2022年03月ブログ ブログ

2022年3月15日 PEN-EEを引っ張り出した日

投稿日:

今日は先日よりも陽が出て、非常に暖かくて過ごしやすい。

車だからジャケットを着る、着ないとかそういうのに悩むストレスが無くて助かる。夜になると冷えるが朝方や日中は暖かく、自宅を出る時はジャケットいらねとか思っても帰る頃になると肌寒いという日が多くなってきたように思える。

今日は、先日に事前準備を整えた、本来やらなければいけない仕事を進めようかなと思っていたのだが、少しダラしないけど腕の立つ営業の人から、飛び入りで仕事を依頼されてしまった。

この営業の人には、先週も小江戸の町で3000円台のうな重をご馳走になっているし、清い関係ではあるのだが5千円のお小遣いももらったばかりという事で無下にもできずに、仕方なしに依頼された仕事を引き受けることにした。ざっと見、1日仕事になりそうな勢いの資料であり、結果論からすると本当に丸1日かかってしまったのだが、依頼された仕事は終えることができ報告をすることもできた。

営業の人も申し訳ないと思っていてくれているらしいし、私も色々と奢ってもらったり借りを返してもらったりして申し訳ないと思っており、利害関係が一致してしるから良いバランスを保っているように思える。

今日は会社の部材の発注仕事も含めて、ヨドバシ秋葉までLeica M-DにSummilux35mm F1.4 2ndをつけてスナップ散歩にでかけた。非常にポカポカ陽気で散歩をしていて非常に気持ちが良い。

ここ最近はSummiluxを使おうと思ってつけっぱなしにしている。

Summiluxを購入してから、あまり使っておらず、使いどころというかクセというか、どの場面では絞った方がいいかとか、どのシーンで解放の方がいいのかとか、解放で撮影した時にどんな場面だと写真が暴れるのだろうか?というのを全然つかめていないのである。

なので、Summiluxともっと仲良くなれるようにカメラにつけっぱなしになっている。Summilux 35mm 2ndは年代によって、レンズの質というか写りが異なってくるらしく、年代が進めば進むほど開放で撮影した時の暴れが少ないらしい。

ブログを読み漁ると、ほんの僅かな光源でハレーションが出たり、光源が乱れたりする写真を見てきたわけだが、私のSummilux35mmF1.4 2ndは開放時の乱れが、だいぶ大人しい部類にはいるものと思われれる。強い光源が近くにある状態で撮影しても、ハレーションが起きるのは少数だし、ハレーション自体の写り込みも薄い。もっとド派手に写ってくれてもいいのだが、そういう崩した作品を撮影するには、もっと仲良くなってコツを掴む必要がありそうである。

それと、つい開放で撮影してしまうのだが、2.8と5.6の差も把握できておらず、もっと多くの時間を共有する必要があるのである。

あまりに陽気が良すぎたせいか突然、ハーフカメラが使いたくなり、会社に寝かせっぱなしになっているPEN-EEを引きずりだしてみた。ハーフサイズだから36枚撮りのフィルムで72枚撮影ができ、PEN-EEでは今までフィルム3本分くらいしか撮影をしていないのだが、今まではすべてがモノクロ撮影。

今回はカラーで撮影したいと思い、ついでにヨドバシカメラで富士カラー100のフィルムを購入しておいたが1本1060円もする大高騰。高い!以前は400円くらいで買えたのだが、需要と供給の問題で高騰してしまうのは仕方がないことなのだろう。今日は久しぶりにPEN-EEにフィルムを詰めたところまで作業をして、一回もシャッターを切っていないが、春~夏にかけてハーフ作品を撮影していきたいと思った。以前もそうだったが、72枚使いきるのに半年はかかるというハイコスパ状態だからフィルムと現像代で約2500円くらいかかるとしても許容できる範囲であろう。

当面はLeica M-D(typ262)とSummilluxとPEN-EEで遊ぶ流れでGR3は普段通りのストリートスナップを撮影し続ける予定である。

-2022年03月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.