2021年11月ブログ ブログ

2021年11月16日 想定外の行動をした

投稿日:

今日も天気が良いが、昨日と全く同じ行動をすることに対して、やや憂鬱になってしまう。天気がいい事と、昨日と全く同じ行動をする事に対して関連性はないのだが、昨日も天気だったせいか、私の生活に全くの変化を感じることができずに、憂鬱になってしまったものと考えられる。会社から外出せずに1週間、ずっと社内で働いている社員が多くいるのだが、よく耐えられるなと疑問に思うのだが、毎日全く同じ行動をすることに対して抵抗が無い人なのだろう。むしろ、変化を嫌うのかもしれない。こればかりは人それぞれだから、何が正しいとかは無いのだが、今日も会社へ行って天気がいいのに建物内にずっといて、1日中パソコンの前にいなければいけないという、あれ?昨日も同じ事してましたけど。なんて考えてしまうのだが、他の社員の人はしっかりしているから、自分の仕事を一生懸命こなしているのだろう。私のように窓際社員で暇な人は、そういう余計な事を考える隙ができてしまい、ひとつの事に集中することができないのかもしれない。今日は社内、明日は千葉県とかそういう感じで、うまくバランスがとれればいいのだが、だいたいは外出と社内勤務が固まったりするものである。

私の精神状態はライフノートで自分の気持ちというか、心が少し整理されて精神がほんの少しだけ回復したような気がする。正常値が100だとすると、私の正常値は80くらいで、最初から20くらい目減りしたところが精神状態がMAXにいい状態となるような気がするのだが、これはバッテリーとかと同じで最大値が年々下がってくるという、毎年心が汚れきっていますねというような状態だと思っている。そんなわけで、今日も会社のヤリマン社員が目の前で付き合っているであろう男性社員とずっとイチャイチャしていたのだが、以前よりは(変態小説を書いている時よりは)気にならなくなった。月曜日からヤル気モードでイチャイチャするのは珍しいのだが、もしかしたら私の精神状態をチェックするために、敢えて私の前で何回もイチャついているのかもしれない。変態小説を書き終えた今、このモデルには用は無いし、どんな生き方をするのかも自由であり、私の目の前でイチャついても一向に構わんという、どこかで聞いたような台詞が脳裏をよぎったが、まだまだ私の精神状態は良くなさそうだ。去年もそうだったのだが、精神状態が安定してくると、神経質に身の回りを整理整頓したり小綺麗にしたりする気力が失われてくる。なので、現状の常に身の回りの整理整頓と身なりをしっかり保つという行動ができる状態のまま、精神を回復させる必要がある。前回は、精神状況が安定したら神経質に汚れや臭いに対して鈍感になってしまった。で、今回再び精神がぶっ壊れたことによって、臭いや汚れ、身なりを常に気にするようにして、変な臭いが少しでもしたら自分から発している臭いと思って、首筋やら耳の裏やら加齢臭の元になりそうな箇所を徹底的に拭きあげまくっているのだが、その習慣は無くしたくないかな。スーツのちょっとした汚れも皺も、靴の汚れも許せないくらい神経質になっている。とてもいい事である。

会社では、先日に細々したタスクを終わらせていたから、本来やるべき仕事を少し進めることができた。自分でキリのいいところを区切って作業できるところは窓際ならではの大技であろう。「今日はここまででいいや」という非常に甘い自己判断。で、多く余っている時間で、今日はやろうと思っていなかったStreet Snapper GRⅢ'の写真選定を行うことにした。このシリーズ、かなり長く続く予定なのだが、1作品に対して表紙を抜いて200枚の写真を選定することに決めた。今回の作品はカラーが3枚くらい混ざっているんだけど、どうしてもこれは外せないというカラー作品には珍しく刺さる作品が撮れていたから、カラー写真もいれたが今後はオールモノクロにしたいと思う。あのカラーはGRⅢでしか表現できない独特な作品である。つい、200枚の選定を終えてしまい、珍しくその日のうちに再選考をして、この200枚は譲れないという決定を下し、さらに表紙の写真を決定して下準備を全て終わらせるところまで作業をしてしまった。確かに今月中には出版できればいいなかぁという軽い感じだったのだが、どうやら明日には出版できそうな雰囲気で、なかなかの創作活動の熱の入りように、仕事が疎かになりやや困る。でも、一応スローペースでは進めている感じではあるのだが、そこは窓際。全ての行動を自分のペースで進めることができるというメリットはあるものの、さすがに用も無いのに外出ということはできず、今日も一日社内で仕事と創作活動をしてみた。デメリットは給料が少ないというところだが、そこは株でも個人事業でも好きな方法で資産を増やすしかない、全てが自己責任という、ある意味ハードモードな生活を今日も送ることができたようだ(笑)。あ、でも一応、営業の役には立っているみたいだから、そこまで非難はされないけど、窓際という身分故に同情されている可能性が高い。

-2021年11月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.