2022年04月ブログ ブログ

2022年4月16日 久しぶりに本を読みきった

投稿日:

今日は土曜日であり、会社は休みの日である。毎週のごとく朝の5時起床からの、ブログを書いたり朝イチから部屋全体の掃除をして、朝9時頃には掃除も片付いている最高の状態にする事ができた。

珍しく、パソコンで少しだけオールドゲームをプレイして遊んでしまったが、たまにはいいだろう。私が若かった時のようなゲームのハマり方はしなくなったのは非常にありがたい。大昔は、夜からゲームを始めて夜通しゲームをすることに快感をえていた節があった。

翌日が休みの時なんかは、夜通しゲームができる環境が自分へのご褒美みたいになっていて、平日ではやろうと思わない行動をするのが楽しかったのかもしれない。当時はプレステとセガサターン持ちで、まだプレステ2は販売していなかったんじゃないかな?セガサターンの真女神転生(レイレイホウが出てくるやつ)なんかを朝までプレイしていいた記憶があるな。あと、プレステの金田一少年の事件簿も朝までプレイした記憶がある。少し懐かしいな。

それと、昨日の夜に更年期女性の戯言を聞き流しながら、大島の写真の整理やらフィルムをスキャンした時に入ってしまった埃のパッチ処理なんかをしていたんだけど、2日前に落札したブラックペイント仕様のレオタックスも手元に来ていて、更年期のおばさんの愚痴を聞き流しながら、少しだけいじっていたんだけど、今日の午前中に思いきりいじることができた。

レオタックスFなのだが、ブラックペイント仕様のものは正式からは販売されておらず、通常はシルバーのみとなっている。が、オークションに出品されていたものは、ほぼパーツ全バラして洗浄と注油を施されたもので、シャッター幕やら本体の革も張り替えられ、無限遠ピントの調整も行われ、ニッケルとクロームを削り落として真鍮を出し、そこからブラックペイント加工がされた、かなり手の混んでいるレオタックスを落札したのだが、実際に手元で触っていると、超格好いい!空シャッターを切っても、確かに調子は良さそうである。年代モノなのと普段からLeica M3を使っているのがいけないのだろうけど、ピント調整窓はお世辞にも綺麗とはいえず、覗いてみると全体的に黄色く変色していた。

バルナックタイプの古い機種だから、もともと見えにくいというのもあるが、それでも二重像はハッキリ見えていていい感じである。M3が非常に見やすくなっているから余計にバルナックタイプの不便さが際立ってしまうのは仕方がないことだろう。で、最後にバルナックタイプのカメラを操作していたのはFEDの初期の方のカメラだったのだが、どうもレオタックスはFEDよりも使い勝手が悪い気がしてならない。とりあえず薄々フィルムのアストラムを突っ込んでみた。バルナックタイプのカメラは背面に蓋がないが故にフィルムを装填する時点から面倒くさいしコツがいるのだが、そういうマニアック性質を楽しむためのカメラであると記しておこう。

背面から薄いカードを差し込んで、カードに沿ってフィルムを入れていかないと、上手くフィルムを装填することができない(他にも方法はあるが、私はカードを使う派)。そして、アストラムのフィルムの作りがよろしくないせいか、フィルム送りをしても、スプールが一緒に回っておらず、カメラの中でフィルムが弛み、穴から歯車が外れた状態になってしまうが、これはフィルムを換えれば解決する問題であろう。それに、こういう不憫さも込みでのバルナックタイプのカメラである。

近所を散歩しながら、数ショット撮影して遊ぶことができたが、途中何度かフィルムがうまく巻き上がっていない事に気付き、フィルムカウンターは狂ってくるし、撮影した写真がコマ被りしている気がしている場面も暫しあった。アストラムフィルムは今回でラストだから、次回からは買わないようにしようと思う。で、いつものかわうそ商店の期限切れのお買い得なフィルムを3本発注しておいた。安いうえに送料無料で、料金も後払いでいいという、とんでもないお店で大変重宝させていただいている。ネットで注文しているが、店舗は北海道にあるらしく、注文してから手元に届くまでに3、4日かかってしまうが、それでも安く購入できるし、まとめ買い割引とポイントもたまりやすく、非常に良心的なお店なので、フィルムを購入する際には一回、ホームページを見てみるのも悪くはないかと思われる。

午後を過ぎてから、数日前に「個人ラジオ」をネット配信してみたいなぁ、そういえばアマチュア無線を始めた時からの夢だったなぁなんて余計な事を思い出してしまったのだが、そこで色々と情報を収集していたら、どうやら「お笑い芸人に学ぶウケる!トーク術」という本が参考になるらしい記事を見た。早々にKindleストアで値段を調べようと思ったら、読み放題会員は無料対象の本になっていて、購読利用をしていたまま放置していたのだが、2時間かからずに読み終え、重要点やらトークを作成するにあたり必要な項目のフォーマットのページを作ったりすることができた。Kindleでは、カメラ雑誌やら音楽雑誌、ファッション雑誌を読むことが多く、基本的に活字を読む機会が少なくなっていたのだが、久しぶりに活字のみの本を一冊読みきることができた。

今回、まとめた内容を気にしながら実践までもっていこうと思う。すぐにマスターできるものでもないが、思っていた通り、普段の生活では気にしない項目が多く、自分を成長というか変化をつけるには参考になる本であろう。今後、営業のオッサンとの会話に盛り込んでいったりすると良さそうである。個人ラジオも不定期配信で本当に始めたいと思っていて、ソロだと厳しいから毎回ゲストを呼ぶ方式で、興味をもって聞いてもらえるような内容にしていきたいんだけど、まだザックリとしか構想することができておらず、具体案はまだ何もない状態。

そもそも自分の声を聞きなれていないし、マイクを通して話す事に慣れていないし、収録した内容を編集したりする作業なんかを全くやっていないから、すべてがチャレンジという事になる。それはそれでワクワクするからいいのだが、内容が決まらないことには始められず、できることならカメラと写真をメインにした個人ラジオとかやってみるとよさそうな気がする。私=ライカを使うカメラバカという印象をもってもらいたいという願望はあり、そのためにLINE BLOGだったりHPを作ったりSNSでアピールしたりなんだりしているわけだ。

最終的に、写真集やら小説やら音楽の作品を多くの人に知ってもらって多くの人に読んでもらえればなぁという願望。その願望に一歩近づくための手段として個人ラジオ配信という目的と考えると、内容はカメラと写真ということになるかな。なにかしらひとつの大きなテーマが決まっていないと、なんとなくやっているだけではつまらないし、力も入らないし長続きもしない。それに本題さえ決まっていれば、たまにカメラや写真に全く関係のない回を配信しても斬新な感じになったり、マンネリみたいなのが無くなるだろうし、ある程度の自由度をもって配信することができて、私には向いたやり方なのかもしれない。問題はカメラや写真に興味のある知り合いが少ないから、不定期とはいえラジオ配信のゲスト役をやってもらえるかが心配。最終的にはソロでやってくことになるだろうけど、そのための練習だと思えばいいか。

写真作品集、小説、自己啓発本、音楽、漫画、HPと毎日のブログ、ラインスタンプ、そして個人ラジオ配信も加われば、どれかしらの創作に携われることになり、幸せな日々を送ることができそうだ。

それに、本から学んだ事なのだが、私の話には誰も興味をもっておらず期待はしていないと思っているから変なプレッシャーはなく、大ゴケしてもダメージを受けることもなく、今までの日常と何ら変わらない生活が続くから、各方面の創作した作品で誰も聞いてくれなかったら恥ずかしいなぁなんていう感情は持ち合わせないことができそうであり、その精神論だけでも行動する範囲は広がりそうである。

最近は本を読む時間がもったいないと思って読み放題サービスの活字の本は読まなくなっていたが、以前のように多くの本を読んで、いいところだけを吸収していこうと思い直した。

-2022年04月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.