2022年01月ブログ ブログ

2022年1月21日 また抽選に申し込んだ

投稿日:

毎日書いて何だか申し訳ない感じではあるのだが、今日も昨日と同じく車通勤で社内で1日仕事をしているかどうかは別としても社内勤務である。コロナウィルスを恐れなければ間違いなく東京都写真美術館へ行って、無料入館で半日以上はいたであろう。コロナウィルスがどんなに感染拡大しようと、その手のイベントに人は集まり、入場制限がかけられるくらい人で溢れかえるのが目に見えているから、行かないことにした。

仮にだが東京都写真美術館へ行くのであれば、周辺のストリートスナップを撮りまくって、昼から会社を出たとして会社へ戻ってくるのは19時前くらいになり丁度いい感じになるのだが、やはりコロナウィルスに感染したくはないから、ここは黙って大人しく社内勤務をすることにした。

昨日に購入したPentax SPに取り付けるレンズとしてプラウベルのアンチコマー75ミリF2.8のレンズを持っていき、SPに取り付けると、こりゃあ最高に格好いい!!発売当時では誰もが想定していなかったであろう中盤カメラのレンズを35mmフィルム機に取り付けるという魔改造。感覚的にはダンガンロンパで女の人の手を自分の手にひっつけちゃったというエピソードくらい衝撃を受けているのだが、もちろん私の周囲でこんなド変態カメラをぶら下げて歩いていたり、机に置いておいても誰も気にしてくれないという。って、そりゃあ当然だろ!。

Leica M-Dにズミクロンを引っ付けて机の上に置きっぱなしにしても、もちろん無反応なのだが、それも当たり前の話しであり、例えばiPhone13Pro MAXを購入して机に置いておくと誰かが食いついてくる可能性はある。そんな時代である。とはいえ、会社の中は仕事をしに来ているから当然なのだが全くの無関心空間になっており、そもそも窓際社員というか特命係的な感じなので誰も寄り付かない辺境の地にいるから仕方がないといえば仕方がないともいえる。いくらスマホにカメラが強制的に取り付けられていてもカメラに興味のない人ばかりで逆によろしい感じではあるな。M型マウントのレンズを貸し借りできる友達が1人だけいるだけでも幸運だと思うしかないのである。

今日は会社では、本来私がやらなければいけない仕事のひとつを終わらせるという目標があり、別に来週に持ち越しても影響は全くないから問題はないのだが、こんなんでも一応は予定を立てて仕事をしているつもりだ。なので、今抱えているタスクを今週中に終えて、来週からは別の本来やらなければいけない仕事に戻るというような計画を立てている。明日は土曜日で出勤日だから明日でもいいのでは?と思ったが、今日中に終えておき、明日はタモロックの全ての編集作業を行う予定を組んでみた。なので、今日はタモロックの編集を全く手つかずにして、本来やらなければいけない仕事を集中して終わらせることができた。後半の後半、夕方17時を過ぎたくらいから、対面で1日中喋り続ける男の声がかなり耳障りになり、全く集中できなくなってしまった。電話対応してくれているから、本当にありがたいのだが、私の前の席で喚き散らし続けているから、常に100dBを超えるくらいの騒音の中で、私は集中しなければいけない作業を行っているのである。こんな状態になると、だいたいはカメラを持って散歩にでかけるか、何か買い物にでかけるかの2択になるのだが、そんなことをしてしまうと今日中に仕事を終えることができない。

仕方が無いからイヤホンを両耳に突っ込んでPCに録音しておいたラジオを聴きながら作業することにしたのだが、生半可な音量では対面の1日中喋り続ける男の声が、ラジオの音を裂いて割り込んでくる。あまりやりたくなかったが音漏れするくらいの音量にすると、対面の1日中喋り続ける男の声がシャットアウトされ、ラジオ番組だけが大音量で私の耳に入ってきた。一般的な人であれば、ラジオの音が耳障りだよ!となりそうなものだが、私にとっては対面の100dBを超える声を聞かされ続けるよりもラジオの声の方が楽しいし、作業に集中することができた。この辺りは窓際社員の特権みたいなところだろうか。イヤホンを耳に突っ込んで仕事なんかしていたら怒られるわ!というところを、私の席だけ空気みたいになっているから皆スルーしてくれるのは助かる。特効の拓に出てくる武丸みたいな感じにも思えてこなくもない。大人になってから、あの漫画を読み返すと何気に武丸はいいヤツだったし漫画内最強キャラという新事実と再確認をすることができたりする。

録音したラジオ番組のおかげでイヤホンを耳に突っ込んでから、集中のさらに上の集中である猛集中することができ、イヤホンを突っ込んでから30分で仕事を終えることができた。ラジオ番組ありがたや!なので、今後もあまりに対面の1日中喋り続ける男の声がうるさいと思ったら、迷わずイヤホンを耳に突っ込んでラジオ番組を爆音でかけることにした。耳が悪くなりそうだから乱発はしたくないんだけどなぁ。大袈裟に書いているように思えるかもしれないけど、9割以上の人は作業をする気にならなくなるくらいの騒音レベルというのを誰かに理解してもらいたいところである。

仕事を終えてメールをチェックしてみると、一瞬で品切れになってしまったトラベラーズノートのムーミンに出てくるスナフキン仕様が再販されるというメールが届いており、確認するとどうやら抽選販売になるらしい。その方が私も助かる。そうでなければ、発売時間にサイトを表示しようとしても混雑していて画面が開かずになり、画面が表示される頃には品切れとなっているのがお約束である。実店舗で販売されるのであれば、販売前日の閉店直後から店の前に並ぶ必要がある。そして、もう擦れまくっている私は「どうせ転売野郎が買い占めるんだろ?もういらねぇよ!」となり、最近は新発売されるものに全く興味がもてず、半導体不足で入荷未定、テンバイヤーが買い占めて品切れ、製造数が少なくて稀少とか、そんなのばかりで本当にその商品が実際に存在するのかどうかすらも確認できないまま私の関心から消えていくから、もう最初っから興味をもたないことにしている。

Leica M11も今日あたりに販売開始だけど、転売ヤーが買い占めるのだろうか?10台買い占めて1200万円。なかなかの金額が必要だし、Leicaというかなりコアな世界にテンバイヤーは、、、存在するのだが、それは大量入荷ではなくオールドレンズを転売する輩しかいないだろうから、最新のLEica M11を転売しようと大量買いする人はさすがにいないだろう。と、あるブログでLeica Mpを予約したけどモノが入ってこない間にCanon R6を予約してモノが入る前に考え直してCanon R5に予約をしなおしたけどモノが入ってこない間に気が変わってLeica Mモノクロームを予約したけどモノが入ってこないからカメラを買うのを諦めたけど、たまたまLeica Mpが入っているのを目にしてようやくMpを買ったという人のブログを見た。数ヶ月待っても在庫が入荷されなかったみたい。それくらい新製品は入手しづらく、今日現在のiphone13の在庫状況はわからないけど、去年にiphone13pro maxに機種変更するぞ!と決めた日に在庫がなくて、もういいやってなったばかり。スマホの新機種情報が常にスマホのタイムラインみたいなところに上がってきているけど、あんなのは全て絵空事であり、テンバイヤーの手に全て回ってしまい、本当に欲しいと思う人の手に渡るのは、次の機種が出るという噂が出た時とか1年は入手は無理じゃないかなと思っている。iphone13はiphone14が販売してようやく在庫が余るみたいな印象だし、iphone50とかの節目の時には莫大な金額が上乗せされて定価の100倍くらいの金額を出さないと買えないという予測。iphone52が出るくらいにはiphone50が激安で叩き売られていて誰も買わないという、新品の在庫が無駄に流通するんじゃないかと思っているくらい。

それくらい、新製品で欲しいと思ったものは手に入らず、擦れに擦れまくってしまった私は抽選販売という手法はありがたいことである。もしかしたら手に入る可能性が残されているからである。一般販売をしたら、あとは身体を張って店の前にテントを張って並び続けなければいけないのだが、そこまでやっても買える補償はないから、全ての商品を抽選販売にしてもらいたいところである。結果は来週の月曜日の夕方にメールが来れば当選らしいから、あまり期待しないで待つことにしようか。欲しいけど当たるかわからないから期待しないで待つのも悲しいものがあるな。

-2022年01月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.