2022年01月ブログ ブログ

2022年1月23日 不思議とダルい

投稿日:

今日は日曜日で会社は休みなのだが、いつも通り朝5時に起きて手帳整理からの写真整理。その後に朝食の買い出しをして簡単に調理したりコーヒーを淹れたりしたわけで、本来であればそこから部屋の全体中掃除をすべきなのだが、どうもやる気が出ない。

本来であれば、掃除なのだからやる気があるとなやる気がないとか、そういう問題ではなくやらなければいけなのだが、どうも身体がいうことを聞かずに、テレビをつけながら写真集を見てしまうという超絶体たらく。どうして毎週できている掃除ができないのか理由はわからず。写真集を見ている暇があれば掃除をしようよと頭のなかではわかっていても、どうも身体が動かないのである。なので、珍しく今日は部屋の中掃除を行っていない。

ソファーに座っていても、どうも肩と目が重い感じがする。熱はまったくなく、そもそも熱っぽい感じではない。もしかしたら寒さと眠気で動きが鈍っているのだろうか?昼近くまで、SNSをみたり写真集をみたりしていたが、あまりにダラダラし過ぎて余計に身体がダルくなってきたから、駅前のスーパーまで普段通らない道を歩きながら、GR3を使いスナップショットをした。私の場合、気分転換をするのに一番いい方法は散歩しながら写真を撮るというのが一番のストレス解消法なのかもしれない。普段歩かない道故に、気になったところをスナップしながら夕飯の食材の買い物をすることができた。

先日の夕飯の買い出しのときに、豚の肩ロースブロックが安く売っていたからチャーシューでも作ろうかと購入したのはいいのだが、型崩れしないためのタコ糸が見当たらず、100円ショップで購入。自宅へ戻り、早速ブロック肉に下味をつけ圧力鍋で作ることができた。なので、ダルい眠いと言っても散歩をしたり料理をすることはできるのだが、漫画を書こうと思いタブレットの電源をつけてペンを持っても書く気力が出なかったり、去年にコード進行とメロディまでつけてある作曲の続きをやろうと重い、PCの電源をつけても作曲する気力がでず、一番ひどいのは、未現像のフィルムをモノクロ現像しようと思い、ダークバッグの中でパトローネからフィルムをリールに巻き付けて、現像タンクへ入れたのはいいのだが、そこから先をやる気がなくなってしまい放置。久しぶりの現像だったから定着液を作成するところまではやったのだが、その後の現像タンクを振り振りする作業が面倒くさくなってしまい放置。

もうね、どうしたんだろうか。この無気力は。という不思議な状態になったのだが自宅でゴロゴロすると、こんなダルいことになろうとは、、、と、わかりきっていた事ではあるが、今日一日は本当に動くことができなかったというか、創作作業を拒否するような脳の動きをしていたような気がしなくもない。

このダルさに、もしかしたらというのがあり、部屋が寒いとうのと眠い、とにかく眠く目は重たく肩も重たいというのもやる気を削ぐ原因だったのかもしれない。仕方がないから夕方に2時間くらい寝たら、少しだけ頭がスッキリしたけど目が少し重かったような気がする。

とてもダルい日だったから、今日できなかったことは明日以降にやるとして、今日は短めのブログにしたいと思う。それにしても本当に時間がもったいないな。こんなダラダラしている時間があったらギターやらキーボードを弾いて何かしらのインスピレーションっていうの?アイデアのひとつでも浮かぶんじゃないかと思うんだけど、なにもやる気が起きない。でも、料理は作る気満々だったかな。非常に変な1日だった。

-2022年01月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.