2022年03月ブログ ブログ

2022年3月20日 LeicaM3使いまくりの日

投稿日:

今日は日曜日で休日である。なんということか明日も祭日で休みであり、仕事休んでばかりだな!と思うのは、普段から遊んでばかりいるからだろう。

先日の早朝から部屋全体の掃除をしてしまっていたから、今日は朝から散歩を含めた朝食の買い出し。やや肌寒さはあるが、陽が出て風が吹いていない場所は暖かい。風が吹いていると、やや肌寒い感じ。これは普段あまり歩かない場所を歩きながら朝食を買いに行くしかねぇべ!と田舎者丸出しの台詞とともに、Leica M3に赤エルマーを装着して早朝お散歩。

普段、立ち寄らない公園に桜の木があり、開花している桜はなかったが、だいぶ大きな蕾がたくさんあり、開花していない蕾をM3で撮影したり、水溜まりの反射を利用して写真を撮ったり、敢えてGR3を持っていかなかったから、気になったストリートスナップを撮影したりすることができた。

連休というと、どこかの宿泊施設に予約をとり、早朝から普段は行くことができないテーマパークへ入って写真を撮りながら遊び、夜遅くまで遊び尽くして、普段行かないようなレストランやら個人食堂みたいなところで食事をしたり、ペンションであれば主の料理を食べたりして、普段は味わえない贅沢な時間を過ごすのが連休というイメージを払拭することは難しいところではあるのだが、この理想的な思想は昭和のオッサンならではなのではないだろうか?と少し思う。最近は、本当に近所をウロウロするくらいしか行動できていないし、仕事で遠くまで行くことが少なくなってしまっているから、遠出する楽しみがないというか、とりわけ行きたいところが無い、もしくは遠くてなかなかいけないというのがネックだろうか。

せっかくの連休だから遠くでも行きたいところへ行けば?と自分でも思うのだが、新幹線やら電車やら人混みに行ったら、昨日も書いたがそれこそ秒でコロナに感染してしまうのではないだろうか?という恐怖があり、なかなか行動することができないのが現状というか本音である。京都に行きたいし、大阪にも遊びに行ってみたいし、日光江戸村にも行きたいし、八景島も写真撮影に行きたい。が、人が多すぎて躊躇してしまうのだが、こればかりは仕方がない。行く勇気があれば行くし、行く勇気がなければ行かないという二択しかないのだから。平日に行くのが一番よろしいから、何とかタイミングを図って訪れたいと思う。

さすがに3日連続で自宅に引き込もって創作活動は厳しいと思い、今日は行きなれすぎている浅草へ!どうして浅草かというと、仮に人混みがあっても(というかポイントはわかっている)脇道は知っているし裏道も知っているし抜け道も知っているし、どうにでも行動ができる場所故に、残り12枚で使いきるアストラムのフィルムを使ってしまおうというスタンス。

次に悩むのは、Leica M3は決定なのだが、Summarにするか赤Elmarにするか、外付けファインダーは無いがSummilux35mm 2ndにするかで、だいぶ悩んだ。さすがに35mmファインダー無いんじゃ35mmはやめておこうとなり、よく晴れてはいるから赤Elmarにしようかと思ったが、陽が落ちてからではISO200フィルムで赤Elmarは厳しいかなと思い、無難なSummarを装着してもっていくことにした。いくら小型レンズとはいえ、交換レンズとして持っていく気にはならなかった。ポケットの中にも入れておくことができて荷物にはならないが、何かの表紙で落としてしまうかもしれないと思い、安全圏でレンズ交換一切なしのSummar一本勝負という事にした。それにしても早いところSBLOOが欲しいところだが、人気があるのか非常に高騰していて手が出しにくい金額になっている。安くて程度がいいモノが出てきたら即決するのだが・・・

早朝の散歩で10枚くらい撮影したのだが、まだまだアストラムフィルムは余っている状況である。これを、どこかへ行ったタイミングで使おうか、なんて悠長な事を言っていたら、間違いなくあと半年は使いきることはできないだろう。そもそも持ち出して1ショットもせずに帰ってくることもザラだし、1、2ショット撮影したら大万歳みたいな状況だから、フィルム1本あれば1年持つくらいの勢いである。もう、そんな目新しいところへ出掛ける予定はないし、浅草は人混みを利用して、新鮮な写真や斬新な写真を撮影することができるのである。夜に訪れれば、誰一人いない無人の浅草が撮影できるし、今日のような連休でしかも桜が少しでも咲いていれば、それらを撮影する人を巻き込んで撮影したり、人力車が普段よりも多く出動しているから、人力車を取り入れた作品を撮影することができたり、単に人混みを撮影するだけでも作品になったりする。のだが、顔がバッチリ写ってしまったりするから、いくらマスクをしていても肖像権というものがあり、なんでも公表してしまうわけにはいかないのだが、顔がわからなかったりすると容赦なく作品として扱う感じだろうか。仲間内だと、フリー素材とかふざけて言う時はあるが、見知らぬ第三者には通用しない言葉である。

本当は秋葉原に立ち寄ってスマホの機種変更をしようかしまいか、ずっと悩み続けているからちょっと見に行こうかななんて考えていたのだが、あまりの人の多さに頓挫。そして、我が儘ボウヤの私は、あまりの人の多さに、いつものように自分のペースで道を歩くことができずに、ややストレスが溜まってきたみたいだ。サムスピだと1回打撃をくらったら怒りゲージMAXになるくらい怒りゲージの溜まりが早い。幻十郎よりもゲージの溜まりは早いだろう。しかし、幻十郎の名台詞をパクっている剣心の斎藤一しか思い出せないのも昭和のオッサンあるあるだろう。

もうね、本当にあまりの人の多さに自分の好きなライン取りで道路を歩けないことがストレスになったね。どんだけストレスたまりやすいというか、我が儘やねん!と思ってしまったが、よくよく考えたら平日の空いている道ばかり歩いているから、こういう事になるのだろう。車も同じで、混んでいる事に対して耐性がないから、駐車場とか混んでいるだけで幻十郎状態に(笑)。

しかも怒りモードが長続きするという、とても質の悪い性質。夕方にはフィルムを使いきり、自宅へ帰ったわけだが、約2万歩以上の散歩に、まりの人の多さにストレスが溜まったせいか、またもや不整脈に・・・。こりゃあカテーテル手術を受けざるを得ないのだろうか?

専門医曰く、血液サラサラの薬を飲んでいるから血栓ができたりはしませんよーとか以前言っていたが、微弱な不整脈が正常に戻る様子が見られず、去年の年末みたいな感じだ。寝不足と疲れと無駄な気疲れとストレスが溜まったことが原因なのだろうか?年齢と共に身体が弱ってきて非常に困るな。無理をせずに現像は明日に回すことにした。

-2022年03月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.