2022年03月ブログ ブログ

2022年3月18日 創作活動が捗った

投稿日:

今日は3連休前の金曜日という立ち位置なのだが、雨になる様子。会社へ向かう時には曇り空だったのだが、午後からは緩やかに雨が降ってきて、夜にはどしゃ降りになった。

今週の途中から、ほとんど使っていないipadやらRaytrekのタブレットを何とか活用できないものだろうかと、会社へ持っていき久しぶりに電源をいれると、2台ともバージョンアップ待ちになるという、h差仕振りに電源入れたらあるある現代バージョン。

ipadは主に音楽製作で使うアプリが多く入っており、後は銀盤写真みたいなのが撮影できるアプリだったり多くのエフェクトが選択できる写真アプリだったりするものが入っており、大昔に今のバージョンではないGoodNoteを購入したことがあったのだが、最新版を調べてみると5になっており、別途買い直さないと使えない状態になっていて、少しがっかりした。どちらかというと、ipadは壊れてしまったM5 Liteの変わりに使えそうである。ipad 7世代目のものであり、アップルペンシルは1世代のものが使えるし、M5 Liteで大活躍してくれていたお絵描きアプリも全く同じものが使えるし、Goodnote5も大変便利な事は知っている。

もし、私が紙の手帳を愛してやまない人間でなければ、即刻、ipadもしくはAirあたりを購入してきて、大昔やったかのごとく、全てiipadで行動計画からメモ帳、スケジュール管理、ガントチャート、マインドマップから行動の記録なんてものを、ひとつで行っている事は間違いないだろう。デジタルガジェットの方が使い終えたノートが積まれたり、ノートやメモ帳が欲しいと思い余計な出費はかからないし、間違ってもモンブランのボールペンが欲しいとか言い出し、数万円を消費することもなくなり、いいこと尽くしなのだが、以前から気になってはいたことなのだが、その時代のアプリの主流が変わってしまったり、気に入って使い続けているアプリが打ちきりになってしまい、新バージョンでは動作しなくなってしまい、今までのデータが引き継げないとか、そういうのが恐怖なのである。今のご時世であれば、ノートや手帳データはPDFやら画像ファイルにコンバートしてバックアップというか、他の媒体でも見れるようにできそうだから、昔よりはマシだが、私がデジタルガジェットで全てを管理していた時は、そのアプリ内のデータだけで終わってしまい、コンバートやらファイル出力が全くできなかったんだよね。

だから、手帳好きな人にはできない、使い終えたメモは破いて捨てれる人向けなんだろうなぁと思い、私には向かないという判断から、紙の手帳に戻したことがあった。今の時代でこそ、アプリで書き上げたノートをPDFにしておけば、いつでも、どの機種でも見返すことができて便利だとは思う。手書きもかなり良い時代になったし。それと、Raytrekを久しぶりに起動してみるとWindows11の更新プログラムのインストールが始まり、放置状態に。

このタブレットPCはお絵描きというかクソ4コマ漫画を描く専用のために購入したものであり、去年に目標だった「ちょっと来い伝説」を見事に50話書き上げて電子書籍販売を達成することができたのである。ただ、それだけで終わってしまうにはもったいない事であり、他のクソ4コマ漫画である「かんきの人」を書こうと何度も試みたんだけど、どうも絵の感じが掴めずに頓挫しているのが現状である。もしくは、電子書籍の表紙やら広告なんかもつくれるのだが、そういうのはもっぱらM5 Liteで作成してきたのだが、そのM5 Liteが壊れてしまい今後はipadで賄っていこうかなという考え。

Raytrekで書いた漫画はClip Studio paint EXで描いていて、タブレットがやや小さいから描きにくさはあるのだが、電池不要のワコムペンが使えるから、非常に書き心地ちは良い。それと不思議なことに、私は購入した記憶はないのだが、CLIP Studio paint EXのメニュー下から起動できるモジュラーみたいなソフトが以前までは5000円で販売していたのだが、今日見てみるとダウンロードができる状態になっていた。もしかしたらお試し版かな?と半信半疑でインストールしてみると、正常にインストールが終わり機能制限が無いと思われる状態でソフトが起動した。人物等の3Dポリゴンみたいなものを表示させ、ポーズをとらせて漫画を描くときの参考にするみたいな、そんなイメージがあったのだが、それがどうやら無料で使えるようになったのだろうか。

お金を支払ったり購入した記憶はないし、以前は気になっていたけど描いている漫画が「ちょっと来い伝説」というクソ4コマ漫画という事もあり、5000円じゃちょっと高いなぁと思っていたのだが、まさか無料になるとは。私のような乞食プレイヤーには有り難い話である。

今週も午後からはフリーにしておいたのだが、生憎の雨。先週の金曜日は晴れていて、ハービー山口氏に会いに行くぞー!なんて張り切って出掛けたものの不在だったという、あれ?あれからまだ一週間しか経っていないのか?と思うくらい、今週も長く感じていたのだが、今日は寒い!雨!という最悪な環境。

雨でも暖かければ、雨のスナップに撮影しに行ったり、なんなら水族館とか屋内施設に出掛けてみるのも悪くはないなと思ったり、晴れていたら館山とか海沿いに出て、海辺をスナップ散歩して海の幸でも食べるかなとか、そんな夢のような呑気な事を考えていたのだが、現実は過酷極まりないものであった。これなら、まだ会社に居た方がマシかな?と少し思ったが、恐らくは不快な思いしかしないだろうといいう思考のもと、自宅で「らいかびと」の創作活動をすることにした。せっかくのフリータイムを最大限に活かすには、これが最良だと踏んでの行動である。

今日は、前回にカメラの機種別に選定した写真を電子書籍に掲載するために、枠を作り、枠右下に然り気無くお洒落に、使用機種名を描くことにした。jpegファイルをデーンとhtmlファイルに張り付けてもいいのだが、毎回それでは芸がないし、せっかくの電子書籍なのに特徴がない。

せめて、私が今まで使ってきた機種で撮影した写真を着飾ってあげたい。さらに電子書籍の完成度もあげたいと思い、写真展をイメージした大柄な枠を作り、やや薄目の文字でお洒落に撮影した機種名をいれてみたら、これがなかなかお洒落になったじゃありませんか。本当に私の撮影した写真が額装されているかのような。上から間接照明の柔らかい薄オレンジ色あたりの照明で照らしてくれたら、もっと神秘的に見えるんじゃないか?くらいの勢いで、雰囲気が良い写真になった。

今日は約7割近くの写真を額装することができたのだが、写真事態への加工やら色の設定なんかは全く変えずに、素のままの状態にしてある。単純に写真の回りに額を作っただけであるのだが、それにしても思っていた以上に写真の枚数が多くなってしまったみたいだ。約4時間くらい作業をしたのだが、それでも約7割であり、最後の方の機種の写真選定も終わっておらず、文章は昨日の時点で8割を越えたくらいまで進んだと実感しているが、挿入する写真に関しては、まだ時間がかかりそうである。

-2022年03月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.