2022年01月ブログ ブログ

2022年1月7日 昨日の写真を有効活用する

投稿日:

昨日は都心でも大雪が降り、夜には雪は止んだものの今朝は路面の凍結が心配である。

どうせ車は混みあって、我先と強引に割り込みをしたり調子こいてスピードを出してスリップして事故る奴が多いと予測して、いつもより1時間くらい早く家を出ることにした。読み通り、自宅から会社までずっとノロノロ運転が続くくらい(13kmの距離くらいをずっと10km/hくらいの速度で走った)道が混んでいて、これだけ混んで車が詰まっていれば事故を起こす方が難しいレベルになっていて、丁度いいだろうという判断。

道路が空いていたら空いていたで、スピードは出したくないし、かといって安全運転をしていると春日部ナンバーの車が後ろからパッシングしながらハエみたいに左右にウロチョロ動いて煽ってくるだろうし、降りて「ちょっとお話ししましょうか?」と思っても、車から降りてくる度胸はないみたいなのが多くて国道4号線は困る。

でも、車が止まっているタイミングで相変わらず「麺パンチャーりきや」をポチポチで入力しながら通勤したから、いつもの倍の時間がかかっていたみたいだけど、全然ストレスにならなかったところか、もう少し止まり続けていてくれてもいい感じ。麺パンチャーりきやは会社でも夕方に執筆したけど、まだまだシナリオを残しつつも入力した文字数は2万9千文字を越えてしまい、想定していた3万文字では絶対に収まらないボリュームになってしまった。

どうも、りきやシリーズは書きやすいのか、ポンポン頭に文章が浮かんできて、それをひたすらアウトプットしているわけだけど、次から次へとネタが頭に浮かぶ状態で気付けば3万文字目前。このまま私が想定しているシナリオを進めていくと長くて約4万文字。できれば、あと5千文字以内で決着をつけたく、ひとつシナリオを飛ばしてしまおうかとも考えたが、それをやってしまったら私の作品の質が落ちることになり(元から質は悪いが)きっと、私は書かなかったことを後悔するだろう。

下手をしたら「りきやシリーズ」で1冊の書籍を書き上げられるくらいな感じ。もしかしたら今日あたりに書き終えるんじゃないか?と甘いことを考えたが、まだ数日はかかりそうな勢い。でも、妥協することなく後悔なしで作品を公開する方針。

先日の雪の写真を見返していて、自分で書くのも何だけど、なかなかいい作品に仕上がっているものが多い。腕があがったというよりはGRⅢのお陰なわけだが、なんだか写真がうまくなったような気がした。雪と傘と店の組み合わせの写真でソウルイーター氏を思い出したり、これは活用しないともったいないなぁという思考へ。

で、最近は全く更新していなかったギャラリーに作品をアップすることにした。久しぶりの写真選定やらホームページの改訂で楽しく作業することができ、アップ報告をさっそくTwitterにもアップしてみたけど、反応は無いと思われる。写真を選定していて、何枚も載せたい写真があることに気付いて、昨日の東京の雪景色だけで1冊の電子書籍が作れそうだということに気付き、近々、「Tokyo Snow Scean」というタイトルで1冊の写真作品集を出版することにした。モノクロ9割カラー1割くらいの割合で、約700枚撮影したなかから150枚くらいに厳選して、できればちょっとしたコメントページも入れてみたいかなぁと思っている。恐らくは来週の月曜日までにはスピード出版できそうだから、今後の予定に追記することは今回はなしとした。

会社ではガソリンをいれたり、写真を選定してホームページに追加したりブログを書いたり小説を執筆したりしたわけだが、ちょっとした電話対応やらきちんとした仕事を1つ終え、手元にある仕事の1部分に手をつけることができている。仕事と創作のバランスとしては丁度よろしいかと思われる。

行きは地面が凍っていてトロトロ運転だったが帰りには幹線道路の氷は溶けていて、金曜日ということもあり、恐らく都民や東京の近隣県に住んでいる人は酒を飲むために電車で帰っているのかな?と思われる。

私は本当にお酒を飲まなくなってしまい、約1週間あった正月前後の休みの間に350mlの缶ビールを1缶飲んだだけで、しかもその酒も何となく飲んだだけで別に飲まなくてもよかったかなと思ってしまったくらい。だから先月に買い置きしている缶ビールが冷蔵庫に入りっぱなしになっていて、いつかは冷蔵庫の缶ビールを飲む時がくるだろうと思うけど、いつ飲むかは不明である。封を開けていないややお高い日本酒も、もう飲まないと思って仲のいい知り合いにあげてしまった。

体調が悪いとか病気をしている訳ではなく酒をやめる理由はないがあまり酒を飲む気がおこらないから、2022年で完全に酒を断つのも悪くはない気がしてきたな。

-2022年01月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.