2022年04月ブログ ブログ

2022年4月9日 ほぼ一日写真と現像

投稿日:

前日までのあらすじ

約3年ぶりの大島出張ということで、今回は初の自由時間を得ることができ、目的としていた裏砂漠、表砂漠、三原山火口の写真作品集の作品を撮影しにでかけたが、三原山の下山中にハンガーノックになり、物乞いをしながら命からがら下山をすることができ、なんとか本土へ戻ってくることができたのだ!

朝起きると、先日の無茶な歩き方により、お尻と太ももと股関節が筋肉痛で動く度に激痛が走る。が、身体を動かし続けているうちに痛みは弱まり、少し身体を落ち着かせて再び立ち上がると筋肉痛で動きがギクシャクするという最悪の朝を迎えた。

そりゃあ三原山の急斜面を登ったり降りたり、足場の悪い岩場みたいなところをソールが剥がれかかり、壊れた革靴で裏砂漠と合わせると4時間以上ウロウロしていたから仕方がないことではある。

しかし、どんなに筋肉痛であろうがダルかろうが、いつもと同じ生活をした方がいいに決まっているから、朝イチから部屋全体の中掃除をすることができた。アホだから、いつも通りに床を雑巾掛けなんかもしたんだけど、掃除中は身体を動かしまくるから尻や太ももの筋肉痛は和らいでいたかな。とにかく面倒な掃除を早々に終わらせることができて、精神的にはだいぶ楽になった感じ。

そして、アホのように撮影しまくってきた写真整理なんかをすることにしたのだが、これがなかなか時間がかかった。きちんと集計はしていないけど一泊二日の大島旅行で(仕事だから旅行じゃないか)、約800枚くらい写真を撮影した。昨日も書いたかもしれないけど、最後の最後、元町の港を離れる頃にはスマホを駆使して写真を撮影していたくらい。GR3ですらもSDカードの容量が足りなくなってしまったのだが、普段の生活では事足りる容量ではあるが、64GBのSDカードを6枚くらい用意しておいた方がよさそうである。

撮影したフィルムは3本でLeica M3とSummilux35mm2ndの組み合わせで撮影をしたのだが、全てモノクロフィルムであり、夕陽が沈む写真までモノクロで撮影していたという愚か者ぶりを発揮してしまったが、とにかく3本のフィルムを現像して全ての写真を揃えないと写真作品集であったり、先日に開設したばかりのLINE BLOGの記事を書くこともできない。ここで、やや問題があるのが私が持っている35mmのフィルム現像タンクは1本分ずつしか現像をすることができないのである。ブローニー用の現像タンクも持ってはいるのだが、35mmのリールをひとつしかもっていないから、2本同時に現像をすることができず、かなり面倒ではあるが1本ずつ現像をする必要があるのだ。

でも現像作業は楽しい作業でもあるから、3回も現像する楽しみを味わえると思えば楽しめなくもないのだが、1本現像するのに約1時間くらいはかかってしまう。ショップに出すと、モノクロフィルムだと他のラボへ郵送するらしく、現像があがってくるまで約2週間はかかってしまうのである。それはそれで、忘れた頃に自分が撮影した写真が届くのも楽しいといえば楽しいのだが、そこまで悠長な事をしている場合ではないから、自家現像をすることにした。とはいえ、連続で現像をすると飽きるし集中力も欠けてしまい、無いとは思うけど現像を失敗するわけにもいかず、朝に1本と夜に1本の計2本を現像することができた。

さすがに一昨日と昨日に撮影したフィルムだけあり、何を撮影したのかを鮮明に覚えており、ややアンダー気味のいつもの質感で現像することができた。今回はロモグラフィーの期限切れISO100のモノクロフィルムとSEAGULL iso400のモノクロフィルムを現像したのだが、どちらかというとハッキリクッキリしているのはロモグラフィーのフィルムの方が仕上がり具合は好みかもしれない。使用期限は切れてしまっているけど写りに問題はまったくなく、死にかけながらも撮影してきた壮大な景色の写真作品集を完成させられるような気がしてならなかった。2本のフィルムを吊るして気付いたのだが、メインは裏砂漠だったり表砂漠だったりしたせいか、コマのほとんどが山か更地みたいな砂地というか砂利地帯ばっかり。でも、テーマをひとつ置くことにより、余計な行動をしたり無駄にフィルムを使ってしまったり時間をロスする事なく、存分に撮影したい景色を撮影することができたのは、とてもよかった。

いつも、ある程度の行動予定を決めてから動くのだが、意外と臨機応変というか横道に逸れてしまうことが多く(それはそれで悪くはないんだけどね)結局、何がメインだったかわからなくなる事が多々あったのだが、もう少し照準を絞ってからの行動を心がけるのも悪くはなさそうである。

不思議と49枚くらい撮影したらFULL表記が出てしまいシャッターが切れなくなってしまったLeica M-D(typ262)のRAW現像も終え、フィルム2本の現像を終え、GR3の写真の整理を終えることができ、残る1本を明日にでも現像をすれば、大島写真作品集の材料が揃うのだが、非常に天気が良い休日にこんなことをしているのも如何なものかとも思ってしまった。でも外に出るとコロナウィルスが猛威を振るっているから秒で感染しそう。ロードバイクでソロライドに出掛けるのも非常に悪くはないのだが、今現在、ロードバイクで行きたいところが特に見当たらず。しかし、今月の行動目標にロードバイクで約100km走るという目標設定を置いているから、どちらにしても運動のために漕ぐ必要があり、あまりにも目標達成できないようであれば1日使って霞ヶ浦を1週すると約130km走ることができ、一撃で今月の目標を達成できるという荒業がなくもない。現地まで車で移動して、道の駅からスタートして、PEN-EEのハーフカメラでも使いながら、急がずに写真を撮影しながらゆったり周回するのも悪くはないな。でも、過去に2回以上やってしまっているから飽きてなければいいのだが。

-2022年04月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.