2022年03月ブログ ブログ

2022年3月28日 もう桜はいいって・・・

投稿日:

今日は月曜日で出社の日である。そろそろロードバイクで通勤したいかなぁと思ってはいるのだが、まだ車で通勤を選択するという堕落した日々を送っている。毎日が自転車日和になる前にパンクしまくって穴ボコだらけになっているコンチのグランプリ5000のタイヤを交換する必要がありそうだ。穴ボコだらけでも走れなくはなさそうだが余裕で浸水するだろうし、パンクのリスクも高いだろう。去年のようにスピードを出す元気が無くなってきて、SuperSixEvoなのにランドナーのようなロングライドを想定したゆっくりペースで走ろうと思っているから、今年はパンクに強くてタイヤが重いと噂のパナレーサーにでもしてみようかな。なんならZONDA CULTベアリング改も外して、安定感のあるホイールに変えてもいいくらいかもしれない。安くて無難なところはshimanoのアルテグラシリーズあたりのホイールだろうか。カスタムしまくりカーが、最後は純正品に辿り着くというメーカー回帰、Leicaの最後の辿り着くレンズはノンコートElmarみたなもので、積んでいるコンポがアルテグラ故に、グレードに合わせたアルテグラホイールが最終的には一番安定した走りが期待できるのだろう。恐らくはヒルクライムとかやらないだろうし、ロングライドはするだろうけど300kmとかは視野に入れず、せいぜい100kmを少しオーバーするくらいしか走らないかと思う。ああ、でも東京から新潟駅までロードバイクで行って、帰りは新幹線で輪行で帰ってくるというのだけはやりたいかな。いざ結構しようと思っていた年にコロナが市中感染し始めて、新幹線なんかに乗ったら確実にコロナになると言われていた時期だったから頓挫していたんだよね。当時は14時間目標にしていたけど、無茶はせずになんなら1泊するくらいの緩さで新潟駅まで行くのもよさそう。でも、過去のロングライドの結果として、シューズが合っていないのか爪が内出血して爪が剥がれるという事態に陥りそうだからシューズ選びをし直す必要がありそう。

爪先あたりに遊びができていて、ペダルをこいでいるうちに爪先に爪が当たって内出血するものと思われる。ひと月で1000kmくらい走っていた時期に左右の親指の爪が割れて内出血して両足の爪が剥がれるという事態に陥っていて、なんかショックを受けたからやはりロングライド時のシューズ選びは重要である。通勤で片道12km程度の距離なら別に裸足でも構わないと思っているくらいだが、怪我をするから絶対にやらんが、100km以上を視野にいれるのであれば、それなりのきちんとした装備が必要なのだろう。

会社に到着してから、手帳の整理と先週の振り返りからの今週の目標設定をした。今月も、あとわずかであり今月に掲げた目標がしっかりできているかをチェックしながらの先週の振り返りからの今週の目標設定を行うことにした。不整脈が出たせいか運動は控えめだが週末に、まさかの約3 万歩の散歩をすることができ、運動不足ではないだろうけど、やはり毎日のルーティン運動は必要。不整脈もとっくに落ち着いているから今週こそはオールでルーティン運動をする予定。現に体重が少し増えてショックを受けている。整理整頓系も、会社の引き出しの中をさらに整理して、非常に簡潔にまとめられたのと、引き出しを開けるとキチンと整頓されていて気持ちがいいのと、毎朝、引き出しの中まで掃除ができているから、ここに関してはできているだろう。だが、自宅の書斎兼事務所はモノでゴッタ返している状況だから来月あたりに再び理想に近づける掃除を行う予定。前回は、もうゲームはやらないだろうと重い、古くさいゲームソフトを知人に大量にあげてしまったが、今回はCDをいっとこうかと思っている。シンプルで常に整頓された環境に身を置きたいものである。会社は毎日行っているし、会社に居る時間も長いから会社での環境は問題ないが、自宅が大問題なのである。

仕事面は、本来やらなければいけない仕事は全くと言っていい程進んでいない。無茶ぶりに振られた仕事の前半戦は片付けることができ、今日で後半を終わらせ、お客さんにデータを引き渡して手放すことができたが、これは営業のおっさんに多大な貸しという事で処理することにした。

なにより先週の一番よかったのは「らいかびと」の電子書籍の販売を開始することができ、これで通算52冊めのはず。出版作品の数を間違えていた事に気付いた時くらいから、どうも正確な作品数を把握することが難しくなってしまった。とりあえず年間目標には向かっているから良しとしよう。

先日はモノクロフィルムで桜を撮影するという無謀な行為に出てしまい、今日はそれをリベンジするかのようにLeica M-D(typ262)とSummilux35mm 2ndの組み合わせで出撃。

どこへ出撃したかというと不忍池である。

ここも毎年の如く、桜を撮影しに来ていて1年前に撮影した写真と今年撮影した写真が同じという事態に陥ってはいるのだが、そういう問題ではなく桜を撮影することに意義があると自分を騙して撮影を楽しんだ。月曜日の昼過ぎだというのに、不忍池は人でごった返していた。で、よく見ると、これまたミラーレス一眼で撮影している人を10人くらいみかけて関心してしまった。

スマホじゃなくてデジカメで撮影する人は、普段の生活では目撃0なのだが、今日も多くのデジイチ人をみかける。で、もしかしたらと思い私と同じ類いの変態を探してみたが、残念ながら変態(誉め言葉)の姿は見当たらなかった。今日の私はM3ではないから、私も変態には入らないと思いたいが、デジカメのくせに背面にモニタが無い時点で廃人(最高の誉め言葉)なのだろうな。よっぽどの「らいかびと」でないと、私のカメラはフィルムカメラと勘違いされそう。顔馴染みの人から、たまにフィルムカメラと勘違いされて、毎回裏蓋を取り外してSDカードを見せるという、水戸黄門の印籠披露みたいな事になるんだけど、Leicaに平伏す人は私くらいであるがSDカードに平伏す人はいないだろう。昨日の撮影集計をすると、スマホで300枚にGR3で400枚、ブローニーで12枚と35mmモノクロフィルムで26枚の撮影をしており、もう桜の写真いらねぇだろ!と思うのだが、場面が変わると、今まで撮影してきた桜の写真はリセットされ、新たな気持ちで桜景色を撮影してしまうという、桜を見たらレンズを向けるというパブロフの犬状態。1時間くらい不忍池をフラフラしながらLeica M-D(typ262)で39枚とGR3で120枚の写真を撮影した。あと、中華の激安スマホを使っていて、カメラ性能はよろしくないのだが、それでもスマホで40枚くらい写真を撮影した。もうね、バカじゃないかと・・・。でも、不忍池で白鳥だかアヒルだかどっちかわからないボートが正面衝突していて(1km/hくらいのスピードで)、その直前にボートの先端に作られているひん曲がっている首とクチバシが対になって、まるでハートのような形になるシーンをたまたま目撃して、もうねGR3で連写ですよ(笑)。真っ正面から撮影できたら、かなりよかったんだけど、少し斜めからの撮影。トリミングをしたらいい感じにはなったんだけど、ふとした瞬間に撮影できるのはGR3の強みである。

夜食後に、気になっていた靴磨きをすることができてスッキリした感じ。黒い革靴にクラックが入っており、Kidnleの読み放題サービスで読める靴磨きの極意の本によると、どうやらクラックは修理できるみたいなことが書いてあるから、必要な塗料を購入してチャレンジしてみたいと思う。仮に失敗したとしても買い換えを視野に入れている靴だから、少しかわいそうだけどクラック修理の練習台みたいな立ち位置にして、修理できれば履き続けるし、もうダメだと思ったら買い換えの二択。カメラ関係は、落ち着いたから(不要なカメラ処分くらい)、今度は革靴とメンテナンスに力を入れてみようかと思う。1万円台の革靴を10年以上もたせるくらいやってみたいところである。

-2022年03月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.