2022年01月ブログ ブログ

2022年1月10日 M3赤エルマー縛りプレイ

投稿日:

今日は月曜日だが、祭日で会社は休みである。今日は朝5時に起きることができ、手帳整理と写真整理なんかをして朝食を買いに行くことができた。昨日の目眩とダルさは、寝不足なのかストレスなのか。

毎回、書いていることではあるが、どうすれば私のやりたい放題生活でストレスが溜まるのかといいうと、自己分析をしてみた結果、様々な理由があげられるのだが、やはり窓際社員扱いが自由を気取っている割に、空気扱いされている面も否めなく、無意識に孤独感があるのではないだろうか?という分析。もしくは、もっと力が出せるはずなのに不完全燃焼を起こしているからという分析もある。創作活動やら写真活動を取り除いたら、かなりの仕事をこなすことができるだろう(って昔に戻るだけのような気がしなくもないが)し、報酬も多くはなるだろう。

この接続詞が好きだから敢えて使うけど、だがしかし!だがしかしだ!

私から創作活動とカメラを取ったら何も残らなくなってしまうという恐怖感から、趣味なのか仕事なのか金稼ぎの一環なのかは怖くて深い分析をしていないのだが、これが無くなったらおしまいだよ、というのが私にとってはカメラも含めた創作活動である。

現状もアイデアを考えて、形にして、世に出す。ところまではいいのだが、全く認知度もあがっておらず、この世に存在していないと言っても過言ではないくらいひっそりと身を潜ませた商品ばかりである。これを、もっと世の中の、色々な人に役立つモノを創作して世に出せば、多くの人が助かるような、お金儲けじゃなくて多くの人の役に立ちたいという気持ちで何か創作をして形にして世に出せればいいなと少しは考えている。なので、今はくだらない小説やら音楽やら写真作品集なんぞを作っているけど、と書いてみたものの写真作品集も誰かの役に立つかもしれない。かなり少数派だが。音楽活動もヒーリング効果とか書いたら詐欺になるから書けないけど、心が落ち着くような曲を作って世にだし、多くの人がリラックスしてもらえるのではなか!?今みたいにギターを激しくカッティングするんゴ!とか言いながら、結局音が潰れて何を弾いてるのかよくわからない狂ったような曲よりも、落ち着いた曲を作っていくという方向転換も面白いかもしれない。

そんな創作に関しての事ばかり考えている時が至福の時なのかもしれないという、なんとも自分の殻に閉じこもった状態で生活してきたわけだが、今年もその考えは変わらなそう。

話を戻すと、創作の中だけで生きていけばストレス溜まらないという結論に達したわけだが、そんな事は言っておられず現実を見ないと生きていけない残酷な世の中だから、多少のストレスが溜まるのは仕方がない事なのだろう。それと、もうひとつストレス回避方法として、全くの無関心になるという手もある。

ストレスの要因になる大半は、自分の身に何か起きた時にストレスが溜まるものであるが、それらを全て無関心にしてしまう方法で、今後の人生に大きな影響を与えかねない、かなりリスキーなストレス回避方法である。自己分析では、会社へ行き帰りに必要な車通勤でも、国道4号線の大半の無能ドライバーのせいで、ストレスが備蓄されている可能性が高い。なので、どんなに煽られようが、前の車がウィンカーを出さずに無理矢理割り込んでこようが、前の車が急ブレーキを踏もうが、後ろから車が突っ込んでこようが関心を持たなければストレスにならないのではないだろうか?でも、無関心を貫くことがストレスになりかねないという諸刃の剣であり、難易度の高いストレス回避法なので実践するのは、まだまだ先の領域なのかもしれない。

今年の行動目標に「ストレスを溜めない」という項目を追加してもいいんじゃないかと思うくらい。現にストレスが原因か寝不足が原因か疲労が原因かはわからないが、去年の年末に不整脈が治らなかったりしたし、ストレスは身体によろしくない。タモロックの新曲「不整脈が止まらない」という曲を作ろうかな?と思うくらい丸1日不整脈が続いて、もうね、かなり嫌な感じですよ。なんなら、ドラムを叩きながら「不整脈が止まらない」を歌いたくなるくらい!勝手にメロディ流れて、絶対にあの曲に引っ張られてしまって作れない曲だよ!

まぁ、そんなバカな事ばかり書いていないで、今日は午前中に麺パンチャーりきやを少し書き進めるも、まだ完成せず。書き終わりそうで、なかなか書き終えれないんだよね。不思議なことに。現在は3万8千文字の半ばを越えたくらい。このままいけば、2回目に修正をかけた4万文字前後の枠内で完成する予定。当初の3万文字完成予定を大幅に上回ってしまい、ここまで話が広がるとはやや驚いている。やろうと思えば麺パンチャーりきやだけで1冊の本を作れるくらい広げられる可能性も秘めており、短編集にしておくには勿体ないネタかな?とも少し考えたりした。

午後からは人混みを避けながら、またもや浅草を散歩することにした。いくら、外を歩けばコロナに当たるとはいえ、2日連続で引き込もっていると身体にカビが生えそうだし、先日にダラダラしながら読んだMy Lica My Lifeの影響もあったらしく、いつになっても減らないM3+赤エルマーの組み合わせでの、フィルム撮影をしたくなった。これは敢えて置いていった訳ではなく、本当にGRⅢを自宅に置いてきてしまいM3のみでのスナップ撮影となった。

フィルムは元々、装填されていたILFORD HP5 PLUSが残り約15枚。安いフィルムしか買えないのである。それと36枚モノクロフィルムを1つ持っていき、合計で約50枚は撮影できる装備で望んだ。まさかGRⅢを自宅に忘れてきたと思ってもいなかったから(取りに戻るのも面倒だと思った)、50ショット分のフィルムと機械式カメラM3の現代では非力ともいえる装備で立ち向かう姿は、まるでバイオハザードのナイトメアモードをプレイするような感じにも思えたりした。弾数少ないから無駄撃ちをすると詰んでしまい、基本、雑魚敵は倒さずにスルーしていかないとクリアできないアレである。回りをみると、浅草に新成人を祝う会場があるみたいで、着物姿の人が多くいた。

それでも人混みを避けながら、いつもならノーファインダーでパシパシGRⅢで撮影して、結果500枚近くなる写真が、申し訳ないが新成人に背景の一部と化してもらったようなストリートスナップを40枚程撮影することができた。もうね、「あっ!これいいな!」と思ったら露出計で光量を計り、レンズを伸ばして固定して、絞りとシャッタースピードを調整して、構図を確認して、ピントを合わせて、呼吸を整えてシャッターを押す!って、そりゃあ間違いなくスナップには向かないだろう!という撮影をしてみた。本来であれば目測3mくらいで絞りを8くらいのスナップシューター設定にしておけば、バシバシシャッター切れるけど、それじゃあGRⅢと同じになってしまうしフィルムはもったいないし。

なので、普段はあまりやらない、どっしり構えた写真撮影をすることができた。で、自宅に帰って速攻で現像作業に入るのが今までのパターンだったんだけど、敢えての寝かせをすることにした。時間と心身共に余裕のある時にでも現像することにして、何を撮影したのか、うろ覚えくらいが現像をする楽しみというものではあるが、下手をすると使い終えたフィルムを無くしてしまったり忘却してしまう可能性も無くはない。タイムカプセル的に防湿庫に10年間くらい入れておいて、10年後に現像してみるというのも楽しいかもしれない。賞味期限はとっくに切れてしまうが、保存が悪くなければ問題なく現像できるものと思われるし、多少、劣化していた方が作品に味が出るってものだろう。

-2022年01月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.