながら作成している感じ。もう少しイメージが固まってくると面白くなってくるかもしれない。駄作にこんなに力を入れて作るのもおかしな話だが、今私が書いているものは「駄作」だということを自分でも忘れそうだ。面白い内容に仕上げてはいけないのである。常に駄作感を漂わせないといけないという、逆に難しいんじゃないか?と一瞬思ってしまったが、普段から駄作ばかり書いているから、力を抜いて普通に書けば、それだけで「駄作」の出来上がりなのである。駄作大量生産野郎とか言わないように!

それ以外は、本来私が進めるべき仕事を全く手をつけずに、細々した他の会社のタスクを2案件終わらせることができた。本命の仕事はできなかったが、どちらにしてもやらなければいけない雑用案件だったから、むしろ身軽になっってよかったかもしれない。面倒な事から先にやっつけておくと気楽になれるのだが、先週の個人事業で新規追加された案件は放置しておいた。気がのった時に一気にやりあげてしまうのがいいだろう。素早くやってアップしても、どうせ、あれもやってくれ、ここはこうしてくれ、やっぱこう変えたいから変更後にもう一回処理してくれとか、2度手間、3度手間になるのが目に見えているから、かなり気分がのった時に映画でも見ながらパパっと終わらせることにしよう。

そういえば営業からHPのノートパソコンの内蔵バッテリーがヘタってしまいフル充電をしても10分くらいで電源が落ちてしまうという、どんだけバッテリー劣化してるんすかね?というような状態の相談をされた。少し昔のノートパソコンであれば、背面を見るとバッテリーだけ別に取り外しができて、あまり電源が長くもたない機種なんかは、バッテリー交換できるように予備のバッテリーを持ち歩いていたくらいだったのだが、ここ最近のノートパソコンのバッテリーは本体一枚蓋の中に入っていて、下手をするとメーカーに出さないと交換できないような代物もあるくらいである。私物のマックブックエアーのバッテリーも膨張して出っぱってしまい、純正品ではなくジェネリック製みたいなパチものではないとは思うけど、サードパーティ製の安いバッテリー(出火するかも・・・)を取り替えたら、うまく動作した経験があったから、ネットで探してみたら問題なく交換ができるみたいだし、全く同じ型番のバッテリーが売っていたから、すぐに手配をするようにしたが、内蔵バッテリーが9000円くらいして、高ぇとか思ってしまったが、新しいノートパソコンを購入するよりは経済的であろう。私も金があれば自宅のimacとMacBookAirを最新のものに替えてみたいものである。主にDTMで使っているのだが、あまりに多くのプラグインを使うとシステムが落ちるという事態に直面しているのだが、実はそこまで多くのプラグインを導入することなく作曲をしていたりするから、何とかもっているような感じ。コンプッサーとリバーブとディストーションのシュミレーターに、フェンダーを模したようなアンプのシュミレーターくらいしか使ってないかな。GTRでお気に入りのセットがプリインストールされていて、ハードロックでレコーディングする時にそれを使う事が多くて、この辺りを使うと運が悪いとソフトが落ちたり、音が出なくなるという悲しい現象が起きる時があるのだが、再起動すれば何の問題もなく動作してくれるから、少し手間がかかるけどまだ使えるという限界まで使うスタイル(笑)

-2021年11月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.