2022年01月ブログ ブログ

2022年1月8日 どうも4コマが進まない

投稿日:

今日は土曜日で、本来であれば出社日だったのだが、3連休を意識してかのまさかの会社が休みになるという事態がおき、今日は休みである。だが、どちらかとうと出社した方がありがたかったかなぁとも思わなくはない。まだ手元にちょっとした残務があり、コナンでも見ながら残務処理をするか、もしくは麺パンチャーりきやを会社で集中して書き終えるか、もしくは先日撮影した雪景色の電子書籍に掲載する写真選定をしたりと色々と会社でもやりたい事が多く、自宅で作業するよりは会社の方が集中できるのである。

そもそも今日が休みになるというのは直前の夕方に、会社のクズの男が通達したのだが、私には伝えずに何も知らない私が出社して「ざまぁ」と思わせたい節が見えたが、そこはクズの男が考えそうなことである。言われる前に知っていたらかどうでもよかったし、むしろ出社した方が私としては有利。3連休とか言っても、外出すればコロナにかかるし、まとめて会社を休みたいとも思わないし、そもそもどちらでもよいといったところだろうか。

せっかく土曜日が休みだから、朝5時に起きていつものように手帳整理やら写真整理やらをした後に、部屋全体の中掃除をこなすことができた。家具をすべて退かし、ソファーは分解してカーペットやらベッドやらをレイコップで埃を吸いとりファブリーズをかける。床もよほど重たくて動かせない冷蔵庫とかは流石にそのままだが、テレビボードやらソファーなんかはすべて動かし、床を掃除機をかけたあとに濡れた雑巾で床磨きをしている。

玄関も雑巾がけをしているから、何の抵抗もなく裸足のまま玄関に出ることができるくらい磨きあげる感じ。テーブルやらテレビの裏側、テレビボードやらシンクとか机の上とか、とにかく全部拭きあげることをしているのだが、他の家庭も当たり前のようにやっている事だから、珍しい事ではない。ただ珍しいのは、床を雑巾がけするときに、モップタイプのものを使わずに、小学生とか寺のお坊さんのイメージみたいな雑巾がけダッシュで運動も取り入れた掃除方法をすることにしている。今時、自宅の床を拭きあげるのに、ダダダダッと雑巾ダッシュするバカもおるまいて。そもそも掃除機もかけずに、お掃除ロボット的なガジェットを使って、常に部屋のなかをきれいにしているものと思われる。そんな時代になったにも関わらず、私の場合は運動不足解消のためにも。自分の手で掃除をすることにしている。

今朝、手帳を整理していて、今年に入り丁度1週間経ったのかという事に気付いた。

会社には3日間しか出社していないわけだが、今年に入ってから今日に至るまでに、かなり長い感じがした。この1週間の間に、たいした事はやっていないが、隙間なくなにかしら作業をブチ込んでいるのがいけないのか、1週間前にが1月1日でグデグデしていたとは思えないくらい、過去の話であり、1週間前が1年前くらいの感覚にさえ思えてくる。

今日は結局自宅で、「tokyo Snow Scean」の1回目の写真選定を行い、約700枚の写真から使えそうな写真を選定していき、今回の写真作品集に掲載しようと考えていた150枚を余裕で越えて、180枚くらいの写真を選定することができた。1回目の選定にしては丁度いい数になった。これで明日に、さらに写真を選定して150枚にするのが目的である。「あっ、この写真いいなぁ」と思っていても、よく見てみると似たような写真とカブっていたりするものであり、これを掲載していきたいなと思ったモノをさらに削り込んでいくと、さらに洗礼された写真だけが残り最高の写真作品集になるという寸法。今回は珍しくカラーs写真も多く撮影していたから、作品集での割合はモノクロ7に対してカラーが3くらいだろうか。明日に、また再編成をする予定。より先例された写真作品集を出版していこう。それにしても、明日にでも出版することができれば、今年に入り早々に2冊の本を出版したことになる。

それと「麺パンチャーりきや」もかなり書き進めることができ、現在で約4万4千文字くらいまで進み、ストーリーも少し進ませることができた。まだもう少し書きたい内容があるから、完成は4万文字手前で落ち着くような感じだろうか。つい調子に乗ってバリバリと書いていたが、着地は約4万文字とすることにした。それでも、いつも出版している小説よりは文字数が若干短く、全部会わせても20万文字に達していない。

さらに空いた時間でTwittterに掲載していきたい4コマ漫画を書こうと思っていたのだが、どうも手が進まず。

キャラクタも漫画のタイトルも決まっていて、内容もネタに尽きない、たもつネタで攻めようと思っているのだが、どうも手が進まないというか、書く気力がわかないと言った方が表現的には近いかもしれない。書くのが面倒くさいのか、話の内容があまりにもくだらなすぎるのか、まだ「かんきの人」の絵を書き慣れていないから面倒だと思うのか。

「ちょっとこい伝説」の4コマであればスラスラ書くことができるから、ちょっとした空き時間にタブレットでさらさらっと書くことができるかもしれないが、主人公のたもつを書き慣れていないのが敗因なのだろう。だから、空き時間にチマチマとたもつの絵を書いたり、色々な表情の絵を書いて「かんきの人」を開始したいところである。練習する時間は、恐らくは通勤中の信号待ちの時に作業することになるのだろうと思われる。

外出も全くというか、夜食の食材を近所のスーパーに買い出しには行ったが、あらかじめ買うものを決めていたから、店内に滞在していたのは10分居なかったと思う。今後も効率よく、購入するものを決めてからスーパーに入店してコロナに感染しないように気を付けなければいけないだろう。何事も効率よくやっていこうと思った。

-2022年01月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.