2022年02月ブログ ブログ

2022年2月28日 2月最終日

投稿日:

ここ最近、ずっと時間の流れが遅く感じると書いていた気がするが、今月も28日で他の月よりも2,3日少ないはずなのだが、今月もとても長く感じた。

会社に到着し、月末とそして月曜日なので先週の振り返りからの今月の振り返りからの来月の行動目標をたてた後、今週の行動目標を決定することにした。「ほぼ日カズン」を使っていた時は手帳整理なんかも合わせると余裕で午前中が吹っ飛んでいたが、「ほぼ日オリジナル」にしてから書くスペースが少なくなったせいか手帳整理の時間が大幅に短縮することができた。が、以前のような自由度は少なくなっており少し寂しい感じの手帳になってしまっているのだが、いい歳したオッサンの手帳が女子中学生みたいな感じの手帳というのも問題はあるだろう。落書きするしシールぺたぺた貼るし写真は貼るし雑誌の切り抜きを貼って落書きするし。それでストレス解消していたところもあったりしていたのだが、今年から切り替えた「ほぼ日手帳オリジナル」でそんなことをしたら速攻で1日分のページが無くなってしまうという恐怖。去年よりはだいぶ減ってしまったがイラストを描いたりしても速攻でページの余白が無くなってしまうから、小さくイラストを描いたりするんだけどチマチマした感じがして微妙。それなら「ほぼ日カズン」に戻すか?というと、常に持ち歩くためオリジナルサイズでないと、かなり荷物になってしまう。それが嫌でオリジナルに切り替えたのだから、ある程度は諦める必要がある。それにクッソ高い(そうでもないか・・・)土屋鞄の専用カバーを買ってしまったから、あと20年間は「ほぼ日手帳オリジナル」を使い続けなければいけない。

間違えても、昔のようにPCとタブレット、スマホで予定やらタスクを管理する気はない。効率は激しくいいのだが、まったく面白味にかけるのである。そういうのに面白味はいらないと言うアダルトな人もいるだろう。しかし、常に次の行動が表示された無機質なテキスト画面を見続けなければいけないのである。以前は時間で行動を区切り、その通りに行動していれば望む結果が得られるように、スケジューリングをしていたから、常に決めた時間内で決めたタスクを終わらせて無機質なTODO画面に羅列されたタスクを消していく。少しでもつまずくと、その後の行動に影響が出るから大きく予定が異なる事はできず、常に時間とタスクに追われる生活をしなければならないのである。

タイマーがなったら、手を付けていたタスクを終わらせ、次の時間にセットしているタスクにスムーズにうつり、タスクの一覧と1日の時間割スケジュールは常にPCに表示がされ、席を立ってもスマホですぐに確認ができ、外出中の隙間時間にタブレットで追加タスクやら終了タスクを消したり情報整理をするという、思い出しただけでもゲロ吐くよ、マジで!。

もうね、そんな窮屈な生活はしたくないし、仮にそれで大金を得る事ができたとしても、何かしら精神的に病んでしまうから、今の私であれば、のんびり自分のペースでタスクをこなして、それなりの収入をいただくというスタイルが似合っているという事に気付いた。なので、今は時間でタスクは区切っておらず、1日のうちにこれだけはやっておこうというタスクを書き込み、その時の気分で好きなタスクに手を付けるといった感じだろうか。疲れたらノートに落書きするしスマホでゲームはやるしカメラとレンズの調査はするし、なんならネットで買い物もする。

人生、短いようで長かったりするから気長に自分の好きなようにやっていくのが一番である。お金がたくさん欲しい人は、お金がたくさん入る予定を立てて(悪事はダメだよ)行動すればいいし、FXや株のデイトレで儲けてもいいし、金を買い漁って儲けてもいいし。

以前の私は自分で行動した報酬を頂き、それを金やら株に投資するという鬼っぷりな事をしていたが、今ではそこまでの元気は無くなってしまい、株は少しやるが基本、損をしているな(笑)。

で、2月は非常に長い月だったのだが、予定通り電子書籍を2冊出版することができた。これは2月の行動目標に入れ込んでいたものであり見事に目標達成といったところだろうか。小説の新ネタも入れていたが、これは残念ながら何も浮かばず。作曲も少し手を入れてみたが、これも微妙な立ち位置。でもタモロックは復活させたいからギターを手に取り、適当にペンタ弾いて何かが降りてくるのを待つ。

個人事業の仕事はめっぽう少なかったが会社の仕事が無駄に多かった。1年分の働きをしたと自負しているのだが、本当に1年分くらい働いたな。そして給料以外の収入は入ってこないという不条理。しかし、これは自分で色々と考えて貸しは返してもらう事にしようとしているから、転んでもタダでは起きないという卑しい子供状態。策士策に溺れるという言葉もあるくらいだから慎重にマイライフを練る必要がある。どちらかというと、そういう隙間的な部分に注力した方が、生きているという感じはするよね。

運動やら整理整頓やら身なりはしっかりできた感じ。あとはSummilux35mmF1.4 2nd買ったりX-E1買ったりと無駄遣いが無駄に多かった。だから無駄なのであるが、結果からするとSummiluxを入手したのは無駄ではなかったと思っている。X-Pro3とアポランタ35mmを犠牲にするという超必殺技というか、フジフィルムというジェダイを裏切り、バルナック卿率いる帝国側のLeica沼というダークサイドに堕ちてしまったわけだが、これはこれである意味、今後のカメラライフのスタイルの確率と覚悟が決まった感じで、今後はLeicaオンリーのダークサイド側でカメラライフを送ることにした。無駄なレンズは買わなくなるし、ズームレンズは気持ち悪く思えるようになってしまったし、単焦点マニュアルフォーカスでしかもLeicaじゃないと使う気がしなくなってきたという偏りっぷり。現在の位置はEpisode2くらいで、これからフジフィルムのジェダイにフルボッコにされて、フジフィルムに敵意を持つようになったらEpisode3のエンディングくらい。M-D(Typ262)もBLACK PAINTだし、黒く塗れといったところだな。しかしルクスなのにダークサイドとはこれいかに・・・。って、これ昨日書いたかな?なんかね、昨日の出来事ですら、1週間前くらいな感じがしてならない。1日の活動量が多いとは思えないけど、頭の中で色々な思考が駆け巡っているから長く感じるのだろうか?

先週の行動目標の中で、身の回りの整理整頓を常にするというのは当たり前のことなのだが、精神状態も整理整頓をする計画を立て、頭の中の全てを書き出して(細々したタスクも含む)いつまでに終わらせるという整理整頓をしたら、かなり頭の中がスッキリしたような気がしたんだけど、すぐに微睡むのだろうか?いつまでに終わらせるという計画は、細々したタスクだけにさっさと片付けて精神的に楽になった事は間違いなく、気にするような事は残っていないはずなのだが・・・。

-2022年02月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.