2022年02月ブログ ブログ

2022年2月24日 仕事をバリバリ捌いた日

投稿日:

今日は平日なので出社の日である。いつものように車で出社をしたが、そろそろロードバイクにも乗りたい気分なのだが、去年にロードバイクに傷をつけてしまいダメージ諸々がやや心配ではあるが、今年からはスタイルを変えて、スピードを出さずにゆっくり漕ぐというマイルールを定めた。と、いうのも不整脈で病院にかかり、めっちゃ早口で喋る担当医が言うには心臓がやや肥大していて、心臓に負担をかけすぎないようにしてねと言われたのがひとつ、そしてスピードを出して走るのは楽しいのだが、やはり事故リスクも高まったりするし、むしろランドナーあたりでゆったり自転車に乗りたいと思うくらい。なんなら、愛車のCanondale SuperSixEVO改を売り捌いてエンペラーあたりのランドナーを購入したい気分であるが、なにせEVO改を傷物にしてしまったから売るに売れない状況だし、傷をつけてしまった責任は自分で負い、EVOの寿命まで付き合うのがいいだろう。私の不注意で傷をつけてしまい、カーボンにダメージがあるのかどうかの判断もできず。修理業者に診断してもらおうかとも思っているが、まだなにもしていない状態。もう少し暖かくなってきたら、ゆっくり走ることにしよう。色も気に入っていて敢えての緑色をチョイスした。Canondaleは現行で緑色のロードバイクを出しておらず、私が購入したSuperSixEVOが緑色ラスト機種だったみたいである。黒も悪くはないんだけど地味だなぁ、やっぱりさスポーツ車っていったら緑だよね!という趣旨のもとに購入した訳だが、この色は今でも気に入っている。

今日は会社に到着してから、朝から晩までひたすら仕事をした。先週に営業の人から泣きが入って助け船を出した案件の打ち合わせを夕方まで行い、終業時間まで細々してウザったいタスクを一蹴することができ、かなり精神的に楽になった感じである。まだ、細々したタスクは多少残ってはいるが、すでに整理はついているのと、かなり数が減り、あとは残党を片付けるくらいの勢いだからストレスにもならない感じ。この貸しは来週あたりに返してもらおうか!という意気込みである。来週にはSummiluxが手元に届く予定だから金曜日あたりに日光市にでも遊びに行こうか。そんな邪なことを考えている。

そのSUMMILUXを購入決定してカートに入れ、下取り機材を段ボールに詰め終わり、業者が土曜日に引き取りにくる予定になっているのだが、今でもX-Pro3と決別することにしてSummiluxを入手したのが正解だったのか悩んでしまう時がある。恐らくは大金も払うことになることに何かしらの罪悪感があるような気がしてならない。自分でも自分の気持ちがよくわからず、このタイミングでSummiluxを入手できたことは大変喜ばしいことであり、NOKTON Classicではなく、ホンモノのSummiluxなのだから、変な感情はわかないのは助かる。もしNOKTONを購入していても、ジェネリックと書くと怒られてしまうかもしれないが、やはりオリジナルがいい。その点については決断した自分を誉めてあげたい気分である。なので、現状でSummilux購入確定しているにも関わらず、少しモヤモヤしているのだが、これが購入していなかったら、さらにモヤモヤしているのだろう。そして、来週あたりにSummiluxが届き、あまりに小さなレンズとボロボロの状態に「本当にこれを買ってよかったのだろうか?」とまたモヤモヤするのは目に見えているのだが、今回の多大な犠牲を払ってでも撮影スタイルというか、今後のカメラライフに変動を与えたことにより、今はなんとなくストリートスナップを撮影しているだけで、写真作品集とか出しておきながら申し訳ないが、きっとフワフワした写真ばかりではないかと思っている。ふわふわした気持ちでシャッターを押しているから、きっとそうに違いない。しかし、ここでひとつ、写真を撮影するという大義名分の大きな柱をひとつ建てることにより、今後の作品に大きな影響を与えることは間違いないし、今よりももっと納得のいくカメラライフを送れるような気がしてならない。

なので、2年と数ヵ月共に行動してきたX-Pro3の多大なる犠牲の先はLeica沼というダークサイドが待ち受けていたわけだが、ジェダイになれずフワフワしたような状態でいるアナキンよりは、よっぽどダークサイドに堕ちてでも目的を持ってカメラライフを送った方が幸せになれるのではないだろうか?

今日は、そんな深い話しというか、私の深い精神状態を少し書いてみた。

-2022年02月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.