2022年03月ブログ ブログ

2022年3月6日 久しぶりにGRⅢで刺さった

投稿日:

今日は日曜日である。会社が休みでも生活リズムを崩さないために朝5時置きを徹底しているわけだが、木曜日の藤沢市で少し生活リズムが狂い、しかもほとんどの体力をそこで使い果たしてしまい、先日は肩は重いは首は痛いわ、頭はガンガンするわでダメージが深かったせいか、目が覚めたら6時になっていたが目覚めは良かった。肩回りと首周りの運動も昨夜に少ししたおかげか、頭痛やら首と肩の重みもなくなっていて、ほどよくファインな感じ。

木曜日の隠れ居酒屋とキャバクラで大ダメージを喰ったな。でも、それくらいで生活リズムが崩れて体調が悪くなるのも今後の人生においても大問題ではあるが、基本的に飲みに行かないしキャバクラも自らは絶対にいかないから、そう何度も出くわす場面ではないのだが、それはそれで寂しい人生だなーと思う人もいるだろう。

そもそも若い時から、変に自己啓発にハマっていたせいか、キャバクラで女の人にチヤホヤされて金を払うという事に抵抗があり、まだ自分の知識やら経験になる外国人セミナーに金を使った方がいいとか思って(そんなに大金は注ぎ込んではいない)セミナーを受講したりして、その影響あって今の私が形成されているから、当時使った時間とお金は無駄だったとは思ってはいないから、自分自身はそれでいいのだが、他人からはドン引きされるようなエピソードであろう。

当時なんか何を勘違いしていたのかわからないけど、キャバクラへ行ってお金を払うんじゃなくて、むしろ私と会話ができるんだから、逆に金を私に払え!とか思っていたくらい。何様だよ!?ってなるだろうけど、私も若かったし変に知識じゃないけど自己資産(お金はもちろん人望の持ち方とか)を増やせるアドバイスを他人にできるくらいの自信家になっていたから、私とランチ会をする権利を5万円くらいで売ってもいいかもとか、すげー事を考えていた時期があった(笑)。

これはもちろん思っただけで実行はしていないし、若い社員の悩み相談みたいなものを(お節介だな)無料で聞いて、私の超人的な変態解答をしてあげたりしていた。なかなか迷惑な話ではあるが、非常識的な事ばかり言っていたから誰も真面目には聞いていなかったと思われる。

実際の例をとってみると、普通のサラリーマンなんかやらないで本当はテニスで世界を目指したかった。フェドラークラスになりたかったんだという人が若い社員でいた時期があった。そんな事を言ってのける人だから性格にも、やや難はあったが、それは私も負けていなかった。でも、もう年齢的にもそのレベルは狙えないしテニスをしてもプロにはなれない。どうしたいのか?と深く掘り下げていくと、テニスに関わる仕事がしたいというのが本音らしい。そこで、どんな仕事をしたいのかを掘り下げていくとテニススクールを経営してみたい。という話しになり、それが夢だという本音も聞き出すことができた。それなら問題は解決したも同然である。

「それなら来月くらいには、キミの夢は叶うよ」とその夢の叶え方は、今すぐにテニスコートが着いている施設を借りるか買い取るかすれば、キミはそれで経営者だ。という教え。立地がどうとか、スクール員をどうするかとか、生徒の募集とか、そんなのは後から考えればいいのである。極端かもしれないけど、場所は都内じゃなくても自宅の近くじゃなくてもいい。どこでもいいのだ。田舎に行けば行くほど安くなるし、なんならその場所の近くに移住すればいい。その時点で、キミはオーナーであり経営者であり、自分の好きなようにテニススクールを動かすことができるのである。といった感じ。

よく経営者になりたいとか言う相談というか話しを聞くと、それなら来週には君は経営者になれるよと言っても、誰も動く人はいなかったんだよなぁ。まぁ、私が舐められているだけなのだろうけど。でも私はとにかくすぐに個人事業の登録をして個人事業用の銀行口座も作って、一時期は株式会社の社員でありながら株式会社を作る手続きの最終段階までいったヤツであり、自分でもかなり危ないなぁとは思ったものだが、これはその人の性格によるもので必ずしも万人にとっていい方法かというとそうでもない。ほぼ考え無し、とにかくやってみて困ったら考えてその場を凌ぐという、かなりの無計画で無謀な事ではあるのだけど、行動は早く、その分結果も早く出る。一方、考えて考えて考え抜いて石橋を叩いて壊して作りなおして強固な石橋を作りなおしてまた壊してを繰り返して動く人は初動は物凄く遅いが計画した通りの結果を出すことができるだろう。多分。

なので当時のイケイケな私は全然イケてなかったのだが、それなりに結果を出す事ができ、今の環境は昔の行動の結果の延長上にあるわけだから自分が納得できればそれでいいという自己満足完結型。うーん、全くよくないな。

午前中はコメダ珈琲へ朝食を買いに行ったり電子書籍を読んでゆっくりしたりして、午後からは浅草に散歩に行くことにした。あ、そうそう。午前中に東京マラソンの中継をやっていて、大昔にメチャクチャ走っておいてなんだけど、よくやるなぁ~と思ってしまった。今だと5km走るのもキツいだろうな。

で、今日は曇っていたからLeica M3にsummar50mmF2.0を装着してのお散歩。ドンケのショルダーバッグにはFire HD10も入れてのお散歩である。どうしてSummarなのかというと曇った日には最高な写りをすることがあるという噂だからである。と、いうか逆光だったり光ですぐにハレーションなんか出るオールドレンズだから、そのギャップなのだろうか?ズマロンあたりで撮影すれば常に安定した写りを得ることができ、全く面白くないのだがsummarの制御できない感がまた楽しいのかもしれない。Leica M-Dで絞って撮影したら、かなりハッキリした写りをしていて驚いたものだがフィルムはなかなか減らないから、まだサンプルが非常に少ない。今日も目新しい写真を撮影したが、ほとんどがGR3で撮影をしてしまいM3では10枚もシャッターを切っていなかったと思う。それでも、いつもよりはシャッターを切った方かな。GR3で久しぶりに森山大道氏のような写真を数枚撮影することができ、ここ最近はストリートスナップはいいのだが、本当に適当になりすぎて自分で撮影した作品に情熱が持てなくなっていたような感じだったから、久しぶりにストリートスナップを撮影したての頃の感情を思い出し、やや胸が熱くなった。そのおかげか、GR3でなかなか良い作品を数枚撮影することができたようだ。これはStreet Snnaper GRⅢシリーズに掲載していこうと思う。

それからいつものジャンクフード屋へ行くと、相変わらず席は空いていてFire HD10でブログと「らいかびと」の執筆を始めた。ほとんどがブログの執筆で時間をとられてしまい本編である「らいかびと」の進みが悪かったが、書いていて昔の事を色々と思い出して少し懐かしい気持ちになれたのも、たまにはいいかといった感情。

夕飯は、昨日作ったカレーがまるでボクサーのボディ攻撃のように後からジワジワと効いてきて、今日の夜食の準備はとても楽だった。明日もカレー決定だから夜食の準備に手間がかからない約束がされているだけでストレスフリーな気分になれるな。

-2022年03月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.