2022年04月ブログ ブログ

2022年4月13日 想定以上のしつこさ・・・

投稿日:

これだから、15年以上付き合いはある個人で仕事を引き受けている面倒くさい客の相手をしたくないのである。ここ数日に渡り、この客からの仕事は面倒くさいから、できることなら引き受けたくないという事を散々書いてきたのだが、火曜日にデータ移設を終えたノートPCを返却して、想定はしていたけど早速連絡が入った。

着信の名前を見るだけで面倒くせぇなぁと思ってしまうのだが、金はもらっているから電話に出ないわけにはいかない。なんだよ、この忙しい時にクソ面倒くせぇと思いながら電話に出ると、「ノートPCの動きが遅いままだ」という、いやそれ昨日も聞いたよ!まだ言う?というより、5万円のCeleronでメモリ4GBしか入っていなくてSATAのHDDにウィルスセキュリティソフトを入れて、エクセル動かして、バックアップも同時に取っていて、動きがとても遅いってよく言えたものだよな。と、いうか、それを私に言ったところで、20万円くらいするノートPC買いましょうねとしか言いようがないんだよねぇ。しかも、スリープ状態でバックアップ作業が終わらないって、そりゃあ終わらないでしょうね。それを私に言われましても・・・。私がパソコンを造り上げた人だとでも思っているのだろうか?

さらにバッファローの外付けHDDを使っており、バッファロー純正のバックアップソフトをインストールしたのだが、これがまた融通があまりよろしくなく、programfilesフォルダだったり、とりたくもないバックアップが強制的にバックアップされる。フリーソフトで探せばもしかしたらいいソフトがあるかもしれないが、バックアップソフトを変えてくれって言われましても・・・。面倒くさいんだよね。Windows8.1なんて使ってないで、10万円くらいのPCを使えばたいして速度は気にならないのだが、一回もハイスペックPCを使ったことが無いから、どれくらい快適に作業ができるのか知らないから仕方がないが、Celeronとメモリ4GBノートPCに何を求めているのか。

130万円くらいのセダンの車を買ってフェラーリに追い付けないから何とかしろと言っているようなものだな。足回りやらフレーム強化をするとお金がかかるからしませんが、ニトロだけでも積んだらどうですか?と言いたくなる心境。

適当にソフトを探してみれば有料の融通のきくバックアップソフトくらい売っているだろうと思い、あまりにも黙らないから、折りを見て探しておきますよと言っておいたのだが、うーん面倒くさいなぁ。そもそも、この客から電話が入り、長々と低スペックPCだと何回も言っているにも関わらず、くだらない事で長話をしやがるから、本来やらなければいけない仕事の手が止まるし、本当にいい加減にしてもらいたい。ひとつだけ利点なのは、つぎはぎのような適当加減でも状況が多少改善すれば黙るというところだけはありがたい感じかな。って、何回も書くけど他のお客さんにこんな感情は抱かないので勘違いされないでいただきたい。

悪いこともあれば良いこともあるもので、お陰さまで他のお客様から個人事業の仕事をいただくことができた。書くまでもないが、全力をもって期待以上の成果があげられるように努力をする。

と、珍しく愚痴からブログをスタートしてしまい申し訳ないのだが、今日の本題から書いてみた。本来であれば、LINEBLOGを書いて大島の写真作品集の写真の選定やら編集なんかをするべき予定だったのだが、無駄に電話がかかってきてしまったせいで、本来やらなければいけない仕事をしているだけで1日終わってしまったような感じになってしまった。

夕方、帰る1時間前くらいから数週間前に現像をして放置していたブローニーフィルムのスキャンをついに行うことはできた。35mmフィルムであれば、比較的簡単にスキャンできるコンパクトなフィルムスキャナーを持っているんだけど、ブローニーのスキャンはフラットタイプの大型のスキャナーを使わなくてはいけないのと、読み取り速度が遅いのと、古いスキャナーだからWindows XPまでしかドライバが存在しないという理由から、ブローニーフィルムスキャンをするには腰が重くなりがちなのである。20年前くらいに購入したNECのレッツノートをパクったような形をしたノートPCにWindows XPがインストールされており、今でも現役で使っていたりするのだが、このノートPCとスキャナを繋いでスキャン作業を進めた。

スキャナの解像度があまり高くないせいか、高解像度のスキャンは期待できないのだが、さすがブローニーなのか、それでもなかなかの写りをした写真を取り込むことができた。ショップに発注すれば、ものすごい鮮明な写真が取り込まれるものと思われる。私がスキャンすると色合いも全体的に茶色というか、令和の時代に撮影したとは思えない絶妙な色合いをした状態で読み取られ、これはこれでいいなという感想。1枚ずつしかスキャンできなくて、1枚スキャンするのに3分くらいかかるから12枚スキャンしようと思うと約30分くらいかかる優れモノである。1年くらい賞味期限(?)が切れたロモグラフィーのISO400のモノクロフィルムで、35mmを1回現像した現像液を使い回して現像している経緯もあり、なんとも言えない風味の作品を量産することができた。同じパターンで、今度は人を撮影してみたいなと思ったくらい。

大島で撮影した写真やらLINE BLOGに掲載するのは、もう少し後になりそうである。

-2022年04月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.