2022年04月ブログ ブログ

2022年4月30日 地獄の揚げ物パーティ

投稿日:

今日も大型連休ということで会社は休みである。

いつも通りに朝5時に起床してからの手帳整理をした。昨日は訪れた訪れた南房総市のゴミみたいなイラストを書いたりして、手帳がまるで子供のらくがき帳というかカオスな状態になってしまったが、それが持ち味だったりするから仕方があるまい。

そこから、いつも通りの部屋全体の掃除を終え、朝食を作る。毎週の土曜日と全く同じ生活なのだが、歳をとったせいかリズムが狂うと体調まで狂うから困りものである。今日は昼過ぎから会社へ行き、いつものバカなメンバーと一緒に会社内で揚げ物パーティーがある。コロナが市中感染する前は、一泊してのバーベキュー大会とかやっていたのだが、5人くらいの集団で宿泊はまだ危険なので、ここ数年は何かしらの連休があると会社で飲み会をやるようになってしまった。特になにをするでもなく、バカ話をしながら飲んで騒ぐという学生ノリだが、そういうのも悪くはないと思っている。

会社の集まるメンバーは全員独身だから暇なやつが多く、早いやつは午前中から会社に来て飲み食いをしているくらいである。私は昼過ぎから向かうことにして、午前中は次回作品の「シン・ストリートスナッパーシリーズ」の写真選定作業を行った。数日前に1回目の写真選定を完了することができ、今回はパソコンの大きな画面で第二選考をする流れになる。流石に写真の枚数が多すぎて、Fire HD10の画面で確認をしていた時には良かれと思っていた写真もパソコンで見ると、かなりブレた写真だったりして、大きな表示で慎重に写真選考作業を進めた。今日は約3割くらい進んだだろうか。かなり写真を削除したが、それでも結構な量の写真が残りそうである。作業的の流れとして、第二選考まで終えたら次はSpecial版に掲載する写真を100枚選考して、残った写真は全てNormal版として出版するつもりである。何枚残るかはやってみないとわからないが、Normal版は1冊に900枚の写真を掲載するつもりなので、単純に900で割った冊子分だけシリーズ作として一気に出版する考え。このブログだけの話だが、今回出版する「シン・ストリートスナッパーシリーズ」はファーウェイのMate20proで撮影した写真のみでの選定である。仮に900枚にならない端数分の写真があれば、今使っているRedmenote 9Tで撮影したストリートスナップから写真を引っ張ってくるつもりである。そして、このシリーズは今回を持っておしまい。最初で最後のシリーズ作品となり、販売もいつもはKindleストアでの販売にしているが、この本だけはBASEのみで扱う予定。

まだ完成していないから何ともいえないが、何かしらのイベントを行うことも少しだけ視野に入れた作品作りをしている。途中まで勧めていた大島の写真集は完全に手が止まってしまったが、これはもう一回モノクロ写真とは私にとってなんぞ?という哲学的な思考を経てから、もう一回制作にとりかかろうと思っている。先週にお会いした塙真一氏のおかげで、もう一歩入り込んだモノクロ作品について考えることができ、会いに行ってよかったと思っている。とはいえ、何も考えずに今までのスタイルを貫いたモノクロの方が私にとっては正解かもしれないし、こればかりは迷走する可能性は否めないが、今よりさらに素晴らしい作品を作ることができるようになるかもしれないから、やるだけやってみようという意思表示。

そして、昼過ぎから会社へ行くと、既にメンバーが全員揃っていて、会議用の大きなテーブルの上でポータブル揚げ物機でイカリングやらコロッケ、うずらのたまご串、ポテト、鶏の唐揚げ、、、揚げられそうなものを手当り次第に揚げて、テーブルの上には既に大量の酒の空き缶が積み上がっていた。お前らバカか!?(笑)。

もうね、会社内中に油の匂いが充満しまくっていて、扉を開けた瞬間に油臭が鼻をつく。帰る頃には全身に油の香りを纏ったに違いない(自分ではわからない)。酒を飲み油まみれの揚げ物を食べながら競馬をやる者2人に出会い系大好きな奴の現況を語り合う者2人。私は、、、えーと、、、どっち側だ!?。

出会い系の話に入りながら、片手間に自宅から持ってきたゴミを会社で処分しながら色々と質問したりして、仕事の話やら他の写真の話やら人生論的な話になり、これはいつもなのだが1人は酒で潰れて寝てしまうという事態。

私は車で来ているから、今回も酒はパスしてドリンクと油まみれの揚げ物を頬張り、19時頃にシメの巨大うどんを食べるといういつもの流れ。

「バカじゃねーの?もう食えなねぇよ!」からのスタートみたいな阿鼻叫喚の机の上は飛び跳ねた油と倒れ崩れた缶ビールが転げ落ち、食べこぼしなんかで会議用のテーブルの上は地獄絵図と化しているが、これもいつも通りの景色である。

今日は会社内で数ショットしておいたが、Leica M3の3周年記念日である。去年は仕事で千葉へ行き、もちろんM3と一緒に行動していたのだが、全くシャッターチャンスがなく、今年も社内で少しシャッターを切っただけである。購入した秋葉原のレモン社でも撮影できればよかったのだが、M3の出番はなかった。フィルムも年々高騰してきていはいるが、極力安いフィルムを購入してLeica M3を置物にしないように心がけたい。そう思った1日であった。

-2022年04月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.