2022年02月ブログ ブログ

2022年2月27日 ダメだ、ガッツが足りない

投稿日:

今日は日曜日で会社は休みで、珍しく朝の6時まで寝た。1時間起きる時間を遅くしただけで体調がいつもよりいい感じ。それなら1時間早く寝るとか遅く起きるとかすればいいのだが、それがなかなかできないのである。そもそも平日に朝6時起床したら会社に間に合わなくなってしまう確率が高くなり、ちょっとした渋滞で遅刻するようになってしまう、ちょっとつまずくとアウトな、まるでスペランカーの主人公のようになってしまう。

そんな時間ギリギリで精神的によろしくない想いをするなら、早く会社に着いてしまっても構わないからリスクの低い時間帯で通勤をするようにしているのだが、これが電車であれば時間は読みやすく安定した時間で通勤ができるのだが、電車はコロナのリスクが高くなると思っているから文句は言えない。

今日も非常に暖かく、駅前までマウンテンバイクで朝食の買い出しに行ったが、そろそろ会社もロードバイク通勤にしようかといった気温。去年みたいにバカみたいな速度で走って遊ぶことはせず、 SuperSixEvo乗ってるくせに、のんびりした運転をしようと思う。私が使っている国道はロードバイク乗りが多くいるから、バリバリ抜かれると思うけど自分のペースで走るようにしよう。

去年までは私が他のロードバイクをバリバリ抜いて得体のしれない満足感に浸っていたけど、そういうのはもう若くもないしやめるようにしよう。でも48km/hくらいまでしか出ないから50km/hオーバーされると抜き切れないしとても疲れる。心臓にもよくない。それとヒルクライムもやめよう。赤城山やら榛名山やら定峰峠やら、あちこちにヒルクライムをしに行っていたが、とにかく心臓によくない(笑)。Garmin Edge 910だったかな?それとGarmin Fenix3jのセットでデータを取りながらヒルクライムをしていたんだけど、心拍数180くらいが1時間くらい続いた時があって、あの時は心臓に負担かかりまくっただろうな。それとZwiftも室内でやっていて無駄に負荷をかけるトレーニングとかやってたけど、もうね、そういう身体をいじめるのはやめよう。歳だから・・・。

で、天気もいいしマウンテンバイクも楽しい事を予測して写ルンですデジタルをポケットに入れて買い出しに行き、もうね、ホント撮影する場所がないんだけど、光の具合でここぞというポイントを撮影したり何枚か撮影をしながら朝食の買い出しをすることができた。ちなみに写ルンですデジタルというのは富士フィルムX-E1にutulensと写ルンですファインダーを使って作られた外付けファインダーを取り付けたものをいい、Leica沼のダークサイドに堕ちて滅亡が始まるサーガとかって書いたような気がするけど、一応富士フィルム機はデジタル写ルンですのために持ち続ける。そしてLeicaさんは接写が非常に苦手だからGR3も持ち歩く。そして一番楽しいのがデジタル写ルンですがファインダーを覗きながら構図を確認して撮影をするんだけど、カメラが傾いていたりすると見ていた構図と全然違う写真が撮れていて、真っすぐにファインダーを覗きながら撮影すると、きちんと見たままに撮れているというのが面白い。本体についている工学ファインダーを覗けば間違いない構図で撮影できるが、とても面白くない。むしろファインダーなんて不要で、背面モニタをOFFにして外付けファインダーだけで撮影するのが望ましいところである。写ルンですレンズはL39マウントだから、それならベッサL買えよ、バカ!と言われそうだが、やっぱりね写ルンですレンズだけあって富士フィルム機で撮影したいわけですよ。

食事を終えて、今日は珍しく川口駅前に用事があったからLeica M3に赤エルマーを装着してお出かけ。フィルムは期限切れのロモのモノクロフィルムである。あまりにも天気がいいからISO100でも赤エルマーで十分だと判断。Leica M3には赤エルマーかズマールしか取り付ける気がしない。よっぽど高価なフィルムを購入していたら、もしかしたら現行ズミクロンで撮影するかもしれないが、ロモのモノクロフィルムなら赤エルマーでばっちりいい絵が撮れるだろう。

用事をさっさと終わらせて川口駅周辺を散歩しながらスナップ。10数年前は川口市に4年間くらい住んでいた事があり、川口駅は頻繁に来ていた場所だけあり、とても懐かしい。商店街も相変わらずな店もあれば、他の店になっていたり畳んだまま新しい店が入っていない場所もあり、懐かしいような悲しいような、そんな複雑な気分になった。GR3で約200枚くらいとLeica M3で2枚撮影をした。相変わらずフィルムはケチって使っているのと、ここぞというシーンで無ければ使うことがなく、なんとなくと思った場所は全てGR3のモノクロで撮影をしている。昔、よく遊びに行っていたゲーセンも営業中で久しぶりに店内に入ってぐるりと回ってみたが、まだ午前中だけあってかお客さんがほとんどいない。

コロナ渦という事もあるかもしれないけど、これで営業していけるんかいな!?と思うくらい人がいない。なんか貸し切り?みたいな状態だが、週末の夜あたりは客で賑わっているのかもしれない。久しぶりになにかで遊ぼうかと思ったが、もうね、何も遊びたいゲームが何一つない。何とかできそうなゲームは新しくなったセガの三国志大戦だが、カードは持っていないし今やっても、うまくプレイできないだろう。きっと武将カードを1枚くらいフィールドに置き忘れたままとかなりそうだし、弓は常に動かさないといけないし、騎馬も槍も動かし続けないといけないから、昔のようなプレイはできないだろう。ってそもそも武将カードが無いんすよ。バーチャファイターもプレイする気がおきないし、鉄拳は昔からあまりやっていないから苦手だし。メダルゲームもやらないしUFOキャッチャーは取れる気がしないから最初からやらないし。音ゲーもやらないけど、湾岸ミッドナイトがあったら1ゲームくらい久しぶりにやりたいかな?と思ったら、レーシングゲームがひとつもないし。

以前はたまにゲーセンでプレイしていたんだけど、京橋の例の危ない柱に突っ込みまくっていた記憶しかない。むしろ相手キャラを押し込もうとして自爆するパターンだが、そもそもそういうゲームではない。うーむ、フルカーボン仕様のブラックバードを運転してみたいが、間違いなく即死すること間違いなしだな。300km/hの大台に乗る前からフロントが浮いているような感じがするとか、もうね正気じゃないよね、あの医者の坊や。

午後過ぎからは、今度はヨドバシ秋葉に用事があったから、秋葉原付近をこれまた「もう撮るとこねーよ!」と思いながらもスナップ散歩。Leica M3での撮影は0枚でGR3で30枚くらい撮っただろうか。そのまま新橋まで歩こうかなと思ったが、今日は歩きまわっていたせいか疲れてしまい自宅に帰ることに。

自宅に帰り、少しだけ作曲とクソ4コマ漫画を描くも、どうも気分がのらない。クソ4コマ漫画は、あまりのクソさに書く気が失せてしまうくらいのクソ漫画。去年から予告していた「かんきの人」を書いていたんだけど、きっとキャラも書きなれていなくて、うまく描けていなかったのもテンションダウンに結びついていたと思われる。なので、ノートにちびちびと「かんきの人」を落書きしまくって書きなれてしまおうという計画をたてた。

既に販売開始している「ちょっと来い伝説」は中学の頃にたくさん書いていたせいか、書きなれている分、比較的ハイペースで50話を書き上げられた気がする。だから「かんきの人」もキャラクター慣れしてしまえば書き進めることができるかもしれない。Leica沼の話しも書こうと思うが、あまりカメラネタを放り込むとていこくらんち殿のパクリみたいになるから、全く色が違うLeica沼だけ番外編で描く予定。それをどこで発表するかというと、きっと端材シリーズもしくはTwitterになるのだろうか?

そんな気分というだけで、まだ先のことは考えていないが、絵になれるためにも何でも書こうという気持ちではあるのだが、なにせガッツが足りない。歩き疲れただけであろうか?絵を描く気も無くなったし、作曲する気力もなく、前回途中まで作った曲を今日聞き直したら、どんなゴミ曲だよ!と思ってしまい白紙に戻すことにした。それよりも去年に1番だけ作ろうとして中途半端になっている曲の方が断然よさそうだから、1番しか想定していなかった曲を作ろうかと思う。

もうね、必殺技のひとつも出せないくらいガッツが残っていない状態。ドリブルで1人でも目の前に相手が現れたら余裕でボールを持っていかれるような隙だらけの状態になっているような気分。明日から気を引き締めたい。言い切らない。引き締めたい。2回書いてみた。

-2022年02月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.