2022年03月ブログ ブログ

2022年3月10日 明日の予定が決まらなくて困る

投稿日:

今日も平日だから出勤する日である。かなり暖かくなってきたとはいえ、まだ車通勤をしてしまうあたり、かなり自分に甘い緊張感の無い生活を今日もするのである。

2日前に訪問した川越市のお客さんから、やや無理ゲーな無茶ぶり案件がメールで送られてきたが、今日は暇である。暇ということは無いが、比較的やることがない日だが、速攻で仕上げてしまうと毎回無茶が通ると勘違いされてしまうのも困るから、データだけを颯爽と仕上げて時間調整をしながらデータを引き渡すことにした。もちろん、毎回すぐにできるわけではないから1週間は余裕をもってデータを寄越すようには伝えたが、恐らく相手もダメ元でメールをして、望んでいた納期にあがればラッキーくらいにしか思っていないのかもしれない。逆の立場なら、「これは無理かなー?」とか呟きながらメール送信のボタンを押しそうな感じだ。社長と犬のツーショットの写真を送ってくれれば、1回くらいは無茶を聞いてあげたいところだが、まさかそんな要望ができるわけもない。

今日は、そんな訳でたいしてやることもなく、でも少しは本来やらなければいけない仕事をこなしたわけなのだが、本題はここからである。

先月は非常に忙しい日々を乗り越え、超絶無茶ぶりな事(3日で43案件こなす)と、その後も6億越えの案件を営業に手伝わされたりして、追い込まれた日があり、その貸しを返してもらうというか、明日はのんびり過ごすと以前から決めていた日なのである。

別に明日じゃなくてもいいんだけど、明日は天気が良くて暖かくなるらしく、しかも金曜日で気が抜けまくる日である。私の場合はいつも気が抜けまくっているから曜日は、たいして重要じゃないかもしれないが、昔の習性からして昭和のオッサンだから花の金曜日でハナキンなのだが、今のご時世ハナキンとか言うとどこかのYouTuberの言い間違いにしか思われないのかもしれない。4文字で最後にキンとつけばそれなにり聞こえてしまうだろう。キッズが手を叩いて喜びそうだ。

それで明日の行動予定なのだが、以前からずっと再び行ってみたかった日光江戸村へ行こうか!と思い、ネットで色々と調査。私が最後に日光江戸村へ行ったのは高校生の時であり、当時はにゃんまげとか居なかったが、友達3人とワイワイ騒ぎながら、かなり楽しい印象が残ったままである。日光江戸村といえば子連れで行くかパートナーと行くか恋人と行くというイメージなのだが、私はもちろん単独である。もうね、首からカメラを下げて一人でウロウロして、周りから怪しい眼差しを向けられながらシャッターを切る!これは私の生き方なのであるが少し難点があり、どうやら今の時期は閉園が16時のようである。

今月末くらいから17時が閉園になるらしいが、明日は16時で終わってしまうらしいのである。私の運転で東京から、どんなに早くても2時間30分はかかる。そして会社を出るのがどんなに早くても9時なのである。いくら窓際社員といえど、朝はきちんと会社へ顔を出さなければいけないという暗黙のルールがあり、それがなければ朝の5時30分には自宅を出て日光へ向かうだろう。

仮に最速の9時に会社を出て、順調にたどり着いたとして11時30分。約4時間は遊べて一通りの見ものは見れそうだ。そしてフリーの時間は約2時間30分くらい。私のことだから素早い動きで次から次へと移動するからきっと時間いっぱいで何とか満足できるかもしれないが、ギリギリすぎるのである。GLAYのラプソディーのギリギリのバンジージャンプくらいギリギリだ。いや、B'zのギリギリchopでも構わない。とにかく時間ギリギリであり、金曜日という事を考慮すると高速道路は混むだろうし、気温もいいから日光江戸村も混むだろうし駐車場も混むだろうし、帰りの高速道も混むだろう。まぁ、帰りは混んでも時間制限はないから構わないのだが、渋滞やら何やらで到着時間が遅れるのが痛手なのである。

これが17時の閉園なら、プラス1時間の猶予があり、多少のロスタイムがあったとしても閉園ギリギリまで写真を撮りながら日光江戸村の世界を堪能することができそうだ。往復最短で5時間は運転をしなければ行けない難易度の高い場所ゆえに、中途半端の状態で帰ることになってしまったら無念なんてものじゃ済まされず、もうね、失敗は許されないのだ!失敗することがあれば門の前で切腹しろや!くらいの勢い。もうね、遊びじゃなくなるのである。それならば日光江戸村に行けるチャンスではあるが、今回は見送って閉園時間が延びたタイミングで訪れる計画を建てればいいか。という結論に至った。

それじゃあ他にやることがあるのか?というと、これがなかなか見つからない。お台場の写真撮影は飽きてしまっているし、ジョイポリスに一人で行っても全く面白くない。西武遊園地も気になっているが、ここも一人では入りにくいし、八景島も悪くはないと思ったが水族館系は去年の年末で鴨川シーワールドを練り歩き過ぎて、もういいや状態。それならロードバイクでヒルクライムも悪くはないのだが、今は心臓に負担をかけたくないしという、一体何をしたいんすか?

近隣で行きたい場所が見当たらずに困っていたのだが、そういえばハービー山口氏のTokyo Eyesの展覧がまだ終わっていないことを思い出した。1回行こうと思ったけどタイミングが合わなくなり行けなかったんだよな。会社から歩いて行ける位置ではあるけど、Leicaでも持ってハービー山口氏が在廊していたら、人と話をするのは苦手だけどハービー山口氏と話をして、雰囲気というか独特の優しいオーラが出ているみたいだから、それを是非とも体感してみたいと思ったのである。ここ最近は、本当に人と話をすることもなく、社内では窓際に追いやられ、買い物中もしゃべらないし、食事中も誰ともしゃべらずにいるから、本当にここ最近はさらにダークなオーラがダダ漏れになっている気がしてならない。元々、引きこもり体質で人と喋るのが苦手で人見知りで恥ずかしがりで近寄りがたい雰囲気を醸し出ていたのが、さらに酷くなっていると自覚はしている。

なので、ここはひとつチャレンジというか、自分を変えて、もしかしたらハービー山口氏と話をすることによって、私の写真の作品の作風も変わったり、もしかしたら知らない人に声をかけてポートレートを撮影させてもらうような今の私では想像もできないような事ができるようになるかもしれないし、ハービー山口氏は来るものは拒まないみたいだから、私のような陰の気を放っていても話をしてくれるかもしれない。何を話せばいいかなんかわからないけど、とにかく勇気を持って人に話しかけられるようになりたいかな。なので、明日はスーパーラボへ行って、そこから先は考えていないけど庭園へ行くのもいいし、散歩するのもいいし。とにかく明日は優雅にゆっくり過ごしてみようかと思っている。

夕方からは、少しだけ「らいかびと」の執筆を行い、一応は今週中の完成を目標としていたけど、今週中には仕上がらない感じ。でも、完成速度より内容にこだわりたいから、今月中に出版できればいいかな?という感想。

-2022年03月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.