2022年04月ブログ ブログ

2022年4月23日 早速HPに手を入れてみた

投稿日:

今日は土曜日なので会社は休みである。今日も天気がよく、個人的には出社日でも構わないと思っているが、ブラック企業体勢をやめてしまった会社に土曜日出社はあり得ないらしく、何がなんでも休みにする方向性らしい。ブラック企業体制の方がある意味、融通が効き、ブラック企業体制をうまく利用した行動がとれていたんだなぁという事に気付く。本来であればロードバイクで出社して、会社でアマゾンビデオでコナンのレテビシリーズを見ながら自分のホームページに手を入れる作業をしていたに違いないだろうと予測。

仕方がないから、いつものように朝5時に起床してからの、いつも通りの手帳整理やら写真整理をした。あ!そうそう!先日の夕方に秋葉原を歩き回っていた時に、ずっと気になっていたメモリスティックの口が、通常のUSBのものとType-Cの2口ついているものを購入した。私はiPhone使いではないので、Type-CのUSBメモリスティックがあれば、いちいちPC間を通さなくてもスマホで撮影した写真データを移動することができるという思考。今さらかよ!と言われそうだが、何気に周回遅れをしている事は多い。特に今使っているスマホは64GBしかメモリがなくて、SDカードも使ってうまくデータを本体から逃して、毎回残り容量ギリで運用しているのだが、SDカードにデータを溜め込んでおくのも不安なのである。いつ壊れてもおかしくないし、データがいきなり全消えしても不思議ではないと思っている。

さらに振動でなのかわからないが、たまにSDカードが認識していないことがあり、スロットからSDカードを抜き差しして再認識させないといけない事態になることもややある。本体はガッチリとガードしているから、本体からSDカードを抜くのに6点締められているボルトを抜いてイカついカバーを外して、simカードと同じスロットにSDカードを入れる仕様になっているから、細いピンで取り出さなければいけないという超絶に手間のかかることをしなければいけないのである。なので、ダイレクトにPCとUSB 接続をして、いちいちデータを移設していたのだが、昨日入手したType-Cの口がついているUSBメモリスティックのおかげで、スマホに直挿しして、移動したいファイルを移動してからUSBメモリスティックをPCに直挿しすれば、余計な手間なしにデータ移設をすることができるようになり、これは買って本当によかったと思えた。まぁ、今さらといったところだろう。その今さらのおかげで、64GBではあるが、1000円くらいで購入することができてお買い得感ありだな。通常のUSBメモリスティックよりかは高いが仕様を考えれば仕方がないだろう。メインで使っているスマホは、写真データとか移設して45GB占有している。表示上、51GBしか無いらしく、常に6GBのスペースしか使うことができない状態で、常にキャッシュの全クリアなんかをしいなければ、あっという間に残りの容量が2GBくらいになってしまったりして、この辺りのストレスを解消したいが故に256GBかできれば512GB、なんなら1TBあってもいいよくらいの勢いである。常に容量難民をしていると大容量のスマホが欲しくなってしまう。のだが、容量はあればあっただけ食い潰される印象しかないなぁ。激安中華低スペックスマホ故に、電池の持ちが良かったりするのは嬉しいことではあるが、油断をするとキャッシュだけで3GBを越えたりしているから、無駄とは言わないけど、あればあっただけ容量食われる印象しかない。

大昔の化石の昭和のオッサンは、メインメモリ64KBを如何に空けるかを考え、グラフィックで未使用の番地にデータを逃したりしていたから、今の時代のようにあればあっただけメモリが使えるという状況に感覚が慣れていないのかもしれないな。どうして、そんな無駄な使い方をするんだ?といった感じ。毎回、キャッシュをクリアしているから写真を表示しようとすると、都度読み直して時間がかかったり、必要最低限でしか使えなかったり、あまり使わないアプリは削除したりと切り詰めて使っている。おサイフケータイ機能だけは便利である。特にスマホで何かやりたいことがない人には64GBでも事足りる印象かな。私の場合は、他のガジェットで代用しているから、スマホは最低限のことにしか使わないようにしているにも関わらず、常に容量不足の心配をしなければいけないのである。それならGALAXY S22 Ultla買いましょうよ!とはならず、ここ最近のスマホの買い換えのタイミングが難しいなぁという印象。換えたい時に換えるのが一番の換え時なのかもしれないが、あと半年待てばiPhone14ProMaxも出るしPixel7Proも出るしと思うと様子見になってしまう。スマホを手帳替わりに使うと、さらに利便性は増すのだが、私はどうしても紙の手帳の方が愛着がわくから、そういう使い方はしないと思われる。

それなら、どうしてスマホを買い換えたいかの理由をザックリ考えてみると、望遠カメラとして使えるもの、容量を気にする必要のないもの、おサイフケータイ的な機能があるものが望ましい。なんならGR Ⅲを引退させるくらい(センサーの大きさが異なるから無理だとは思うが)のカメラ性能があるものが望ましいかな。望遠もセットでね。あとは処理の速い機種がいいな。となると、必然的に10万円オーバーは免れない。うーん、困った。

午後から、先日思い浮かべたホームページのSHOPを無くして、作品紹介から販売ページへジャンプするように改良を加える。よくよく考えてみたら、この方が合理的なのだが、一番最初に作成した時にどうして思い付かなかったのか謎。一瞬は考えたけど面倒くさかったのかもしれない。販売ページへ移動するにも、作品の表紙写真をクリックすると販売ページへ移動する仕組みを作り、早速SHOPのメニューを消すと、少しシンプルになっていいい感じ。私の作品の9割はKindleショップでの販売になっていて、一部の商品だけはBASEで販売をしているんだけど、そのBASEも数年放置しっぱなし。今日はてを着ける時間がなくなってしまったから、明日あたりにホームページというか、各々のSNSの役割も確立させてリンクなんか貼っていけたらいいんだけど、肝心のMAKOTOの動く城(仮)の、このホームページがなかなか広まらないという本末転倒な事態に陥ってはいるが、そこは地味にチマチマと広めていければなぁと思う。一番広めやすいのはTwitterだろうか?リアルに私を知る人から広めていくならLINEが有利だが、LINEでなにかを広めようとするのは難しいものがあり、LINE BLOGとの連携も弱いから、何気に私が書いた大島のブログも誰も読んでくれない様子。むしろ知らない人から「いいね」をもらうというね。LINE VOOMとかいうのがよくわからんのだが、あれがいけないんじゃないだろうか?おすすめとか勝手に表示されて阿鼻叫喚な動画のサムネが流れまくるが、パケット気にしながらやっている人にとっては地獄そのものだわな。絶対にVOOMのボタン押さないと思われ。

-2022年04月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.