2022年04月ブログ ブログ

2022年4月27日 遊んでいたツケが回ってきた

投稿日:

今日は水曜日であり、今日と明日会社へ行けば大型連休になる予定で、世間一般の会社員の人は待ちに待った感じではないだろうか?私の場合は、全く予定が無いわけではないのだが、ほとんどが創作作業に時間を割り当てたいところである。

遊びながらも、舞い込んでくる仕事はなるべく捌いてきたつもりだったのだが、ぷよぷよで大連鎖して「ばよえ~ん」とかSEが流れたくらいの邪魔ぷよが一気に私のフィールドに落ちてきた感じ。

わかりにくい例えだが、今週の最初にメールが来た会社のお客さんの仕事をひとつ捌けば、本来やらなければいけない仕事に戻れる!と思い、早速午前中に片付けてメールをした途端に、個人事業の仕事をひとつメールでいただくことができた。これは良い!責任をもってしっかりしたデータを仕上げる!だがしかしだ、年配の頼りない営業のオッサンから2案件の仕事がきて、さらに私が担当している会社のお客さんから3案件の仕事がメールできて、さらに超絶仲がいいから無下にできない会社と個人の狭間のお客さんからノートパソコンが壊れたっぽいという連絡が入り、さらには蹴飛ばしたくなるくらいなのだが、例の15年以上のビジネスの付き合いのあるお客さんからdropboxが有料プランで容量増やせって毎回出るんだけど直せない?という全く謎の質問がきた。一番最後のは無視するとしてもだ!これはなかなかの大量タスクである。もうね大収穫。

のんびり進めている本来やらなければいけない仕事も、区切りをつけながら進めているのだが、この「ひいと区切り」を連休明けの翌週くらいには営業がデータを使う関係上、区切りをつけないといけないのである。うーん、無理(笑)。

遊んでいないで真面目にやっていれば終わってたよね?と自分に言い聞かせながら、一気に押し寄せてきたタスクをいつも通り「ほぼ日手帳オリジナル」に書き込み、タスク整理をした。

どちらかというと毎回、ガサガサッと大量にタスクが押し寄せることが多く、頭のなかだけではタスクの整理をつけることもできなければ、優先順位と作業行程をたてることができない。なので、いつも手書きの手帳でタスク整理をして、未来予想図を構築するわけだが、これがPCだとかペンタブレットとかでは不思議と記憶に残らない、というか、作成したデータを見返す習慣ができていないのか、書くだけ書いて放置してしまう傾向にある。デジタル管理慣れしている人なら何でもないのだろうけど、昭和のおっさんは考えが古いのと、古きよきしきたりにより、手書きの手帳は毎日開いて落書きをするから、嫌でも自分で書いたタスク一覧表が目に入り、そこから今日の行動予定をたてることができる。

これも考えがふるいわけだが、タブレットやパソコンだと、ひとつのファイルに1つの内容というイメージを持っていて、タスク一覧.txtと、20220427行動予定.txtみたいな感じで、タスク一覧表と行動予定のファイルが別々になってしまうと関連性が薄くなり、どうも連動して物事を考える脳の仕組みはできていないみたい。紙の手帳で直感的に予定がたてられる方が私には合っているのだが、大昔にipadで無限ノートみたいなアプリを使ったことはあって、空白が無限に広げられるのが売りだった気がする。

あれなら同一のファイルの中で、関連のないような落書きができるからタスク管理できそうな気はする。当時も、まさしく落書き状態で使っていたんだけど、ipad2とかの時代だったからまともなデジタルペンがなくて、指で書き込んでいたからテンションあがらなくて続かなかったな。今のようなモニタとペンの精度があれば、もう少し深い使い方をしていたかもしれない。今は他人から借りているipad 7世代とジェネリックアップルペンシルを使ってgoodnote5で落書きなんかをたまにしているが、まだデジタルノートに慣れないなぁ。

ipadひとつでタスク管理やら写真管理、恐らくは何でも管理ができそうで、ipadひとつあれば他に何もいらねぇってなるのはわかるのだが、それで紙の手帳やら紙のノートから離れてしまうのが恐ろしいという気持ちがあることは確かである。記憶領域もgoogleドライブを使えば問題ないし、昔はデータ通信に苦労をしていたけど、今はスマホがPocket Wi-Fi代わりに使えるし、ドキュメントやらシートもgoogleが提供しているサービスを使えば、ネットにさえつなげればデータの取り出しもストレスフリーになる。

Ipadを使って、今行っている作業管理やら日誌やら落書きやらスクラップやらを、どうすればできるのかシュミレーションしている時点で、いずれは移行する時がくるかもしれないけど、一番よくないのはデジタルと紙の両方を使うという中途半端な使い方だけはやめようと思っている。遊びすぎだなぁと思ってはいたけど、もちろん遊んだ事を後悔するはずもなく、むしろ遊べてよかったなぁという呑気な脳の構造だけは変わらなそうだ。

-2022年04月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.