2022年01月ブログ ブログ

2022年1月17日 スマホの動作見直し

投稿日:

今日は月曜日なので出勤である。とはいえ、いつもの朝5時起きで、特に事故渋滞もなかったおかげで遅刻することなく会社に辿りつくことができた。いやー、そんな誰でも簡単にできる当たり前の事を書くなよ!と言われそうだが、朝の国道4号線は、飛天御劔流をもってしても至極読みづらく、先の先をとったとしても事故渋滞で12kmの距離を2時間かけて移動するということも暫しあり、30分早く行動したからといって、確実に会社に辿りつく保証がないのである。地雷や待ち伏せを警戒しながら進む戦車よりかは早いかもしれないけど、特に週明けは窓際社員といえど気を遣っているのである。偉そうに書いてみたが、できて当たり前の事であるが、それができない時があるから窓際社員にされてしまうのだろう。

先週に手掛けていた出版物のほとんどを終えてしまい、今年から再び本腰を入れようとしているタモロックも、腰が重くなかなか曲作りを再開することができずにいたが、何年も前からアイデアだけはあった端材03タモロックの全てというゴミ雑誌を作りながら曲作りのテンションを爆上げすれば曲作りもネ申がかったアイデアが降臨するのではないだろうか?という算段に基づき、今日から作業をするつもり。

つもりでいたんだけど、実はかなり以前から、チビチビとタモロックの全ての編集を行っており、その途中までのデータが会社のPCに入っていると思っていたのだが、全くファイルの形跡がない。自宅のPCなのか、もしくは会社から支給されているノートPCの中にデータが入っていたのか。最後に作業をしたのは、かなり前の事だから、どのPCで作業をしていたのか覚えていないくらい。しかも会社から支給されているノートPCは自宅に置きっぱなしというね。去年なんか自宅に置いていたことすら忘れて紛失したかと思ったくらい。そもそも自宅に置きっぱなしというだけでも、他の会社なら大問題になるのかもしれない。15インチと大きいのだが重さは1kgを切っているスリムノートで非常に使いやすいんだけど、衝撃に弱いらしく、持ち歩いているうちに外装がボコボコになってしまったから、とてもじゃないけどお客さんの前で広げるのに躊躇するレベルになってしまった。

2割は仕事で使って8割は創作で使っていたりするんだけど、キーが低くて少し使いにくく、M:rderの7割くらいを会社から支給されているノートPCで作成したんだけど、なかなか入力しづらかったかな。20万文字くらい入力しておいて何だけど、非常に肩が凝る印象がある。

なので、今日は残念ながらやろう!と思っていたタモロックの全ての創作が出鼻を挫かれたような、カウンターでジャブをクリーンヒットさせられたような気分にはなったが、今現状、創作活動が他になくアイデアも浮かばないという八方塞がりな状態。

でも、ひとつだけ案が浮かび、端材04アート写真特集というのも、かなり昔から企画していて温存しているというか、端材シリーズはページ編集が大変だから後回しになりっぱなしになっているのだが、現像を失敗したフィルム特集を入れようかという案が出た。もうね、スタイリッシュでアートに!フィルムが依れてしまった状態で現像したフィルムとか使っていくと無駄がないかな・・・と。使えないものを使う思考というのは個人的に好きである。

では、何をしていたのかというと、土曜日に舞い込んできた会社のお客さんからの面倒な調べものと、いつもお世話をしているが私もお世話になっているお客さんの手伝いをした。それと、見てはいけないSummilux35mmF1.4 2ndとNOKTON Classic35mmF1.4の調査。うーん、やっぱねぇルクス買えるじゃん!って思うんだけど、メインで使うのはLeica M-Dでありフィルム機ではないのである。デジカメに最適化され敢えて収差を残して作っているNOKTONで遊び尽くして、10年くらい経って口うるさい老害じじいになった時にルクス2ndを買っても遅くはないのではないだろうか?という思考がなくもない。ライカじゃないレンズに耐えられるかどうかは別として、その時は「ズミクロン持ってますけど何か?」という、見栄を張るんじゃないよ!って見栄を張るわけじゃなくて、Leicaオーナーの方ならわかってもらえるかもしれないんだけど、自己満足というかやっぱねぇLeicaのカメラにサードパーティー製のレンズってつけたくないんだよねぇ。とか言っていると作品の幅広がりませんから。という、私の頭の中で「待った!」と「意義あり!」の大逆転裁判劇が繰り広げられている。現状は、Summiluxを買う事を全力で阻止する弁護側が強い感じかな。まだ、追求~追いつめられて~のBGMは脳内で流れていない状態(笑)

いい加減に激重になってしまったREDME NOTE 9Tの機種変更も悩ましいところだったのだが、少し前まではそこまでストレスがたまらない速度だったのだがと考え、設定もそうなんだけどアプリを整理することにした。ものすごく便利だと思っていたCOLOR NOTEがメモリを喰っていた可能性が高く、そういえばこのアプリを入れてから動作が重くなったような?と思い、非常に便利だったのだが消去して、デフォルトでインストールされていたアプリのキャッシュやらアップデートデータを消去して、無駄な処理をさせないようにして、さらにアプリのアクセス許可を個別にチェックして不要そうな許可を不許可にしてみた。不許可である!とかくとあ~るしか思い出さない私は完全に病んでいると再認識をすることもできた。以前のような軽さには戻っていないが、先日までのアプリが切り替わるまでに一回画面が落ちて背景表示からのアイコン表示までまたされたりというのが無くなり、とりあえずひっかかりはないような状態でアプリの切り替えやら起動ができるまで戻すことができ、機種変更は、できればあと3年はしたくないかなぁ?といった感じ。スマホゲームもやらないから要領も64GBでなんとかなっているし、写真なんかは1万数千枚しか撮っていないけど、SDカードに逃がしてあるから、とりわけ問題はなさそう。

GRⅢを持っていなければスマホのカメラに頼らなければいけなくなるだろうけど、GRⅢはたまに動作がおかしくなるけど健在であり、調子が悪くなっても修理センターに持ち込んで、本当の限界がくるまで使いたいと思っている。これが機械式だったら、修理が可能である限り半永久的に使うことができ、人生のパートナーといえるようなカメラになるのだが、残念ながらデジカメには寿命があり、むしろ人生のパートナーになりえるのではないだろうか?と思えてしまう。完全に壊れたら土に埋めるか。って、それ不法投棄ですからね!と炎上必須だな。

-2022年01月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.